GearBest(中華サイト)で買ってみると、こうなった

中国製品を海外に販売しているGearBestというサイトが有る。知り合いが使ったことが有ると言っていたので、買ってみた。

中国『国内』のECサービスはかなり進んでいるので、多分大丈夫だろうと思い、有料配送を選んで注文をした。

結果、一月経っても発送すらされねえ

海外だから、発送から到着まで時間がかかるのは仕方がない。しかし、発送すらしないのだから、距離や国境の問題じゃなくて、このGearBestの問題。

サポートに問い合わせすると、2日以内に発送するとか返って来たものの、そんなことは余裕で無視。後は定型文しか返ってこない。書いてあることも論理的におかしいし、すぐにウソだとわかるような返答が多い。質問に対する答えになっていないの文章なので、サポートは釈明の定型文を返すボットなんじゃないだろうか? 返信が早いのも機械なんだから当然だろう。GearBestは返信が早いから信頼できるという話もあるけど、そうかな。

また、梱包したと言うものの発送せずに長期間そのまま放置とか、一体何を梱包したんだろう? 少なくても購入した品でないことは確実だ。

ここは、中国の普通のEC店と比べるとかなりダメで、現代中国のネット販売のサービス水準を考えると最低レベルだ。

商品がなくても売るタオバオ店は有ることは有るが、彼らは予約という形を取っている。その旨、ちゃんと記述されていることが多い。

GearBestの場合、数日で送ると書いてあっても、1月経っても発送すらされないから、商品がないことは明らかで、極めていい加減。

中国国内水準になれたオイラは、2度と利用しないと思う。面倒だし。

しかし、10年前にあったような、質の悪い中国ネット販売が、海外向けに姿を変えて今だに存在しているとは。ちょっと懐かしい感じ。

Gearbestに関して、意外と日本のブログでの評判は悪くない感じなのだけど、先方から商品もらった上で書いている場合も多いみたいなので、評判について割り引いて考える必要がありそうです。

要は、Gearbestは微妙だという結論です。

知り合いの中国人にこの経緯を話したら、そんなサービスの悪いサイトでよく買うね。とのこと。このサービスの質では、今の中国では誰も買わないだろう。

海外向けだから、いい加減で適当、騙しても良いという、そういう方針が見え隠れしていてわかりやすい。

中国国内向けサービスを思い出せと言いたい。

中華クオリティなんて言葉があるけど、これは現代の中国国内のECクオリティ(普通に良い)に全く達していない。