uid000001_201504151105173255d9d8

WELQなどの「まとめサイト」に騙されないための検索方法

検索で上位にあるものが正しいわけではない

検索で上位にあるものは資金を投入しSEOといった技術を使って上位に表示しているものがほとんど。つまり、上位表示されているものには裏がある。

ユーザーが検索結果を上位しか見ない理由は単純

現状のブラウザが使いにくいからで、その使いにくさを示す端的な例は、検索後、誰にでも確実に訪れます。無数のページから1000件まで絞り込むのはサーチエンジンのおかげで1秒足らず。しかしその後は、目的のページを発見するまで延々と「クリック、戻る」を繰り返し、20件も見ればもういいとなってしまうのです。残りの980件にはもっと適合するページがあったかも知れないのに、たいていの人は時間と気力の問題からあきらめてしまいます。これだけIT技術が進んだコンピュータ上で、このようなあまりにも単純であきれた作業が今日も世界中で繰り返されていることを思うと、その損失は莫大なものであろうと推察されるわけです。

しかし、検索エンジンのランキングが主な収入源(検索エンジン広告)であるサーチエンジン会社は検索のランキング制を守るためにこれを改善しようとせずに、別のアプローチを試みています。

サーチエンジン研究

つまり、利用者が求めている最も適したページを表示しようと、主にランキング精度の向上を目指して研究を続けているわけですが、私から見れば方向が間違っているように見えます。Googleが登場したときはすごいと思ったのですが、それ以後アルゴリズムの改善がなされているのにもかかわらず、それほど変わったとは思えません。はっきりいえば、人それぞれ単語に込める思いは違い、人間ですら思いはなかなか伝わらないのだから、サーチエンジンにそれを求めるのは酷というものでしょう。 さらに、Googleは流行りのAIを利用してゴミ記事を排除しようと試みるだろうけど、SEOをする側もAI+クラウドソーシングを使ってゴミ記事を大量生産するので、いたちごっこになる。結局ランキングの精度は向上しない。

順位づけの意味

サーチエンジンのランキングによって売り上げが大きく変動する商用ページの場合、ランキング上位ページと下位ページの間に、どの程度、ページそのものではなく、提供するサービスや品質の違いがあるのか? これがはっきりとしない現状では、ランク付けは有害ですらあります。

実際、デタラメでパクリ記事を量産するWELQなどのまとめサイトが検索結果の上位を占め、不正確な情報を広めると同時に、本来オリジナルであるはずの医師が書いたページが逆に下位に押しやられるという、重大な問題が生じております。

現状のブラウザのネック

上記の様々な問題は、ブラウザに多数のページを素早く閲覧する手段がない……人は短期間に大量ページを閲覧できないといった制約条件がある場合に限り発生します。 つまり、そのような手段を持たない現在のブラウザは、人に無意味な作業と無駄な時間を要求し、事実上一部のページしか見ることが出来ないのでインターネットの多様性を破壊し、しかも、不正確な情報しか閲覧できない生産性の低いソフトだと結論付けられるのです。

私はシンプルに、サーチエンジンに任せきるのではなく、人がたくさん見て判断するのが重要だと考えます。

改善策 Listbrowser2016

さて、いつまでも生産性の低いブラウザが主力であってよいはずがありません。特に企業はブラウザの使いにくさのために無駄な給料を支払っている場合ではないのです。そこで、筆者はある1つのブラウザを開発いたしました。どんなコンセプトのブラウザかは以下の動画をご覧ください。

1000ページのサイトを素早く見る。そんな新しい操作性のブラウザです。このブラウザの前では、1位に表示されているSEOに毒された上位のサイトも、100位に落とし込まれている下位のサイトも、全て等価にしてしまい、さらに操作性を向上させることによってインターネットに存在する情報全体の閲覧数を向上させます。これを使えば、上位に表示するためのSEOは無力化することでしょう。

Listbrowser紹介記事 日経BPさんのサイトに「検索結果を大量に「早見」できる検索専用ブラウザー」として紹介されていました。読むと作者の説明よりかなり出来がいいので、詳細はこちらをご覧ください。

Listbrowser2016 無料ダウンロードは↓から。

http://chinese-homepage.com/mysoft/Listbrowser.zip