新世代とか次世代とか言われている暗号通貨が儲からない理由

【問】P2P暗号通貨が詐欺師にとって最良の商材である点を述べよ。

という問題が出題されたとしたら、どう回答するか?

【解答】お金を集めて破たんしても責任を取らなくて良い点。 という答えになる。

通常ならお金を集めたら色々と責任が発生する。 例えば、銀行が破たんすれば国や引き継いだ銀行が補てんするし、詐欺会社が自転車操業で営業して最後に破たんすれば、逮捕されたり訴えられたりマスコミに叩かれたりする経営者がいる。

しかし、P2P暗号通貨にはそれがない。Bitcoinのプロトコルに大バグがあっていきなり明日これの価値がゼロになったとしても、中本哲史(仮)が責任を取るわけでもないだろう。 なぜなら、P2P暗号通貨最大の特徴が、中央=運営者=責任者が存在しないことだからだ。

最初にやった人間が儲かり責任は取らなくてよく、しかもFintechとかブロックチェーンとか何だか良くわからないけど凄そうな宣伝文句があると来れば、これは詐欺に使えそうと考える連中が現れるのに違いない。

だから、雨後のタケノコのようにどんどん出てくる。

Bitcoinのソースコード(オープンソース)をちょっと変えて適当な次世代暗号通貨Xを作る。 しかし、次世代暗号通貨XはBitcoinをパクっただけなので、オリジナルBitcoinのように技術的な面白さから価値があると思う人が現れて自然発生的に広がることはない。

ピコ太郎が自然発生的に有名になって稼いでいるからといって、それをマネした二番煎が有名になることがないのと同じだ。

そこで、この新暗号通貨をプロモーションをするために通貨取引所を一歩進めて、暗号通貨Xを売る営業部隊をつくる。 営業トークは、将来、暗号通貨Xの価格が物凄く上がるから今から買いましょう。Bitcoinの成功を見たでしょ? ってな具合。どんどん営業してバリバリ広げる。

WEBサイトはもちろん、SEO、セミナーなんかで、安易に儲けたい人を集めればいい。国の極秘プロジェクトとか、権威付でもしとけば、もっと売れるかもしれない。 価格は言い値だから、高くしておけば、それだけ営業部隊が儲かる。

暗号通貨を買う側からすると、営業部隊に支払うコストが発生するから嘗てのBitcoinのように一気に上昇することはない。 営業費用は暗号通貨Xに流れずに営業部隊の取り分となるのだから、むしろ買ってすぐに損をしている状況だ。

つまり、次世代暗号通貨Xが儲からない理由は、
1.自然発生的に広がらない点
2.1が原因でBitcoinと違って営業費用がかかっている点
だから、儲からない。

次世代暗号通貨だかパクリ通貨だか知らんけど、Bitcoinの再来という感じで売ってくる連中には気を付けた方がいい。

何とかコインとかいうBitcoinパチモノ暗号通貨の営業の方が来たら、こう聞いてみては?

世界の要人に通じているのですよね。そして、最上流の情報を手に入れることができる。 それなら、なぜ数年前、肝心のBitcoinの情報を教えてくれなかったんですか?」 と。来るの数年おせ〜よ!!!!!!!

これは、今、パチモン暗号通貨を売りつけようとする連中が決して最上級の情報など掴めていないという証明に他ならない。

マイナンバーのチェックデジット計算プログラム

日本のマイナンバーは、中国の公民番号と違って、出生地や誕生日、性別などに全く紐づいていないようだ。番号からは何もわからないが、人のチェックがやりにくいので運用上の間違えも多そう。
ただし、チェックデジット(下一桁の部分)はある。
たとえば、11111111111なら最後が8になり、111111111118がマイナンバー。

チェックデジットについて総務省が決めた定義
11-(\sum_{n=1}^{11}Pn\times Qnを11で除した余り)。
ただし\sum_{n=1}^{11}Pn\times Qnを11で除した余り≦1の場合は0とする。

PnとQnについて
Pn:個人番号を構成する検査用数字以外の十一桁の番号の最下位の桁を1桁目としたときのn桁目の数字。
Qn:1≦n≦6のときn+1  7≦n≦11のときn-5。

となっているので、Delphiで適当に書いてみるとこんな感じか。エラー処理とかしてない。

function MyNumberCheck(MyNumber: string): boolean;
var
  S, S2: string;
  T, N, I: integer;

begin
  Result := false;

  S := ReverseString(MyNumber);
  if Length(S) <> 12 then
    Exit;
  S2 := Copy(S, 1, 1);
  S := Copy(S, 2, 11);
  T := 0;
  for I := 1 to 11 do
  begin
    N := Strtoint(S[i]);
    if I < 7 then
      T := T + N * (I + 1)
    else
      T := T + N * (I - 5);
  end;

  T := T mod 11;
  case T of
    0 .. 1:
      T := 0;
  else
    T := 11 - T;
  end;

  if Inttostr(T) = s2 then
    Result := true
  else
    Result := false;
end;

オリンピックのエンブレム中止とGoogle

オリンピックのエンブレムが遂に使用中止に追い込まれた。
以前から、ブログや論文などサーチエンジンが使える文字情報での盗作追及は盛んだったが、いちいち人間が見て確かめる必要があった画像については、面倒なのでパクリ追及の盛り上がりは今一つだった。
あれだけ有名なデザイナーが、人の目に触れる案件で次々とネット画像を使っていたのも、画像は文字と違って出所を特定しにくいという頭が当人にあったからに違いない。

だが、今回はちがった。
画像のパクリが安全ではなくなった理由として一番大きいのは、Google画像検索の仕組みが以前と全く異なるものに変わっている点だろう。
以前のGoogle画像検索は、画像検索といっても画像そのものを認識できていたわけではなく、単に対象となる画像近くにある文字列を画像に紐付けているだけなので、当然その類似性を判別することなどできなかった。

しかし、現在のGoogleは当たり前のように画像を認識するようになっている。計算機の進歩による膨大な計算の結果、現在はそれが可能な領域に達しているわけだ。
実際にGoogle画像検索を使ってみると、画像ファイルそのものをアップして、それに似た画像を簡単に検索することができるようになっている。
つまり、誰もが一瞬で、世界中に存在する公開されたWeb上の無数の画像から、似ている画像をピックアップできる状態になっているわけである。もちろんGoogleにも限界はあるし、完全ではないだろうけど、多くの人が使えれば元ネタに当たる可能性はかなり高いわけである。
オリンピック委員会がどの程度の調査をしたのかは不明だが、今回の騒動をみると、Googleを手にしたまとまった数の一般人の群れには敵わないということになる。

恐らく、応募者と審査員を持ち回りでやって賞を仲間内で回している人々にとって、こういったテクノロジーの進化に敏感である必要は全くなかったのだろうとおもう。
そんなことをしなくてもコネで割のいい仕事がやってくるからだ。

しかし、今回はテクノロジーへの無知が致命傷となった。

オリンピックのような国家的イベントともなれば、仲間内だけというわけにもいかない。とくに当事者にコネがあることがわかれば、傍から見れば公正ではないのだから徹底的に攻撃してもいいという理屈も一部には働く。
仲間内の温室でなあなあと仲良くしていたのに、いきなり多方面から、何もかも見透かす目が向けられたら、それは確かに耐えられない限界状況でしょう。

彼らにとっては唖然、呆然といった状況ではないだろうか。

いまごろGoogleさえなければ! と当事者は歯ぎしりをしているのだろうけど。
都合の悪いものは消せという理屈で、実際にGoogleを追放している中国のような例もあることはあるけど、日本では無理なので、それを前提としてデザインをしないといけないわけで。

これからオリンピックエンブレムに再公募に応募する人は、過去の自分の作品や応募作をGoogle画像検索に入れてみるくらいはやったほうが良さそう。

でも、再募集では世間の目もあり露骨なコネ採用は難しそうなので、新進のデザイナーにはすごいチャンスかもしれませんね。

年金こそ、20世紀の共産主義に代わる21世紀の波乱要因

一旦先進国になったにもかかわらず、何故、どんどん貧乏になっていくのか?
本当に格差社会とかのせいなのだろうか。周りを見渡しても、明らかに親世代より貧乏なんだが。
そもそも、金持ちが悪いという話は、共産主義でも散々言っていたが、共産主義国は皆グダグダだったので、真犯人は別に居るのではないかと思う。

筆者の見たところ、犯人は年金だ。
それは、年金という仕組みが、生産性のない人間をどんどん増やす、歪んだ仕組みだからだ。

ある年になったら一律に働かなくていいとなれば、本来働けるはずの人間も生産性0の領域に入ってしまう。
それらの人々を養うために、増税を進めるが、限界もあるので、まずは国内でどんどん借金もする。

増税なので、貯蓄もできなくなって国内の資金が枯渇すれば、最終的には海外から借金するようになる。
当然、現役世代としては、増税なので子供に回る資金が減って、少子化になり、ますます税収は減る。

それでも年金制度を続けるならば、永遠に借金を続ける必要がある。
国立競技場と同じで、わかっちゃ居るけど止められないというやつだ。
しかし、ギリシャのようにいずれ限界が来て、破綻。預金封鎖になる。

このように、年金というのは働ける人間の働く気を0にし、増税によって現役のやる気も削ぐという点で、共産主義に匹敵する恐ろしいシステムだと思う。

しかも、民主主義だと生産性0の人間でも選挙権は同じなので、ギリシャのような国民投票の結果となる。
あるいは、日本のように、当然の権利と勘違いしているから年金テロを起こすやつも出てくる。

この制度もいずれ、共産主義のように、あんな馬鹿な制度はないという話になって、完全に崩壊することになると思う。
20世紀の共産主義、21世紀の年金と、人類の黒歴史として名を連ねることになるだろう。

それまでは、民主主義である以上、変えようとしても変えられないとうことで、ダラダラとづづくが、ニッチモサッチも行かなくなって、ある日突然終末を迎える。
で、被害にあうのは、現在しこたま年金保険料を取られている現役世代というオチ。

21世紀世界に混乱をもたらす年金。イスラム国よりこっちのほうがはるかに大きなインパクトを世界にあたえるのではないだろうか。

中国の結構若い人が、なんかすごい勢いで年金に怒っているのを聞いたことがあって、曰く、絶対返ってこねーよとか詐欺だとか。どこの国にもある話なんだなと。ギリシャもそうだけど普遍的な欠陥制度なんでしょうね。

老人向け、クラウドワーキング・派遣アプリとか、そういう系を今から構築しておけば商売になるかもしれない。

ギリシャは中国の影響下の元に再生する?

ギリシャが国民投票で財政健全化案にNOを突きつけた。
こんなビンボー暮らしはもう嫌だ! とハッキリとキッパリと意思を示したわけだ。
いかにもギリシャらしい。

2013年にギリシャを訪問したとき、すでにギリシャの粉飾決算発覚後だったが、そのやる気の無さには中国人も驚いていたようだった。
普通に考えると経済危機だから、少しはがんばろうとか、仕方ないとかいう話になると思う。

続きを読む ギリシャは中国の影響下の元に再生する?

過去のニュース

最新ニュース
  • XoopsからWordpressへ移行する予定です。(15/04/17)
    最近はモバイル重視ということで、モバイル対応Xoopsテーマを作ることも考えましたが、この際、ザックリとWordpressに変えてしまう事にしました。
    現在のサイトは旧サイトとしてそのまま残しますので、古…

  • アジアインフラ投資銀行とクールジャパン機構 出資するならどちら?(15/04/16)
    クールジャパン機構とアジアインフラ投資銀行(AIIB)…どちらに出資したらマシか?
    まさに、究極の選択!
    かたや、シグマプロジェクト等の素晴らしき動かないコンピュータを作り上げている匠の系譜。
    かたや、廃墟マニアのために鬼城と呼ばれる巨大モニュメント群を大量に作り上げている現代のメーソン。
    甲乙付けがたい。
    AIIBでは中国が積極的に出資金を負担し、その負担率も参加国中最大のもの…
  • SEO/SEM無力化ブラウザ Listbrowser2015リリース(15/04/15)
    SEO/SEMに惑わされずに、必要な情報を検索できる無料ブラウザアプリ。
    Listbrowser2015をリリースします。
    ダウンロードは↓から。
    http://chinese-homepage.com/mysoft/Listbrowser.zip最近作者自身がいろいろと調査のために検索することが多くなったので、自分で使うために不具合を修正しました。
    また、レイアウトも変更されています。
    以前のものに比べるとだいぶ使いやすくなったと思います。
    検索に特化している…

中国のネット業界動向

写真は12306専用ブラウザ
使い勝手が悪く低性能にもかかわらず、こ…

淘宝网(淘宝網タオバオ)/アリババ動向

百度(バイドゥ)動向

QQテンセント動向

開心網/人人網 中国SNS動向

中国動画サイト

Weibo微博 中国版twitterツイッター

中国の流行情報

■↓…

ネット関連技術

これは面白そうですね。ぜひ…

このサービス。
起業支…

大きな地図で見る
これは日本側のGoogleMaps 併記
グー…

2010年5月13日
エスコット株式会社

エスコット(代表取締役社長:土器薗 …

実は、コ…

中国ビジネス情報

世界最大だそうです。

中国事情

仕事サ…

オームでも出てきそうな日和です。PM2.5もおなか…

本当は、山西省太原市にある迎澤大橋(5月20日) どう見ても駐車…

Android携帯電話

HD液晶
1.5GH…

中国の広告

韓国と言ったらこんな感じなの…

上海万博

上海の休日(現地情報)

高鉄(北京上海間の中国高速鉄道で来ました。 南京は途中駅) そういえばこの鉄道、速度をさ…

 

中国物流

プログラム サンプルコード

お知らせ/その他