ドローンでアマチュア無線が復活?

官邸ドローン事件を受け、政府は5km以上の電波到達距離があるドローン操縦者に対して「第3級陸上特殊無線技士」の免許取得を義務化する方針のようだ。
つまり、無線技士免許で操縦士が登録され移動無線局の免許でドローンやプロポが登録されることになるのだろう。

しかし、電波到達距離5kmだと業務用でも趣味用でも、ほとんどの機種はこれにはあたらない。もちろん首相官邸に墜落したファントムもそうだ。
おそらく、到達距離が短くても業務で使っているところはこれを取得するだろうけど、趣味用のものは事実上放置状態だ。

続きを読む ドローンでアマチュア無線が復活?