宅配便の再配達問題。中国ではちゃんとビジネスになっている

昨日、中国のECモール、京東市場で購入したものを受け取れないので、再配達して欲しいと頼んだらそんなもの出来ないとあっさり断られた。
大体の人は職場で受け取ったりしているし、彼らも忙しいから日本のようなサービスを期待するなということだろう。

配達人はマンションの保安のところに預けると言うが、管理が杜撰なので稀になくなったりするから嫌だと断ると、有料の荷物預かり所なるものを紹介された。

その場所はマンション内にある個人商店が有料で荷物を預かるというサービスを提供しているだけで、何でも商売になるものだと感心しつつ、そこにお願いすることにした。
後ほど、その個人商店を訪れて、お金を払い問題なく荷物を受け取ることができた。

日本の宅配便は何度も無料で再配達してくれるが、それは新しいビジネスの芽を奪っているのかもしれない。
再配達はもちろん、安全な荷物の保管場所も決して無料ではあるまい。
それを無料で提供する日本のシステムはサービス残業のようなもので、一銭たりともGDPを増やす事に貢献していない。

この中国の事例を日本で実行するなら、1度目は家まで配達する。不在なら近くのコンビニに預ける形がいいと思う。

中国のように預け代を取るのかは別として、これなら、今すぐにでも可能だろう。

コンビニ側も荷物を取りに来る客が増えてついでに買う可能性もあるから、悪い話ではなさそうだし。保管料を取れば売上に直結する。

客側も、持って帰られるとその日に受け取れない可能性があるが、コンビニに預けておいてくれれば、その日に受け取れるから、それなりにメリットがある。

日本のようにおもてなしやらサービス残業やらで何でもかんでも無料でやっていると、経済成長しないし、新しいビジネスや効率化、最適化の邪魔になっている。

再配達問題については、中国に合理性がありそうだ。

中国人留学生が日本の大学の序列を変えるかもしれない

一度教室に入ったら5時間ぶっ続け。トイレにも行かずにひたすら先生も生徒も授業を続ける。
膀胱炎にでもなりそうな話だが、中国人留学生の通う塾の一風景だ。
とにかく徹底的に勉強させるので有名校への合格率が高く、入塾予約が殺到。
斜陽産業だと思われていた日本の教育産業のなかで、これらの塾は驚異的な成長率を誇っている。
今後、参入企業はさらに増えるのではないだろうか。

これだけ勉強しているのだから、中国人予備校が輩出する人材レベルは、既に日本の予備校レベルを遥かに超えている状況にあるのかもしれない。
合格したからといって入試は外国人枠なのだから、一概に日本人学生と比較はできないと考える人もいるだろう。
そこで、最初から平均点でぼろ負けしているTOEFL以外で、日本人も中国人も無差別に受ける試験を探してみた。

ERE 経済学検定試験 というものがある。
http://www.ere.or.jp/
社会人や社会科学系の学部生などを対象に、全国規模で経済学のレベルを判定する試験とのこと。
日本人向けの日本語による試験だが、いくつかの大学院で筆記試験の代わりに採用されているため、日本人に混じって中国人留学生も受験しているようだ。

試験結果のデータを見ると、上位層は殆ど中国人で占められていることがわかる。(院試で利用されているEREミクロ・マクロの順位 以下URLページの下部)
http://www.ere.or.jp/results/achiever.html

つまり、日本人と中国人が日本に於いて同じ試験を受験しても、中国人留学生のほうが結果を出しているともいえるわけだ。
もはや外国人枠のほうが簡単だとは言えず、今後は外国人でも一般入試に応募する人が出てくるのではないだろうか。

さて、このレベルの人々がどの日本の大学へ行くのだろうか?
それは、ズバリ東大と早稲田だろう。

中国人が知っている日本大学ランキングは、
1位東大
2位早稲田
3位その他
これがそのまま進学する大学になる。京大や一橋に合格したけど、あえて早稲田へ行くという人も数多い。
中国で知名度があるので、本国での就職に有利だからだ。また、都心にあるというのも、早稲田がいいという点らしい。
他の大学が追随するとしても、一朝一夕に中国におけるブランドを構築することは難しい。
早稲田にはポジティブ・フィードバックが働いて、今後、ますます優秀な留学生があつまりそうだ。

海外から優秀な人間が入ってくることを考えると、日本人学生にとっても、少子化に強いという点で有望な大学なのかもしれない。