中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国 GoogleのICPライセンス(免許)を更新

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-7-10 8:50

数日前に、GoogleのICPライセンスの年次更新を中国当局が認めたという噂が流れていたが、どうやら本当だったようだ。
しかし、これでGoogleは中国側の要求である、検閲を受け入れたということになる。当初の志より一企業として中国市場を捨てるわけには行かないということなのだろうか。

中国側としても、下手に拒否してアメリカとの関係を悪化させるよりも、取りあえずICPに従うなら認可してしまった方が得であるという判断が働いたのだろう。
政治問題にかこつけて、アメリカが最も競争力を持っているIT産業の王者Googleを排除することは、輸出産業へのアメリカの報復を招く事態になりかねない。
日本を良く研究している中国として、ここは譲歩したのだ。スーパー301でも発動されたらかなわないだろうから。

中国のIT産業は中国にあるからこそ意味がある。それらはIT技術が高いわけでもアイディアが優れているわけでもない。GFWやICPという防壁に守られているにすぎないのだ。
アメリカはまさにそれを貿易障壁とみなしており、自国の最も競争力のある輸出品を中国でも売るために今後もますます中国に揺さぶりをかけてくるのではないだろうか。

■関連記事
Google中国のICP更新が終わったとの噂が流れる。Google中国から撤退せず?
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=221

中国vsGoogle第二幕? サイトに繋がらなかったり、検索できなかったり……
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=214


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)