中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国最大の通販会社。物流等を行うグローバル運営センターを構築

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2010-9-29 10:01

9月27日、中国最大の通販会社である「上海麦考林国際郵購有限公司(Mecox Lane)」は江蘇の呉江で1億ドルを投資して約14万平方メートルのグローバル運営センターを建設することを発表した。

「麦考林」の総裁顾备春の紹介によると、グローバル運営センターは研究・開発、調達、卸売、物流、アフターサービスなど多くの重要な業務を担当して、「麦考林」の全国の組織の中枢になる。将来は傘下の電子商取引のポータルサイト「麦網」(www.m18.com)や全国の店舗にサービスを提供する。その運営センターが完成した後に配送スピードは大幅に増加し、顧客のショッピング体験も上昇される。

「麦考林」はすでに全国で複数のサービスセンターを設立した。また、将来は事業展開に従って、更に多くの新しいサービスセンターを設立するという。

「麦考林」は1996年に創立。中国初めての政府の認可を受けて通販事業に従事する三資企業(独資企業、合弁企業、合作企業)です(米国が投資)。現在、通販と電子商取引の領域に足を踏み入れていて、業務は全国をカバーしている。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)