中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

2010年 中国インターネット関連10大ニュース

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-1-2 10:03

1、国務院が「3網融合」(電気通信ネットワーク、ラジオ・テレビネットワーク、インターネットの3つのネットワークの融合)を推進することを決定。

2、中国のインターネットの発展を重視し、党と国家の指導者はネット企業へ調査研究を行い、インターネット企業が自主的に革新し、民族のインターネット産業を積極的に発展させることを励ました。

3、国家はインターネットの違法行為を強力に抑止するためにインターネットの規制を改善した。国家工商総局、工業情報化部、中国人民銀行が相次いで《网络商品交易及有关服务行为管理暂行办法》、《网站备案信息真实性核验工作方案》、《非金融机构支付服务管理办法》、《非金融机构支付服务管理办法实施细则》などの法規制度を相次いで公布し、インターネット市場に秩序をもたらした。

4、Web2.0的サービスが、正式にWeb1.0的サービスを超えた。

5、中国のインターネット業界の無秩序な競争。悪質な競争事件が次々に現れた。

6、Googleが中国本土からの撤退。香港経由でサービス提供。

7、元女子卓球中国代表選手の鄧亜萍がまったく異なるIT業界に転身し、人民日報社の副秘書長に昇進、検索エンジン「人民捜索」の総裁に就任した。

8、 アリババとヤフーの株券を巡る紛争。

9、中国のインターネット市場が急速に成長し国際資本の注目を集めた。中国IT企業の海外市場上場ブームが到来しようとしている。

10、アップルのiPhoneやiPadが中国本土での発売。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)