中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国的ソーシャルゲーム事情 巨大掲示板「貼吧」にミニゲームを付けてみた

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-2-15 16:11

百度は「貼吧」に付随するミニゲームプラットフォームをオープンした。運営し始めたサイトは「联众世界(ourgame)」、「游戏中国」、「7K7K」などのゲームメーカー傘下の数十のゲームがある。

これらのミニゲームはそれぞれに対応する「貼吧」掲示板に置かれているので、ユーザーは交流しながら遊べる。百度の紹介によると、このミニゲームプラットフォームはサードパーティのゲーム開発者を広く吸収する。高品質で挑戦的なゲームを選択すると同時に、成績ランキングシステムを導入し、結果を「貼吧」に表示し、対話性を促進する。

2010年以来、カジュアルゲームが世界的に人気になっている。Newzooのデータによると、米国のオンラインカジュアルゲームの収入規模は37億ドルに達している。中国では、その収益モデルはまだ模索中であるが、テンセント、盛大、百度、網易などの大手が相次いでの参入したことにより、この分野における競争は更に激化している。

業界の分析によると、他のプラットフォームと違って、百度は「貼吧」のSNS関係を統合してゲームの人気度とユーザーのロイヤリティを高めることを目的としている。

情報によると、現在、百度「貼吧」は約20万人のアクティブユーザーを持っている。トラフィックが10億を突破したという。
 


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)