中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国国内の出会い系サイト「世紀佳縁」 ナスダック上場へ 最大1億ドルの資金調達

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-4-22 7:41

国内の出会い系サイト「世紀佳縁」は4月20日に米証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。
ナスダックにIPOし、最大1億ドルの資金を募集する計画している。株のコードは「DATE」である。メリルリンチとシティグループが今回のIPOの引受会社である。。

発行する米国預託株式(ADS)の数と具体的な発行価格は明らかにされていない。世紀佳縁は募集する資金の一部を優先株主の未払配当金の支払いに使用すると表明した。
残りの資金は一般的な会社の用途のために使用される。

目論見書では、世紀佳縁は中国最大のネットデートプラットフォームと自称している。2009年と2010年の売上高は6390万元と1.676億元で、それぞれに570万元と1670万元の利益を実現した。
2011年3月31日までで、世紀佳縁の登録ユーザー数が4020万人に達している。毎月の料金を支払うユーザー数は約88万人で、去年の31万人より188.2%増加している。

現在の株主構成は、筆頭株主として、会社会長の銭永強が31.03%。創設者兼CEOの龚海燕が25.79%。「启明维创投资咨询(上海)有限公司」(Qiming Venture Partners )が21.23%となっている。

2億JPYの利益出したっていうと、1億USDの資金調達するっていう。
バブルでしょうか? いいえ、中国企業。

日本の結婚相談所も中国進出を狙っているところがあるみたいですが、圧倒的な資金力をもつこいつらとどう戦うかでしょうね。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)