中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国のクレイグスリスト的な伝言情報サイト。赶集網や58同城

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-5-9 9:44

5月6日、伝言情報サイト赶集網(www.ganji.com)はCapital TodayとSequoia Capitalから7000万ドルの投資を獲得したと発表した。
情報によると、これは今まで中国伝言情報業界と生活サービスサイトが取得した最大の投資になる。
今回の資金調達は主に製品開発、モバイルインターネット分野及び市場投入などの方面に用いられると表明されている。

赶集網は1年半で3回の資金調達を行った。投資家の分類情報市場及び赶集網に対する期待が示されてる。
分類情報サイトは2005年に中国に登場して以来、6年以上の発展を経て強い成長の勢いを保っている。
分類情報サイトはすでにポータルサイト、検索エンジンの後に続いて、3番目の成長の最も速いインターネット分野となっている。
赶集網が発表したデータによると、2005年以来、サイトのトラフィックの年間成長率は100%を超え、売上高の年間成長率が300-400%に達しているという。

これはクレイグスリストのようなサイトです。不動産情報や求人情報、ペット、中古車などあらゆる伝言が投稿できるようになっている。
ライバルには58同城(http://sh.58.com/)があり、こちらは日本のリクルートからの出資を獲得したという。

 


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)