中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

中国版Twitter Weibo(微博)が中国版Facebookか? 開心網失速

カテゴリ : 
Weibo
執筆 : 
chinese-homepage.com 2011-8-4 9:45

サイトのトラフィック・ランキングのAlexaの表示は、2010年初頭から今までの一年半の時間で、開心網の毎日のユーザー数が約65%減少したことを示している。
百度指数も開心網の1日のユーザー注目度が最も人気のあった時の80万人から現在10万人未満に落ちたことを示している。さらに、メディアからの注目も下がりつつある。

より多くの野菜を盗むなどのゲームに夢中になったユーザーが開心網への熱情はだんだん下がってきている。
Alexaの関連データはユーザーのマイクロブログへ移る傾向を反映している。2011年、「新浪微博」(新浪マイクロブログ)のユーザー数とページビューが急上昇し、最近は過去最高数に上って、開心網と人人網を超えている。
百度指数もユーザーが開心網、人人網と新浪マイクロブログに対する注目度は2010年11月に逆転したことを示している。現在、新浪マイクロブログが絶対的な優勢を占め、開心網、人人網は曲線下降中である。

インターネット業界の人によると、開心網の最もユーザーを引き付ける要因は友人リツイートとWebミニゲームである。
しかし、新浪Weiboが強調したメディアのプロパティが発揮された後、ユーザーはWeiboでの情報更新の速度が明らかにより高速で、またより便利であることに気づいて、開心網へのリツイートの優位性がなくなった。

また、テンセントの全体的なオープンプラットフォームのスタートに伴い、中小ソーシャルゲームの開発者にとって、開心網の持つ吸引力が弱くなっている。
ユーザーが野菜を盗んだりする畑ゲーム、駐車場を友人に貸し駐車料金を徴収するゲームなどに対して、既に飽きられているようだ。
しかし、その後に続く吸引力のあるウェブゲームやミニゲームは開発者とともに、大量に他のプラットフォームに移っていった。

中国では、Facebookを模倣する人人網も、ダークホースだった開心網もFacebookのような増殖システムを形成していない。
対照的に、Twitter路線を歩く新浪マイクロブログはプラットフォームをオープンしたり、ユーザーインタラクティブ機能を強化したりすることを通じて、Facebookに近づいている。
「新浪weiboはTwitterとFacebookの間の路線を歩いている。これはSNSよりもっと中国のユーザーに適応する」と新浪のCEO曹国偉が述べたことがある。
テンセントの会長馬化騰も「中国のSNSはマイクロブログである」と考えている。

開心網は、このまま消えるには惜しいサイトである。
どこかの日本企業がこれを買収し、日本のアニメや日本のソーシャルゲームを次々と突っ込むプラットフォームにすればいい。
日本のアニメを無断掲載するyoukuなどを訴えてすべて消去させた上で、一手にここに集めれば、一気に復活するだろうし。

このくらいの大胆な戦略で、日本のネット企業がやっと中国に根付けるか? ってところでは。


その他のニュース
中国あちらこちら
上海地下鉄10号...
上海地下鉄10号...
7791 hits   POPLAR
金茂大厦
金茂大厦
7367 hits   POPLAR
浦東国際空港
浦東国際空港
7282 hits   POPLAR
ユニクロ旗艦...
ユニクロ旗艦...
7177 hits   POPLAR
外灘(バンド...
外灘(バンド...
7101 hits   POPLAR
上海環球金融...
上海環球金融...
6746 hits   POPLAR
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
人気ブログランキングへ
プロフィール
後藤(作者)
放浪中国写真集