中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

KDDI回線の日本のサーバは、中国でも結構速い?

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2013-2-5 12:15

遠い昔、まだKDDIがKDDでNTTが電電公社だったころ、電電公社は国内、KDDは国際電話といった縦割りになっておりました。
当時、KDDは国際通信を独占し巨額の利益を上げる特殊会社だったのです。
KDDIはそのKDDを継いだだけあって、今でも国際間に比較的太い回線を持っているようです。

ある格安VPN業者の出口がKDDI傘下のプロバイダDIONでしたので、恐らくはKDDIの家庭用光回線&プロバイダにVPNサーバが置いているのではないでしょうか。
さらに、中国でも比較的レスポンスが良い日本のレンタルサーバ屋もKDDIの回線を使っていました。

また、中国との通信時に日本側が日本のVPNサーバを通すと、スループットが良くなったりします。
※このVPNは普通は中国で利用します。
つまり、同じように見える日本のプロバイダでも海外に繋がりやすい業者とそうでない業者が存在していることに他なりません。

中国では通信回線業者間を跨ぐ場合の通信速度がとても悪いと言われています。
南部と北部地域で有力な回線事業者が違うので、中国ネット回線の南北問題として有名ですが、
国際間通信ともなれば日本の通信業者でも同じようなことが起こっているわけです。

まあ、要はDIONがいいなと思ったのですが、今はDIONというプロバイダは無くて、au光になっているらしい。
au光なのだから、当然au光じゃないと利用できないわけで、フレッツ光じゃダメだ。
次善の策として、フレッツでも回線業者系のプロバイダとか選べばマシかもしれません。

中国側の選択は、チャイナユニコムのほうが少しだけマシな感じ。
あくまでただの経験則にしかすぎませんが。

こんな適当な経験則じゃなくて、大金を払えば中国でも速い回線もありますが、そんな金はないですし。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)