中国インターネット事情
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新配信
  • RSS

レストラン 微信で口コミを拡散戦略。 意外とやっている客が居ました

カテゴリ : 
中国のネット業界
執筆 : 
chinese-homepage.com 2013-7-13 8:15

メチャクチャ辛い上海の火鍋屋「辣府」。辛さと麻が絶妙で美味しいので、上海滞在時には良く行く店の一つだ。
http://www.dianping.com/shop/6586622

今までに、何人もつれて行ったけど、腹痛にならなかった者は誰も居ないという恐ろしい辛さを誇るこの店で、欠かせないのが飲み物。

微信でつぶやくと、ジュースをくれるというキャンペーンをやっていたので、筆者もやってみた。

別にテンセントに金はらってやっているとかじゃなくて、単につぶやいた画面を店員に見せるだけなのだが。

まわりのテーブルでも殆どの人がやっているようだったので、かなりつぶやきが増えていると思う。

この手の辛い店にはあまり上海人が来ないので、来る人間は辛さに耐性のある地方出身者のことが多い。微信では同郷ネットワークが出来上がっているので、来た人間が呟けば辛さに耐性にある人間に絞って上手くアピールができる。

辛いのが好きな人間を一網打尽というわけで、かなり効率がいいと思った。


その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)