中国インターネット事情
  • カテゴリ QQテンセント の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

4月19日、テンセントは、1.5億元以上で深セン“網域”(www.szdomain.com)の40%株券を購入すると宣言した。今回の取引は6月19日前に完了する予定だという。これにより、テンセントは“網域”の100%の株式を所有することになり、“網域”はテンセントの100%子会社になるという。

資料によると、“網域”会社は1997年に創立されたオンラインゲームの開発、運営、ネットワーク応用の研究を行っているハイテクソフトウェア会社です。現在多くの2D、3Dゲームエンジン技術と独立した知的財産権を持っている。
2007年5月にオンラインゲーム《QQ華夏》を出している。

2005年11月、大規模なロールプレイングゲーム市場に参入するため、テンセントはかつて2990万元で深セン“網域”の19.9%株権を買収した。その後、テンセントは再び1.063億元を投資して“網域”の40.1%の株権を購入。合計60%株式を獲得していた。

昨日、テンセントは更に1.418億元資金を拠出して、“網域”の創始者および行政総裁の張岩が持っている29%株式を買収する予定だと発表。それ以外に、テンセントは残りの11%のオプションを受け取る。代価は最高1240万元で、その中のすでに付与された2.96%のオプションを買い付けると共に、一部の深セン“網域”の従業員に最大830万元のテンセントのストックオプションを与え、その代わりにテンセントは“網域”の株式を100%取得することになる。

テンセントは“網域”を100%支配下に置くことによって、オンラインゲーム方面の研究と開発を強化し、国内オンラインゲームでのトップの地位も強固にする意図があると思われる。

QQのコピー能力は凄まじいからなあ。流行っているサイトのゲームにそっくりな奴がいつの間にか追加されているという。

Digital Sky Technologies Ltd.はロシアの投資会社で、テンセント(Tencent Holdings Ltd.)はこの会社に約3億ドルを投資する予定だと発表した。

テンセントホールディングス総裁の劉熾平(Martin Lau)が月曜日に発表した共同公告の内容によると、2つの企業はロシアのインターネット市場で新しいビジネスチャンスを探るのを計画している。

Digital Skyの最高経営責任者Yuri Milnerは上述の公告で、2軒の会社のチームは将来の発展チャンスについて多くの共通の観点や信念と明確な望みを持っていると語った。

上述の取引は今までテンセントが行った海外業務では最大のものだ。ロシア語のインターネットの市場に入る以外にもフェイスブックやZynga Game Network Incの株式の含み益も期待できるという。

実は、前回書いた記事にあるICQの買収に名乗りを上げた3社には、Digital Sky Technologies Ltd.とテンセントが含まれている。この2社が組む事によってICQに関しても事実上QQが掌中に収めたと考えてよさそうだ。

関連コラム:QQ競争入札にてICQを買収か?
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=87

Digital Sky Technologies Ltd.は去年、米国のSNSサービス企業FacebookのTOBを行ったことでも知られ、テンセントの豊富な資金と共に、さまさまな買収を行っていく可能性がある。これは元切上げ予測しての動きかもしれない。

前回、国際化版で日本語に対応したことをお知らせしたQQだが、運営会社テンセントは更なる国際化を進めようとしているらしい。

去年12月にタイムワーナーグループから分かれたAOLは、広告業務に集中するため非中核資産の売却を進めており、ICQも売りに出されていて、今回は、ロシアのメディアグループProfMedia、投資会社DSTと中国のテンセントが買収に名乗りを上げたという。

今回の競争者の中、テンセントの実力は最も強いと観測されているが、もし成功すれば生徒が先生を買収するという結果になり、QQの世界進出は大きく前進することとなる。

情報によると、ICQの最新入札オファーはロシアの会社が出した1.2億ドルで、この価格は100億元以上の現金準備を持っているテンセントにとっては高くないだろうと言われている。

しかし、中国のIMといえばバックドアがあることで有名であるから国際化どころか逆にICQ離れがさらに進みそうな話である。誰も進んで通信の秘密がダダモレのツールを使いたいと思わないだろう。特に欧米で普及しているICQのユーザーなら尚更ではないだろうか。

ICQを買収としてその後どうなるのか? 中国に進出したGoogleが中国用の対応をしたのと同じように、世界には中国とは異なる理屈があるのだと、テンセントが理解しない限り成功はないだろう。実際、Googleは中国には世界とは異なる理屈があることを受け入れずに成功しないまま中国を去った。

このあたり、世界的ネット企業が中国へ進出する場合と逆の問題で、中国ネット企業のサービスを世界の人が喜んで使うかといえば、それは疑問である。

QQの国際版で日本語が選択でき、チャットでも日本語が通るようになっている。

http://im.qq.com/qq/all.shtml
http://download.imqq.com/download.shtml

ここにあるマルチリンガルってやつです。中国語版なら、マック版、リナクスからアンドロイドまであります。

しかし、日本語が使えるからと言って安易にこれを入れるのは止めた方が良いと思う。

インストールは簡単で、これは通常のソフトと変わりはない。

しかし、一度入れてしまうと奇怪な動作が次々に起こって、OSクリーンインストールするまで安心できないのがQQだといえる。

インストール版のソフトなら、一度入れてしまうと何でもできてしまう。

国際版だからといって気を抜かずに、サンドボックス(バーチャルマシン)を用意してそこに導入するか、古いPCを用意してQQ専用PCとして使うのはどうだろうか?

セキュリティのためにはこの2つの方法がよいと思う。

人柱になりたいとか、奇妙なソフトに興味を持っているとか、何が流れているのか解析するためにパケットキャプチャするだとか、そんな目的の強者ならメインマシンに入れるのも良いかもしれません。

筆者もQQアカウント持ってますが、素でインストールしたことは有りません。

以前も書いたとおり、バーチャルマシンに入れて利用しております。

Windows7のPro以上ならXPmodeというXPのバーチャルマシンがダウンロードできますが、それ以外のXPやVista、Windwos7Homeとかは、これが使えませんのでWindows Virtual PCを導入して、バーチャルマシン上に古いPCで使っていたXPを導入した上で、QQをインストールします。

こうすることによって、ある程度安全にQQを利用できます。

先日、騰訊(テンセント)は北京、深センと成都三つの都市で同時にインターネット業界の最大規模の“春の就職説明会”を開催し人材争奪戦を展開し始めた。
テンセントは、戦略上重要な核心都市で、千人以上の“オンライン生活のデザイナー”を募集している。

テンセントは今年2010年には3000人を雇用し、従業員数の総計は1万人を突破する予定だという。
今回のテンセント“春の就職説明会”の募集職務は通信、インターネットの付加価値サービス、電子商取引、オンライン決済、サーチエンジン、情報セキュリティ、ネットゲームなどの領域です。
テンセントの人事担当者は、テンセントの人材募集は、ほとんどすべてのインターネットの業務領域にわたると述べた。

つまり、テンセントは“オンライン生活のデザイナー”を募集しているという。
テンセントの“オンライン生活”戦略では、すべてのテンセントの従業員は億万インターネット利用者に影響する“オンライン生活のデザイナー”だと強調している。

3月14日のテンセント“春の就職説明会”が広州で開催された時、300くらいの募集に対して約1万人の応募者がいた。
この説明会は、北京、深セン、成都、大連、南京、武漢でも行われる予定になっているそうです。

QQを見ていると、カイシンワン(開心網)が、畑やら車やら釣りやら何か新しいゲームを追加すると、あっという間に似たようなものがQQにも追加されていることが良くある。

コンプライアンスで小さくなっている日本企業より、ダイナミックな動きで雇用を作り出す中国企業の強かさを見る思いだ。

 

QQは中国で商売をやる場合には必須のソフトです。
ちなみに、QQというのは、ICQのクローン的なものから始まったIM(インスタントメッセンジャー)です。

日本では、IMといえば、スカイプとかMSNメッセンジャーとかが比較的有名ですが、中国では圧倒的にQQが利用されています。

なぜ、IMが中国の商売には必要なのか? それは、商品を買う前にお客様がいろいろなことをこれで尋ねてくるためです。

商売上とても重要なQQですが、これを日本語環境に入れてしまうと様々な問題が発生します。例えば、別のソフトが文字化けが発生する等。(アンインストールをしても問題は解決しません)

そこで、もっとも安全にこのソフトを取り扱うには、バーチャルマシンを利用する方法です。

http://www.microsoft.com/japan/windows/downloads/virtualpc/sysreq.mspx

Windows用にマイクロソフトからVMが配布されているので、これを入手。
プロフェッショナル以上をサポートとありますが、実はホームエディションでも問題ありません。

これを利用して、余っているOSのCDを持ってきてインストールしてやれば、バーチャルマシン上で別のOSを走らせることが可能です。

そのバーチャルマシン上のOSにQQをインストールしてあげます。

なお、このVM上に中国語版のWindows環境を構築することも可能ですので、様々な検証にも使え重宝します。

ぜひ使ってみてください。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)