中国インターネット事情
  • カテゴリ 上海万博 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

10月28日、上海万博英国パビリオン「種の殿堂」の種は淘宝網の共同購入プラットフォーム「聚划算」で販売され僅か2分で8000個が完売するほどの人気だった。

共同購入は予約の形式なので種はすぐ購入者には届けない。専門機関が種を取り除いて洗浄処理、加工などを行った後、英国パビリオンの印鑑が押されたシリアル番号番号が付く収蔵証書と一緒に購入者に届く。

淘宝網SNS発展部門の担当者によると今回の活動の目的は共同購入の力でインターネット利用者を集めて特別な方法で英国パビリオンを中国に残すこと目的があるという。今回の活動の収益は慈善事業に使用され、社会福祉機関の「致康园」(上海Cerecareセンター)に寄付される予定だという。

殿堂の種は最も人気があり記念価値のある万博関連のコレクション品になっている。共同購入の価格は199元だが、完売30分後には淘宝網で10倍以上の価格で売られていた。

注文に失敗した多くの人がネットに残念だと書きこんでいる。しかし、共同購入イベントページ(http://2010.taobao.com/)によると、11月4日の10時に、第2回の共同購入活動が行われる予定になっている。2回目の価格は399元で「蒲公英」のVIPバッジも含む。2回目は前回よりもっと人気があると予測されている。

どうも万博とネットでひと儲けだ! と言う人々の人気を集めているようだ。こうした連中に世界各国のパビリオンが売り込みを狙っているのかもしれない。日本館の物も売り払って投下された税金をすこしでも回収してほしいものだが。

これを皮切りにして、今後は取り壊されたパビリオン由来の品が、様々なルートからネットで大量に販売されるんだろうな。恐らく。

筆者が行った5月の初めには入場者は14万人程度であったが、現在は平日でも連日の30万人超えとなっている。

五月の半ば頃までは大した入場数ではなかったはずで、上海万博の不調はニュースにもなっていたはずだ。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100507/chn1005071956002-n1.htm

それがどういう訳か、ここに来て急に入場者数を伸ばしているのである

こういったイベントの場合、最初のほうが話題性が有るはずなので最初に行く人間が多いはずである、しかし、今回の万博の場合、最初は少なくて現在は入場者が多いという形になっている。特に夏休みになったわけでもないのに変な話である。

もちろん最初の3日間は特別チケットが必要なので、最初は価格が高いという事情はあるとおもうが、筆者が行った5月4日以降は既に普通入場券で入場できる日だった。


と思ったら、上海人に対して無料で万博チケットをプレゼントしていて、それが5月15日から有効になったようである。この無料券、単身者には配られず、家族がいる世帯(2人以上の世帯)にのみに一枚だけ配られるのであるが、家族でこさせれば元はとれるという魂胆なのだろう。なお、上海人でなくても、上海に半年以上居住していれば外人でもOKだ。
http://www.chinadaily.com.cn/hqcj/xfly/2010-04-22/content_200464.html

万博入場者数の統計をみても15日以降、一気に訪問者が増えているのがわかる。さらに今後は学生も夏休みになるのでますます混雑することが容易に予測できるのだ。

お金を払ってわざわざ日本から万博を観に来るとしたら、無料券で来ている人々と一緒に並ばなければならず、くたびれ儲けになりそうな話である。万博をみるよりバンドや上海ヒルズをみたほうが面白いのではないかというのが率直な感想だ。

しかし、タダ券じゃないと入場者が増えないって、上海人にしてみれば迷惑なだけで万博にあまり興味はないのかもしれませんね。

タダ券の水増しで大阪超えの史上最大の万博にしたいのでしょうね。普通に金払らって観光しにいくのは馬鹿くさい話です。

これからの季節、上海はクソ暑いですし、オススメはできませんね。

“万博会場のパスポートと捺印サービスを提供する。ライセンス商品を販売することではない。販売するのはサービスです。”これは最近淘宝網のある販売者が書いた宣伝の言葉だ。

この販売者は、上海に来て万博に行くことができない人や、万博にを見てもパスポートに捺印する時間とエネルギーがない人々に、このようなサービスを提供している。

淘宝網で、このサービスは人気で1ヶ月の販売の記録は3万件を超えたという。

販売者は楊という上海人で、もし必要があったらいつでも彼と連絡することができるという。1冊のパスポートに大体50余り印章を捺印してあり、スタンプが全部捺印されたパスポートは1冊で280元だという。

彼らが販売するパスポートと捺印した印章は、すべて自分が万博会場で買って並んで取得したもので絶対に本物だという。。。。本当だろうか。。実際にやった身としてはかなり疑問。

上海万博会局からの情報によると万博パスポートは上海万博会局からライセンスを受け上海東沃文化メディア有限公司が生産して販売するもので、1冊で30元で売られている。

観光客が万博パビリオンにて捺印するのは無料です。但し、淘宝網でのパスポートの販売を許可していない。この販売者の行為はライセンス権を侵害するものだと上海東沃文化メディア有限公司の責任者が指摘した。

万博の券(左)と万博パスポート

筆者は全く知らなかったのだが、実はパビリオンによってスタンプを押すページが決まっている。写真のやつは筆者のものだから適当に押されている。

それにしても、スタンプ捺印の場所が混んでいると思ったら、こんなことやっている奴がいたのか。道理で一人で10冊くらいパスポートを持ち歩いている奴が何人もいたわけだ。

代行に頼んでまで買うとは、中国の人もこういったコレクション系が好きなんだね。中国人向け日本観光のプロモーションとして、スタンプラリーは良いかもしれませんね。

5月4日に上海万博に行ってみた。

この日は風が強い日だったので、砂埃がすごかった。会場内は、できたばかりできれいでしたが。

空港なみのセキュリティチェック。手荷物のX線検査と金属探知機の身体検査があります。

中国館です。かなりの大きさです。隣のウサギは台湾館

アジア地区にある北朝鮮館「Paradise for People」だそうです。その右どなりはイラン館。

 


 

話題の? 北朝鮮館内の動画。残念ながら喜び組コンパニオンは居ませんでした。

イラン館の高級ペルシャ絨毯 2000万円なり

行列3時間待ちの日本館はパス。中国人に人気があるようだ。

中国館内は、国家館と省・都市館に分かれていて、国家館に入るには予約が必用だが、省・都市館は必要がないので、そちらに入ってみた。

各省の美人コンパニオンがチャイナドレスでお出迎え。

ディズニーランドのようなパレードやってました。 来来来 上海~ とか言う歌です。

中国館とか日本館があるのは浦東地域だが黄浦江を挟んだ浦西地域にも会場があり、船や地下鉄で行くことができる。今回は地下鉄13号線で浦東から浦西会場へ。

地下鉄駅はとても綺麗。ゴミ一つありません。

日本産業館の横の道にある電飾画

日本産業館にあるクライマーロボット。

ちなみに、この日本産業館ではたこ焼きとか売っていました。味はまあうまい。上海ヒルズの銀タコとどちらがうまいかな。。。日本一と書いてあるけど私は知らない。産業館は夜9時30分くらいには閉館してしまうが、たこ焼き屋などの店は夜遅くまでやっていた。

 

最初の感想としては大物は見れなかったのでなんとも言えませんが……広いので疲れます。展示品は意味不明なものも多いです。トルコ館のアイスは結構おいしいです。

ヨーロッパ系……展示物は意味不明抽象系が多いです。
アジア、中東系……物産見本市です。
カナダ……カッコイイけど意味不明。ヨーロッパと同じ感じ
南アメリカ系……物産見本市。
国連(連合国-中国語)……字が多いマンガのような。。誰も読みません。

問題点……万博会場は夜の12時まであいているが、10時には殆どのパビリオンは閉館してしまうので意味がない。12時まであいていると思った。

なお、万博内ではスタンプラリー用のパスポートがあって、各パビリオンでスタンプを押してくれる。しかし、これをすべて集めることは困難であろう。なぜならば、スタンプの担当者がどっかへ行ってしまっているパビリオンも多いからだ。このパスポートでは、各パビリオン毎に押すページが決まっている。筆者は全く知らなかったので、適当に押してもらっていて後になって気がついた。

とりあえず、また行くつもりなので、より詳しいレポートは追って報告する。 

上海万博が世界に注目されることに従って、そのホームページ(www.expo2010.cn)への海外からのアクセスが高くなっているという。ランキングサイトAlexaのデータによると、最近の3ヶ月、expo2010.cnサイト訪問数の増幅はすでに107%に達した。

Alexaの統計データによると、2009年に上海万博のドメイン名は初期段階の“expo2010china.com”から“expo2010.cn”に変更した後、サイトのトラフィックランキングとページ訪問数は急速に上昇している。最近の3ヶ月は更に倍増の傾向にあるという。

訪問者の地理的分布から判断すると、中国の訪問者は79.3%の割合で首位を占めている。米国、日本、カナダ、インドネシア、およびその他の国と地域からの海外アクセス数は20%を超えているという。

上海万博の公式サイトexpo2010.cnは全世界のネット利用者が万博のことを理解する重要なチャネルになっているとのことである。


以外と、日本からのアクセスが多いようで6%の2位です。
http://www.alexa.com/siteinfo/expo2010.cn#

なお上海万博については、簡単な紹介を追って報告する予定です。

インターネット上海万博(以下インパクと略称)の建設計画によって、インパクも段階的に開放されつつある。しかし、多くの内容は5月1日に万博が開始された後にインターネットで閲覧可能になるという。

インパク(www.expo.cn)は上海万博会の重要な一部で、2つの主要のハイライトの1つとなっていて上海万博すべての展示会場がネット上に3Dで再現されるという。

世界各地のインターネット利用者は、いつでもインパクにアクセスすることができ、さらにユーザーは3次元の万博会展示会場で自由にマウスのみで閲覧することができるという。

インパクの主要な内容は“園区覧勝”で、3次元マップをマウスをドラッグして、パビリオンをクリックすると、その詳しい紹介の部分に入る。ここでユーザーは“全景”、“平視”と“俯視”の三つのモードを選んで、興味を持つ展示館に対して多くの角度から閲覧可能だ。

デジタルパビリオン内部の展示はオンライン万博の最もエキサイティングな部分で、どんなに人気がある展示館に関わらず並ぶ必要がなく閲覧できるのが利点だ。

インパクは多くの“虚拟拓展空間”を開設した。出展者はバーチャル空間の制限がない優位を利用して、時間と空間の制約ため実体の展示館で展示できない展示物をオンライン万博のバーチャル空間で展示するという。

インパクのパビリオンは全部で330余りで、その中“虚拟拓展空間”が開設されている展示館は約110余りだという。

昔、日本でもインパクなんてものもありましたね。団塊の世代で有名な堺屋太一が発案して、日本政府のミレニアム記念事業で行った「インターネット博覧会―楽網楽座」というもので、あまり評判は芳しく無かったアレです。

団塊の世代の考えらしく、大阪万博よもう一度! という思いだったのでしょうが、2000年当時の若者が大阪万博当時の若者である団塊世代ほど、万博如きで踊ることは有りませんでした。

さて、話を上海万博に戻します。日本がそうであったように中国の人々が万博にこれだけいれ込めるのも上海万博が最後なんでしょうね。急速な発展と生活向上への期待が万博に投影されているからこれだけ盛り上がれるのではないでしょうか。今現在、現地にいると確かに踊ってしまいたい気持になってきます。

上海万博のスローガンは、better city better life。そういった向上への期待が無くなれば、ただの遊園地ですから。万博。ディズニーランドにでも行った方がいいって話になります。

このスローガン、上海の至る所で見かけます。

 

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)