中国インターネット事情
  • カテゴリ Android携帯電話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

現在、Xperiaz ultra c6833はLollipopに出来る。

筆者も早速更新してみました。
更新にはPCが必要で、約30分ほどかかりました。
更新後は、設定もそのままで普通に使えます。

ただ、筆者は世界中とやり取りするのに良くスカイプを使います。
Xperiaz ultraだと、縦画面では文字入力が出来ないという致命的な欠点がありました。

Lollipop化すると、同時に自動でSkypeもバージョンアップ。

これで直るか? と思いきや、ダメでした。
Skype縦画面の入力欄が隠れるバグは直りません。

無念。

MSだからAndroid版はどうでもいいんだろうなあ。root取れば何とかなるかもしれんが。
微信をつかうか、携帯を買い替えるしかねえな。

色々なサイトでGalaxy S6の発売前の評判が結構いい。
完成度が高いとか、周りが金属になっただとか、外見について好意的な記事が妙に目立つ。
販売数も10日で1000万台売りさばくとか、そんな話まで書いてある。

筆者も、以前はGalaxyNoteとGalaxyS4(中国で買った韓国版)を使っていた。
s6の外観については、以前の筆者が使っていたものと比べると、裏蓋がペラペラのプラスチックではなくなっているようだ。
過去のサムスン端末と比べれば、デザインが良くなったと言えるのかもしれない。

ただ、現在利用しているSONY XperiaZ Ultraと比べると、レビューサイトが持ち上げる程カッコイイかは微妙かと思う。
デザイン的には、やっとXperiaに追い付いたかなと そんなレベルのものではないだろうか。

XperiaZ Ultraの良い点は、SIMとSDカードを簡単に交換できるのに、デザインもよくしかも防水なところだ。
色々な国のSIMカードを使うので、これは非常に有難い。
一方、Galaxy S6は昔できたことが出来ない。
防水機能なし、SDカードも使えない、SIMはピンがないと入れ替えできない、電池入替不可。

s6について感じたことは、
デザインは昔のサムスン端末よりいいが、SONYの端末と比べればあまり差がない。
SIMカードの入れ替え等、実作業は面倒になっている。

さらに、サムスン携帯には、大きな問題がある。
以前ベンチマーク最適化(詐欺)が報じられていたことだ。
http://www.excite.co.jp/News/mobile/20130802/Cobs_ik_201308_galaxy-s4samsung.html

筆者の場合、この機種を持っているので非常に腹立たしいものを感じた。
したがって、s6が高速だとしてもベンチだけじゃないの? という疑惑はぬぐえない。

ということで、かつて2台サムスン端末を購入した筆者だが、今回の「Galaxy S6」は買わないだろう。
「Nexus6」か「XperiaZ Ultra2」を買おうかと考えている。

VAIOフォン。
価格は51,000円だが、そのスペックは価格254ドルのELUGA U2とほぼ同じという事で話題になっている。
何故か画面解像度は安い方のELUGA U2が1920×1080に対して、VAIOフォンは1280x720。

このスペックだと、799元(15,000円)程度で販売されている红米手机2増強版とも同じくらいだ。

VAIO社 VAIOフォン
価格: 51,000円(消費税別)
CPU: Qualcomm Snapdragon 410 Quad-core 1.2GHz
RAM: 2GB
解像度: 1280×720 HD
カメラ: 1.2MP
電池: 2,500mAh

小米社 紅米2増強版
価格: 約15,000円(増値税込)
CPU: Qualcomm Snapdragon 410 Quad-core 1.2GHz
RAM: 2GB
解像度: 1280×720 HD
カメラ: 8MP
電池: 2,200mAh


このように格安中華製とVaioフォンが同じくらい? ボッタクリ?

いや、これは、うちのブランド力は凄いだろ! っていう自己アピールなのか?
ブランド力があるから、マークさえ付ければ高くても売れるっていう。

Vaio社がそう思うのは自由だが、爆買で有名な中国人でも、こんなものは買わないと思う。
まして、高スペック志向のVaio社がメインターゲットとする客層は絶対に買わないだろう。

逆に、このスペックのものをこの価格で出せる小米がスゴイとも言えるのだが、日本の会社にはもっと気合を入れてほしいところだ。

 

ソニー1800億円の下方修正。途方もない金額です。
素人でも容易に理解できることが、当事者のプロ達には全く理解が出来ない、或いは理解出来ていてもそれを見ないフリして進めてしまう。

ソニーの携帯事業とはそういうものなのでしょう。

携帯端末は既にPCと同じような汎用品で、中身はどれでも同じだから小米でもソニーでも何でもいいわけです。
同じ性能&サービスなら安い物の方がいい。それだけです。
中国メーカーが台頭しているんじゃなくて、中国メーカーと同じモノしか作れないのが問題なのだと思います。
単純に同じものが高く売られているだけなのだから、売れなくて当然です。

もし、ソニーが小米の10倍電池が長持ちで、フルサイズ一眼なみの写真が取れる機種をそこそこの価格で発売すれば売れると思います。
これは技術的に難しいと思いますが、昔はどのメーカーを選択するかで、そのくらい性能差が有ったわけです。
つまり、さすがはソニーだ! ということで高額な商品を選択をしてもらう為には、大きな性能差が必要なわけです。

差を作れないなら、後はただひたすら安くなるだけ。
価格コムのノートPC部門を見ると、売れ筋1位は、ASUSのPCで36,595円です。多くの人がこれで間に合っていると感じているのでしょう。
昔は余裕で10万以上はしたノートPCがこの価格になっているわけです。PCに関してはソニーはついにVAIOを切り離しました。

携帯も同じで、差を創り出せないのだから、いずれは切り離されることになるのではないでしょうか。
しかし、確かソニーにとって携帯は成長エンジンだったはず。エンジンを抜いてしまっても動くものなのか?
実際のところは逆噴射装置となっているので、抜いてしまった方がまだマシなのかもしれませんが。

この状況をどうするのか? 高価格帯の携帯端末に力を入れるとあります。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140917-OYT1T50084.html

ソニーが高価格帯の端末として想定しているものを、他社も高価格帯端末として考えているかは別問題です。
同じ性能のものを、他社が低価格帯に投入した場合はどうする気なのでしょうかね。

中国製携帯の品質も大幅にアップしているなか、サムスンがどんな携帯を投入してきたのか?

GalaxyS5のスペック:
ディスプレイの解像度は1920 x 1080で、筆者も所有する旧型のGalaxyS4や、OPPOや小米など多くの中華携帯と同じです。
CPUは2.5GHzのSnapdragon 800クアッドコアプロセッサーで2GBのRAMを搭載しています。
背面カメラは1600万画素。
動画はUHD(4K)で撮影可能で、指紋スキャナや心拍計も内蔵しているとのことです。
電池は2800mAh。重量145g。

このような極めて普通のスマホをサムスン最高級機のGalaxyS5として発表せざる得なかったのは、Androidスマホの技術があまりにも一般化していて、サムスンと言えども、もはやただの組み立て工場に過ぎないということを世界に曝してしまっているという状況なのでしょう。

つまり、外見が違うだけで中身は皆同じなので、韓国ギャラクシーと中華携帯の小米とかOPPOとか魅族などとの本質的な差はほとんどなく、どれを購入しても同じだという事実です。
何れ、同じモノなら、安いモノでいいということになるのでしょう。

今までの10倍持つバッテリーとかを搭載しない限りは、サムスン携帯部門と言えどもGoogleの為に赤字垂れ流しをする部門に落ち込むのは時間の問題です。

日本のメーカーもテレビはテレビ局の為に赤字を垂れ流し、PCはマイクロソフトの為に赤字を垂れ流しをしていましたが、組立工場のままで自らがテレビ局やマイクロソフトになろうという野望を持たなかったが故に駆逐されました。
Googleやアップルは自らがそれになろうとしたところが、運命の分かれ目だったのではないでしょうか。

この程度の普通の携帯を最高級機として発表してしまうサムスンもただの組立工場ですので、その行く先は厳しいものがあるのではないかと思います。

ノートパソコンといえば最初の頃はすごく高額商品で、凄い商品だ! という感覚があったものでした。
しかし、今となっては、どのメーカの製品を購入してもそこそこ動くので、普通に使う分には「もうどれでもいいや」という状況です。

同じ価格帯の製品でも時間とともに徐々に性能が向上していくし、必要な機能がその向上範囲にすっぽり収まってしまうなら、次も同じぐらいのものを買えばいいし、
価格に比べて性能が大幅に向上していれば、次はもっと安い製品でも間に合う。
ノートパソコンで今以上に金をかけてもやりたいことがない今、性能の向上にしたがって価格が下がるのも当然ということになります。

そして、携帯電話もいよいよそんな時代に突入しつつあるのだと思います。
もう、別にアップルじゃなくてもいいし、サムスンでなくてもいい。
確かに最初のころのiPhoneはガラケーに比べて先進的だったので高くても買う価値があったし、
サムスンの携帯もスピードが速く良かったのでしょう。

しかし今では、動画、ネット、写真、ゲームと普通にこなせるし、どれでも電池以外はあまり不満はない。
少し前に、サムスンの携帯がベンチマークに最適化されていたという問題が話題となっていた。
もし、人間にはわからないからいいだろうという事で偽装したとしたら、その性能には一体何の意味があるんですかという話になってくる。

人間がよくわからないと言えば、フルHDディスプレイを携帯に搭載しても利用者には違いが判りません。
実は、中国の携帯ブランド小米携帯にもフルHDディスプレイタイプがあります。これが1999元~2499元で売られていたりします。
1.5GHzの4コアでHDディスプレイじゃないものは、799元です。

アップル、サムスンを初め世界中のあらゆる携帯が流入しているこの中国で、品質と価格の絶妙なバランスで支持者を増やす小米の価格はこんな感じです。
この小米携帯を誰が使ってもさほど不満は出ないレベルだと思いますので、
今後の携帯の価格って、ハイスペック版:2000元=32,000円、一般版:800元=13,000円ぐらいが基準になるのではないでしょうか。
この価格の携帯でも、代替わりするごとに性能は上がってゆくので、今後はノートパソコンと同じような状況に陥るものと思われます。

今どんなに成功していても、ハードだけのメーカは今後ますます厳しくなるものと思われます。
逆に、もともと存在感のない日本勢への打撃は意外と小さいのかもしれませんね。

グリーが赤字

カテゴリ : 
Android携帯電話
執筆 : 
chinese-homepage.com 2013-8-16 9:03

中国から電撃撤退したグリーの本体が赤字に転落したそうだ。
やっぱりかなり厳しかったわけですね。

彼らも、中国のゲーム市場がとても厳しいものだと言うのは重々承知の上で、あえて進出したはず。
最初から日本で成功したビジネスモデルを中国では展開できないのは、テンセントの1ソフト提供者(まあ、これを業務提携というならそうでしょうけど、普通はサードパーティーという)になった最初の時点で分かり切っていたはずだし、ブレークイーブンですら、少なくても数年かかるのを十分理解の上で進出を決断したはずだ。
上場企業であるならば、数年間にわたるそれなりに綿密な計画を立てているのが普通だし、中国事業が何年もコストセンターになるのは想定内だったのではないだろうか。

それを慌てて閉鎖したということは、本体が失速という事態が発生していたということなのだろう。
設立2年未満で中国法人を閉じたのは、追加出資金の払い込み期日前に会社を閉鎖したという話なのかもしれない。
※中国法人は、会社設立時に全額の資本金を支払う必要はなく2年以内に支払えばいい。

それにしても、ビックデータでPDCAサイクルを高速回転させているとか、任天度の倒し方を知っているとか、そんなスゴイノウハウがあるのに、なぜ赤字なんだろう?
単に、任天堂の倒し方から産出されるゲームより「パズドラ」のほうが面白かったというそれだけなんだろうけど。

今後さらに普及して行くスマホの場合は一番美味しいプラットフォームビジネスはGoogleやAppleに取られてるし、GREEがガラケーに持つプラットホームは今後どんどん陳腐化してゆくので、今後は面白いゲームができるかどうかだけが勝負なんでしょう。
それでも、彼らが標榜していた世界戦略のためには、日本でしか通用しないプラットフォームビジネスより、面白いゲームを作る方がまさに正しい道なんでしょうね。
でも、面白いタイトルってなんなんだろう。あの釣りのゲーム? それがわからん。

最近、Androidにはなかった端末を探す機能「「Android device manager」」が登場した。
iPhoneではお馴染みの機能だが、Androidでもやっと追いついたという感じである。

この機能を利用すると紛失や盗難などの場合に、遠隔からその存在位置を調べたり全データを削除することができるようになっている。
筆者も昔上海でスリにあい携帯を取られてしまったことがある。当時はまだスマホではなかったので、情報的損害は軽微だった。
しかし、エバーノートを初め、各種クラウドドライブを満載している今のスマホを紛失すると、情報的損害は結構大きいと思うので、非常に役に立つ機能だと思う。
また、呼び鈴を鳴らすこともできるので、家の中で携帯をどこに置いたかわからない場合にも有効だ。

この機能を使う場合に何かアプリを入れる必要はなく、Googleアカウントにログイン状態のPCでGooglePlayを開いて右上にある歯車ボタンから簡単に設定できる。
設定後、Android端末に権限の確認が入るので、端末側で必要な権限にチェックをつければOKとなる。

この様な形で地図と共に表示され、現在の場所や「着信音」ボタンや「端末データを消去」ボタンが表示される。
百度文庫の情報流出対策を取るよりも、さっさとこの機能を有効にする方がはるかに有効であることは間違いない。

以前に自腹購入したGalaxy s4が、ベンチマークの割にはなんか遅いという記事を書いたのだが、それはあくまで筆者の主観的なもので客観的なエビデンスはありませんでした。
単に中華製携帯「OPPO Find5」より、なんか遅いなという程度のことだったのです。
しかし、この携帯電話、Galaxy s4が実はベンチマークアプリだけに最適化されていたとしたらどうでしょうか?

つまり、ベンチマークアプリの時にだけ最大クロックモードで動作するが、一般のアプリの時にはクロック数の低い一般モードでしか動かない。
Galaxy s4が高速なのはベンチマークの時だけという、ドコモ・ダケもビックリのベンチ・ダケです。
普通に使っていても結構熱くなる携帯なので、最大クロックで動作していると問題が発生するのでしょうけど、それにしても姑息な手段としか言いようがありません。

すでに、Galaxy s4のソースコードを解析した人によれば、コードにはベンチマークアプリの名前が組み込まれて、それを基に特定のアプリが起動したときのみクロックが高くなることが判明しています。
ベンチをみてこれにした筆者も完全に騙されていたようです。

企業でいえば粉飾決算、オリンピックで言えばドーピング、ゲームで言えばチート……
Galaxy s4は「何故」かトロくさいのではなく、ちゃんと理由があってトロくさかったのです。

今後発売されるGalaxyシリーズがベンチマークで良い値を叩きだしたとしても、もはや誰も信じるものは居ないのではないかと思います。
もちろん筆者も騙されたクチですから、信じません。


■元ネタ
http://www.anandtech.com/show/7187/looking-at-cpugpu-benchmark-optimizations-galaxy-s-4

■サムスンの言い分
http://global.samsungtomorrow.com/?p=26314

■過去記事:何故かトロくさい「GALAXY S4」 自腹購入後、一週間使ってみてわかったこと
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=978

国内の携帯料金。
定額ネット接続料などを含めると、例え、通話やネットを全くしなくても毎月5000円くらい課金されてしまいます。

実際、筆者のように、中国とか海外に居る時が多いと、全く使ってないのに高いよ! となるわけです。
そうは言っても、国内に居る時は携帯もモバイルネットも必需品なので中々契約を切れませんでした。
今回は、携帯電話でのネット定額+通話(従量制)という、毎月5000円の環境とほぼ同じものを、基本料等込み月980円で構築してみようという試みです。

まず、スマートフォンじゃないとこの試みはムリです。
しかも、Simフリーのスマホが必要になりますが、ドコモの携帯ならロックがかかっていても可能だと思います。
また、ある程度の性能を持つスマホが好ましいですが、現在販売されているモデルなら問題はないでしょう。

そうしたら、まず、Amazonに行き、「NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 SIMパッケージ」を購入します。
http://www.amazon.co.jp/NTT%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%A8%99%E6%BA%96SIM%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8-T0003349/dp/B00C4Q2IXK/
このsimは一日30MBまではLTE/3Gで通信可能で、それを超えると200kbpsに制限されますが通信が途切れることはありません。
もちろん、翌日(0時以降)になればまた、30MBのLTE/3G通信が利用可能です。
つまり、月が30日だとして、最大900MBのLTE通信が可能となるわけです。
購入したら、説明に従って設定をしてください。

http://www.ocn.ne.jp/mobile/entry-d-lte980/setup/
接続方式(PDP-TYPE) IP接続
接続先(APN)
LTE端末用:lte-d.ocn.ne.jp
3G端末用:3g-d-2.ocn.ne.jp
※:ご利用端末の規格にあわせてどちらか一方の接続先名(APN)を設定してください。
認証ID お申し込み手続き完了後に表示される「認証ID」を入力
パスワード お申し込み手続き完了後に表示される「パスワード」を入力
認証方式 CHAP(推奨)/PAP

一日30Mで大丈夫かと思うかもしれませんが、意外と使わないものだし、なるべく重いファイルは無線LANを使うようにすれば問題は少ないと思います。
もちろん、動画等を大量に見る方には向きませんので、そういう方は黙って5000/月を払いましょう。

このSIMはデータ通信専用なので、電話番号はあるものの全く通話はできません。
しかし、電話の発信と着信もできないと携帯電話としては困りものです。スカイプやLINE等を使う方法もありますが普通の電話のほうがいろいろと使い勝手がいいわけです。

そこで、以下の「スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス」というサービスに加入します。
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/
このIP電話サービスを利用すれば、基本料無料で050番号を保有できるので着信を受けることが出来ます。電話番号が無ければ着信を受けることができませんから。
もちろん、こちらから発信も可能で、着信履歴や、相手の着信履歴にもこちらの番号を表示することができます。通常の電話と同じ。
※通話料金は従量制です。

IP電話サービスに加入したら、以下の「CSipSimple」をスマホにインストールします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.csipsimple&hl=ja
これはIP電話を利用するためのアプリです。このアプリに「FUSION IP-Phone SMART」にて発行されたIDやパスワード、サーバ等を設定すれば通話が可能になります。

https://code.google.com/p/csipsimple/
アカウントを追加>Basicを選択
FUSION IP-Phone SMART MYページのユーザーアカウント情報を見て設定する。
https://smart.fusioncom.co.jp/sfkr/mypage/
ユーザ SIPアカウント
サーバ ドメイン
パスワード SIPアカウントパスワード

これで、月980円にて、ネット使い放題。電話も可能な環境ができました。
使ってないのに、月5000円も取るんじゃねえ! という悩みが、遂に解決したのです。

ちなみに、基本料ゼロのデータ通信SIMというサービスもあるのですが、従量制のためすぐに最大の課金金額である4000円弱に到達してしまいます。
したがって、月980円SIMのほうが有利だと判断をしました。

別に海外組じゃなくても国内組もこれでいいじゃないかと言う話は、電話会社にはナイショです。モバイル通信を本当にどれだけ使っているのかを見直してみるのも良いと思います。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)