中国インターネット事情
  • カテゴリ Android携帯電話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

最新のスマートフォン「ギャラクシーS4」を使い始めてから既に1週間が過ぎた。
実際に使っていると、気になる点がいくつか出てきたので自腹のガチレビューをしてみたい。

筆者が購入したバージョンは韓国版で、ギャラクシーS4シリーズの中では最高スペックのモデルだ。
最新鋭のスペックを持つギャラクシーS4シリーズの中で最強なのだから、全スマホのなかでも最高レベルの快適さに違いない!
そんな思い込みから、4800元の大枚はたいて購入してしまったのである。

が……何故か動きがトロくさい。
正確に言うと、フリーズしたように引っかかる動作が結構ある。

まずは、電源ボタンを押して、スリープから復帰する場合に、たまに時間がかかる。
また、何故かセキュリティパターン入力が出来なくなり、復帰すら出来ない場合がある。
これらの理由は良くわからないが、ユーザーとしては鬱陶しい。

そして、次はカメラの問題だ。
カメラの起動が遅く、一呼吸おいてから起動する。これは残念ながら中華製の「OPPO Find5」より遅いようだ。
撮影しようと思っていたのに、逃したことが何度かあった。
めちゃくちゃ遅いというレベルではないが、このクラスの携帯としてはやはり遅い。

また、これは好みの問題かもしれないが、フルHDの有機EL画面はちょっと暗い感じがするし、そんなにキレイという印象は受けなかった。

購入前に使ってみたいと思っていた、視線でスクロールをコントロールする技術「スマートスクロール」は、全然スマートじゃなくて直接手でやった方がマシなレベルだった。
こんな完成度の低いクソアプリは搭載するべきではないだろう。

全体的にみると、まだまだ不完全な携帯という印象を受けた。
そもそも、ハードのスペックや発売前にメディアで流される官製レビューを見て、すこし期待し過ぎていたのかもしれない。

以前に使っていた中華製携帯の質が向上しているという事もあり「GALAXY S4」が色あせて見えただけなのかもしれない。
そして、それにも増して感じられるのは、アップル製品のそういう部分の隙の無さであろうか。
取りあえず、買ってしまったので、問題の部分は何とかしてもらいたいものである。

日本ではこの機種をドコモが取り扱い、お勧め定番携帯として低価格で提供される予定だという。
他社ならこの部分をiPhoneが担っているのだが、ドコモはそれをギャラクシーでやるというのだ。

フィーチャー・フォンを利用する層に、アピールする定番機種がないと他社に客を取られるからという理由だが、そもそもフィーチャー・フォンを利用する層は面倒だからスマホを使わないわけで。
そんな層にiPhoneよりも不安定なAndroid携帯勧めてどうするんだと思う次第である。

フィーチャー・フォンを利用しているなら、iPhoneを買った方が面倒がなくていいのではないだろうか。

日本での発売も予定されているらしい、韓国Samsung Electronicsの「GALAXY S4」。
グローバル版や中国版など仕様の異なるものがいくつか存在するのだが、その中でも韓国版は8コアCPU+LTEということで最も高スペックだ。
今回、この韓国版(SHV-E300L)をタオバオにて購入してみた。値段は4800元で高い。


左:ギャラクシーS4 右:初代ギャラクシーノート

Androidは4.2、フルHD画面、1.3Mピクセルカメラと、なかなか高機能である。更に裏蓋を外して電池やシムカードを交換できる。
特にsimを頻繁に変えるような海外組にとっては、iPhoneのように取り出しピンを必要とせず、簡単にsimの入れ替えができるこの原始的な方法が魅力的である。
そして、かなり軽いのも良い点だ。これに比べるとOPPO Find5はズッシリしている。

幾つかの新機能のうち、視線でスクロールをコントロールという機能は今一つで視線で動いたり動かなかったりする。あまり使えないのは確かだ。
万歩計機能は結構いい。

高スペックの筈なのに動きがメチャクチャ速いとも言えない。正直OPPO Find5の方が速い気もする。と思ったら大量のプレインストールアプリがあった。
OPPOにはほとんど入っていなかったので、これがノロさの原因かもしれない。


ベンチマークは高速だが。(Quadrant Standard 2.1.1)

さて、筆者が手に入れたのは韓国版なので当然ハングル文字がデフォルトで表示されていたが、言語設定に最初から日本語があるので一応日本語化することはできた。
一応と書いたのは、日本語の中に微妙にハングル文字が顔を出すからである。
つまり日本語化が不完全なわけで、いろいろといじくれば何とかなりそうだけど面倒なので試していない。
また、GALAXY S4をroot化するツールはすでに存在するが、これもまだ試していない。

円安の今となってはかなり高価な端末だ。その価格を払うほどの価値があるかと言われれば正直なところ微妙だ。
日本では、ドコモの戦略上、安くなるかもしれないが。

PCなんてどれでも一緒という波が、遂に携帯電話の世界にも来たなという感じがする。
フルHDということで、網膜にしてみれば認識できないレベルの上というムダな状況になっていて、当然のことながらいくら目で見たところでその違いは全くわからない。
CPUも高速とはいうけれど、数年前の機種、例えばGALAXY noteと比べても動きの違いはわからない。

フルHDディスプレイが端的な例だが、もはやユーザーが認知できるレベルの外でメーカー同士がバトルしているような状況だ。
となれば、差がわからないので、スマートフォンなんてどれでも一緒という話になる。

取りあえず、「GALAXY S4」を買えば普通のスマホと同じように使えます。スマホが必要で価格が合うなら買ってもいいと思います。数年前にあったようなスマホに対するワクワク感は薄らいでしまっていますので、つまらないですけど。

次の面白そうなガラクタは、やはりGoogleメガネか。

要らないんです。パクリサービスは。という全国数億のGoogleファンのために。

中国で販売されているAndroid携帯電話。
GoogleやFacebook、Twitterなんかをパクったようなサービスがゴマンとプリインストールされてはいますが、本家は影も形もありません。
普通のAndroidに慣れているとしたら、パクリめ使いにくいんだよゴラァ! となること請け合いです。

しかし、ネット鎖国主義である一方で世界の工場でもある中国は、ハードウェアはそのままにソフトのみを書き換えて、同じ携帯を国際版として世界中で販売しています。
そして、中国ガラパゴスサービスはグローバルスタンダードの前には、ただの劣化パクリですから、誰も使いません。
そんなものがプリインストールされた携帯が世界で売れるわけがないので、国際版ではちゃんとGoogle以下の本家サービスが利用が可能です。

そこで、パクリサービスでお腹いっぱいの中国向け仕様でも、ソフトの部分さえ国際版に書き換えてしまえば、GoogleサービスがあるいつものAndroidになるわけです。
但し、移動版は3G通信方式が違うのでダメかもしれません。

で、その国際版ROMをどっかから調達してくる必要があります。
もちろんネット上に転がっているものを探すのが手っ取り早いので、まずはGoogle先生に聞きましょう。

なにしろ、これはGoogle先生にとっては失地回復のレコンキスタです。ビシバシと答えてくれることでしょう。
「国際版の型番 ROM」とかやるといいようです。

それから、ROMといったらXDAでしょう。
http://www.xda-developers.com/
自分の機種のものを見つけてください。

中国のサイトの負けてはいません。こちらでは中国仕様のままGoogleサービスを追加するなんて荒業も公開されていたりします。
パクリと本家が同居できます。取りあえず百度先生にでも聞くとよいでしょう。こんなサイトもありました。
http://www.romzj.com/

しかし、それでも見つからない場合もあるものです。サーチエンジンたるもの、有名サイトかSEOにまみれたサイトを上位に掲載する仕組みになっています。
でも、必要なROMが下位にあったとしたら……困りますね。実際、OPPOのものはそうでした。

では、どうやってそれを見つけたかというと、
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=939
これを使いました。

本日は読者の方から質問を頂いたので、どうやって国際版ROMを探すのかという方法を掲載しました。

Google系のサービスが完全に消去されている中国のAndroid携帯。
この状況、中華系携帯や中華系パットでは、一般的なことで、サムスンやSONYなどの外資系企業の端末でも中国国内で販売している正式版であればGoogleがない。
つまり、Gmailやマップ、Youtubeが存在せず、Googleアカウントもない。代わりにYoukuとか百度など、中国企業が儲かる仕組みが割り当てられている。

さらにこれを一歩進めて、AndroidからGoogleを消し去ったものに適当な独自のサービスを追加したものを独自開発OSとして発表している中国ネット企業がいくつかあったが、そのOSを搭載した端末を販売したメーカーには、中国以外でAnroid携帯を販売するとしても、GoogleはAndroid関係の技術サポート行わないをらしい。
儲かる仕組みの部分を消されてしまった上、独自OSなどと言われては、さすがに腹立たしいのだろう。
そんなモノ出している企業は勝手に中国国内だけでやっていろ! と言いたいのに違いない。

別にGoogleの味方ではないが、やっぱり中華系クラウドでは使いにくいので、Googleを復活させることにした。

やり方は結構簡単だ。

以下のURLにあるファイルをDLした上で解凍し、「一键root.bat」をクリックすると、
ほとんどワンクリックでroot化できる。
http://pan.baidu.com/share/link?shareid=251399&uk=856985939

但し、WindowsPCに端末が認識されていることが必要だ。
つまり、ADBドライバが導入されていて、端末側が「USB Debugging」になっている状態だ。
端末内部のファイルをみると「OPPO Find5驱动」というフォルダにドライバがあるので、これを利用するとよい。
署名がないドライバなので、面倒なWindows8やVistaよりWindows7やXPを使うとよい。

あとは個別にsystem/appにGoogle関係のファイルを放り込むか、先ほどダウンロードしたファイル内に含まれている、
「谷歌安装器_v1.3.1.apk」を端末に移してインストールすれば、GooglePlayを使うことができるので、あとはダウンロードすればいい。

Google関係のサービスを導入した結果、連絡先やGmailなどは、普通に利用可能で同期することもできた。
ただ、カレンダーだけは、何故か同期することができない。導入したファイルが、何か違うのかもしれない。
一応、CalendarProvider.apkをインストールすると、「カレンダーの同期」がGoogleアカウントに現れるのだが、
これにチェックを入れても「sync is currently experiencing problems」というエラーになり、同期できなかった。
カレンダーはブラウザで見れるのだが、ちょっと今一つである。
そのうち、国際版のROMが出回るだろうから、それに乗りかえれば問題ないだろうけど。


どうせなら、Google自身が、中華パット・中華携帯に簡単に自社サービスを追加できる純正アプリを公開すればいいのにと思う次第である。
サービスを追加したい人は多いみたいで、中国国内の関係スレッドを見てみると、いくつもの手段が提供されていた。
今回のワンクリックroot化も、そこに転がっているものだ。

なお、この携帯には、最初からsimロックがかけられていないので解除の必要はない。

OPPOfind5は、4コア/フルHDということで、やはり高機能なスマホだ。
動きは素早く画面もとても綺麗で、全くストレスを感じることはない。
また、質感も素晴らしく以前の中華携帯とは比べものにならない出来である。
つまり、ハードとしてはかなり良いものだと思う。しかし……

Android携帯にもかかわらず、Googleアカウントがないというのが頂けない。
これは中国製Android携帯では普通なのだが、Googleがない部分をどうやって補完しているかというと、


Googleアカウントは削られている。


 

全て、中国版XXに置き換えられている。
GooglePlayも独自のものに変更されていて、Playでは有料のアプリが無料でDLできたりする場合も多いが品ぞろえは悪い。

さらに、
Google検索は百度に
Mapも百度に
TwitterはWeiboに
etc..といった具合に置き換えられていて、

元サービスをあまり知らなければ美味しくいただけるのかもしれないが、
本場の味を知っている人間からすると、どのサービスも今一つだと感じてしまう。
何故か独自マーケットにgmailアプリがあったのでインストールしてみると、開いた途端閉じてしまった。
アカウントがないのだから当然だろうけど。

このようにソフト部分が気に食わないので、今後ROMを入れ替えられないかと考えています。

中国製高機能携帯OPPO Find5は、1月29日に発売開始予定とのこと。
フルHDスマホとしては、htcバタフライに続いての登場ということになる。

京東商城にも登場している。

http://www.360buy.com/product/789057.html
2998元=43500円くらい。

このスペックのモノで、携帯電話の世界シェアを変えられると本気で思っているとしたら、かなり楽観的すぎるだろう。
フルHD液晶に、クアッドコア。これだけなら面白さもないし、極めて普通の携帯に見える。
何故ならば、中国企業が似たようなスペックの携帯を沢山投入してくるからだ。
価格も安い。

やはり、SONYに求めたいのは一般をはるかに凌駕するスペックとは言わないまでも、少なくても同業他社より高スペックのものだ。
同スペックの携帯を、中国企業より「後」から投入しても、消費者の目を引くことはできない。
以前にも書いたが、本当に売りたいなら、現時点でCPUの2G超えは当然だし、メモリーは4Gは必要だろう。

最速の携帯を、SONYなら出してくるかとも思っていたのだが、残念。

xperia Z(yuga)スペック
・1920*1080ピクセルフルHD液晶
・1.5 GHz quad-core Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064プロセッサ
・2GB RAM
・2330mAhバッテリー
・1310万画素カメラ
・価格:未定

参考
中国企業1 OPPO Find5スペック
・1920*1080ピクセルフルHD液晶
・1.5 GHz quad-core Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064プロセッサ
・2GB DDR3 RAM, 16GB / 32GB フラッシュメモリー
・12Mピクセル CMOSカメラ, 2Mピクセルフロントカメラ
・2500mAhバッテリー
・待ち時間:100-150時間
・サイズ:129×65×8.3mm
・価格42,000円
・シムフリー
・発売予定 2013年1月~2月

中国企業2 ZTE nubia Z5スペック
・1920*1080ピクセルフルHD液晶
・1.5 GHz quad-core Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064プロセッサ
・2GB RAM
・3000mAhバッテリー
・1300万画素カメラ
・Android 4.1
・シムフリー
・発売予定 2013年1月~3月

発表はしたものの、一か月過ぎても発売日が不明なOppoFind5。
生産がダメダメなんだろうけど……。

OppoのWeiboに、春節前に発売すると書かれていたので恐らくは2月初旬か。
華為のAscend D2とか、ZTEのnubia Z5などのFHD携帯も、同時期の発売かもしれない。

Appleのように発表して直ぐに売るということが出来ていないので、中国でのFind5のインパクトも低下してきている。

サムスンのギャラクシーS4のスペックが中国でも公開されていた。
4コアの2GHzで、ディスプレイはFHD、Android5搭載となっていた。

いや、成らない。詰んでいる。

何故そんなものを作るのか意味不明。ドコモにはお金があるから私的に公共事業?
iOSやAndroidに対抗するというが、本気で言っているのか実に怪しい。

TizenOSの特徴は、キャリアによる独自サービスの提供を前提に開発されていること。
つまり、主導権を我に、imodeよ再びということかと。

これって通信会社には嬉しくても利用者やアプリ提供者にとって、一体何のメリットがあるのか?

普及していないOSでi-modeと同じような殿様商売をするなら、アプリを提供する人はいない。
逆に、i-mode的商売をやらないなら、儲からないのでこのOSを作る意味がない。

普及すれば殿様商売もできるが、既にアプリが沢山ある2つの選択肢があるのに、わざわざアプリがない携帯を購入する人はいない。

このままでは普及しないのは明らかだ。

ドコモとしては、アプリ提供側に便宜をはらって肩を押す必要があるが、利用者が欲しがるアプリとは一体何であろうか?
昔のゲームハードで言うところのドラクエとかFFといったキラーソフトはこの場合何か? PSがFFを獲得したことによって大きく普及したケースもある。

スマホのキラーアプリはマップだろう。
例えば、Googleがmapアプリを提供していない間、使い勝手が大きく悪化したのはiOS5でも証明されている。
Googleマップアプリがドコモダケなるわきゃないので、キラーアプリ戦略は詰んでいる。

いや、「Tizen」なら価格が安いから詰んでいない?
という可能性もあるが、Android携帯も十分価格が安い(中国ならすでに4000円レベル)ので、低価格戦略もやっぱり詰んでいる。

そもそも、アプリ提供者にとってGoogleのシステムに載せれば、簡単に世界に対してソフトを提供できる。
わざわざドコモのローカルプラットフォームに載せるとしたら、よほど優遇してもらわないと。。アプリ掲載したら、10万円のボーナスくれるとか。
という事で、アプリ集めるのも詰んでいる。
※Androidアプリが動くという話もあるが。。。それなら、Androidでいいじゃん。

全て詰んでいるので、今すぐこの糞プロジェクトをストップして浮いた部分を通信料の値下げに回してほしい。

2998元の格安&最強スペックモデルのこの携帯。
タオバオの店に聞いてみると、1月頭に送ってくれるというので予約をしてみた。


32G版は当分供給されないとの事で16Gを選択。
クラウドを使って、端末にデータを蓄積しないようにしているので特に問題はない。

ちなみに、この携帯。日本でも発売されるようである。
キャリアは、おそらくドコモ。違うかもしれないが。
サムスンの次には、中国が待っていたというわけで、いつまでたっても日本企業の活躍は無い。

日本企業は、ちょっと高くても良いから明らかに最高スペックのものを真っ先に出せばいいと思う。
これが作れないなら、黒字化は無理なので携帯電話事業からさっさと撤退すればいい。

日本企業が世界で売るべき携帯電話スペックは以下。
・4コアCPU 2GHz
・4Gバイトメモリー
・5インチ1920*1080ピクセルフルHD液晶
・20Mピクセルカメラ
・重量129g
・3000mAhバッテリー
・価格59,000円
・シムフリー
・発売2013年1月
日本企業にはこういうやつを頼みます。
じゃなきゃ売れねえよ。

参考 中国企業OPPOFind5スペック
・1.5 GHz quad-core Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064プロセッサ
・1920*1080ピクセルフルHD液晶
・2GB DDR3 RAM, 16GB / 32GB フラッシュメモリー
・12Mピクセル CMOSカメラ, 2Mピクセルフロントカメラ
・2500mAhバッテリー
・待ち時間:100-150時間
・サイズ:129×65×8.3mm
・価格42,000円
・シムフリー
・発売2013年1月

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)