中国インターネット事情
  • カテゴリ Android携帯電話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

先日、HTC G1(元祖アンドロイド携帯!)の2.2化が終わって、色々とアプリを入れてテストしているが、多少遅いものの使えないことはないようだ。
以外なことにスカイプ(Liteではない)のチャットだけではなく音声通話まで出来てしまっている。

でも、やっぱりG1はちょっと遅いので、他のアンドロ携帯の価格は幾らぐらいするかなーって調べていた。
その中で、ソニーエリクソンのXperiaが2.2どころか2.1にすらなっておらず、まだ1.6のままと言う事に気がついて驚いた。

どうも、差別化ために組み込んだ独自プログラムがアンドロイドの進化について行けていないようだ。
その独自部分のせいで、スペック的にはOKなフラッシュプレーヤーやスカイプを使えないのだからユーザーからしてみればたまらない。
ガラパゴス資産が沢山あるから、アンドロイドにも付け足してしまえ! で完全に「蛇足」状態になっているわけである。

これを教訓にして、日本のメーカーも、いい加減に学習したかと思っていた。

そう思っていたら、シャープがAU向けに更にガラパゴス度を高めたアンドロイド端末を出すそうだ。
日本は限りなくのどかだ。ワンセグとか。

速くて安くて高機能で世界共通。さっさとそういうハードを作るべき。
そうしないと、来たるべき中国からの集中輸出で全滅は避けられない。
あと少しで、外来種「9000円アンドロイド携帯」が襲来する。

その来たるべき時に、独自仕様てんこ盛りでOSの更新もできないハードを誰が買うのだろうか?
最新型を購入したら何故かWindowsXPで、OSの更新もままならないPCをつかまされたとしたら。

そんなものより、普通に更新可能な中国製のリーズナブルな携帯のほうが遥かにいい。
 

世界初のアンドロイド携帯と言われたHTC G1 Dreamも既に過去の物となりつつある。
公式には1.6止まりで、残念ながら2.1とか2.2と言った現在主流のOSは提供してもらえないようだ。
http://developer.htc.com/adp.html

しかし、ついこないだ発表されたAndroid版スカイプは要2.1以上とのこと。このままでは動かない。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1010/06/news016.html

かと言って新しい端末を買うほどの余裕もない。
そこで、無理矢理HTC G1にカスタムromを入れてみることにした。しかも最新OSAndroid2.2を。


中国で買った携帯なので、すでにroot化はされていたがリカバリーモードがデフォルトだったのでそこの更新から始める。
なお、ここに書いてあることを行うと携帯電話が壊れる(置物になる)場合もあるので、やる場合は自己責任で。

①標準リカバリーモードをroot化によるファイル(recovery-RA-sapphire-v1.5.2.img)置き換えで変更する。この過程で、「flash_image」が必要なのだが、これがない。
ver1.5の/system/binにflash_imageがあるので、これを使う。

adb shell
$ su
# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
# cp /sdcard/flash_image /system/xbin/flash_image
# mount -o remount,ro /dev/block/mtdblock3 /system
こんな感じでやると、cpがないと怒られるのでcpの代わりにcatで代用する。


# cat /sdcard/flash_image > /system/xbin/flash_image
これで、flash_imageコマンドが使えるはずなので、

$ su
# flash_image recovery /sdcard/recovery-RA-sapphire-v1.5.2.img
これで、リカバリーモードの変更ができたはず。端末をリブートして、
ホームボタンを押しながら起動ボタンをおし、リカバリーモードを立ち上げる。
「Flash zip from adcard」があれば成功。
このリカバリーモードの変更が一番面倒。ただ、G3等ではこの手順は不要?

②DangerSPLを入れて、OSバージョンアップの準備をする。(「Flash zip from adcard」で、簡単にインストールできます)
Wipeを行った上で、ファイルを選択して適応するだけ。

③好きなカスタムロムを入れる。(「Flash zip from adcard」で簡単にインストールできます)
Wipeを行った上で、ファイルを選択して適応するだけ。

起動に暫く時間がかかるが、立ち上がると確かに2.2になっている。
現在のG1用のカスタムrom2.2は、GPSやカメラ、無線LANなどは何の問題もなく動作しているようで、普通に利用することができた。
Google関連アプリも、アンドロイドマーケットを含め普通に利用することができる。
さすがに、ライブ壁紙などは辛いものがある。

ここで、2.2となったHTC G1にいくつか最新アプリを入れてみた。
2.Xならではといったものを選択。

1.アトビフラッシュプレーヤー
インストールは可能だが、フラッシュのあるページを閲覧するとブラウザごとクラッシュ。

2.Google earth
インストール不可

3.Skype
インストールOK。使用OK。

取りあえず、スカイプはOKで音声通話もすることができた。ただ、完全に常駐できないのはG1だから? それともソフトの仕様なんだろうか。

Androidの市場見通しは良好で、さらに多くの設備メーカーやチッププロバイダがAndroid陣営に参加すると予測されている。

そんな中で最近気になった発表としては、台湾のチップメーカーのメディアテック(MediaTek)が、すでにAndroid3Gチップの研究と開発プロジェクトを完成したと発表したと発表したことだ。これは、超低価格3G Androidフォンが登場することが確実になったことを意味する。

近頃、メディアテックは、お客様にこのチップのサンプルを提供し始めた。今年第4四半期に量産を始める予定とされている。周知のように、メディアテックのチップは価格面で明らかな優位性がある。メディアテックの3G Androidチップを採用するAndroidスマートフォンは、その価格は100ドル以下(約9000円)になるという。

また、最初は中国市場に投入され、ユーザーは今年年末あるいは2011年の上半期にこの携帯を買うことができるという。さらに将来、チップはヨーロッパや米国市場で投入されるという。

近頃Androidの市場から見ると、HTCはすでにWildfire携帯を出して、サムスンの格安Corbyシリーズにも最初のAndroidスマートフォンが誕生した。これはGoogleのAndroid OSがすでにハイエンドのスマートフォンだけでなく、ローエンドスマートフォンの市場に侵入し始めたということである。

そして、今回のメディアテックの参戦により、スマートフォン市場の競争はさらに激化することが確実視されている。


アンドロイド携帯が9000円って、まさにノートPCが辿った道か。高値の花だったノートPCが今や4万程度に。

メディアテック(MediaTek)の格安チップは中国で山寨として出回っている多くの第2世代携帯につかわれていた。しかしそれはGSM用だったので、日本には何の影響もなかった。


wikipedia.orgの山寨携帯の項目から
製造業者はほぼすべてがファブレス半導体メーカーである台湾MediaTek社製の半導体を使用している。MediaTek社の半導体を使って、例えば中国香港のCaixon(凱信通訊科技)社のような会社が製品設計を担当して[2]、各製造会社へその設計デザインを販売している。 MediaTek社が高度な機能まで含めたリファレンス・デザインを完成させ、提供しているので、中国国内の設計会社や山寨手機メーカーは元となる海外製品の意匠デザインに手を加え、細かな構成部品の変更やソフトウェアの調整だけで製品化できる。この模倣携帯電話機の製造には、「世界の工場」となった中国国内の多様な生産能力[3]が下支えしており、筐体や基板の製造も容易にこなせる実情がある。


しかし、今回のチップは第3世代(3G!)。日本でも使えるぞ。

アンドロイドスマートフォンのsimフリー版が、わずか9000円のビックリ価格。

昔のPC98のように、日本メーカーがチマチマ作っているガラケー(ガラパゴス携帯)は絶滅するな。これは。

タオバオで850元(12000円)くらいで販売されているアンドロイドフォン。注文後3日で到着した。

メモリーが足りないのか多少動きがもっさりとしているものの、普通にアンドロイドが動いている。


左:山寨アンドロイド 右:G1

タッチパネルの使い勝手も悪くなく、以前購入したG1とさほどの違いは無い感じである。無線LAN、カメラ等は装備されているがGPSが装備されていないのが残念な点だ。

ネットに繋がっていれば普通にGmailを受信できるし、GoogleMapもOK、アンドロイドフォンというのは間違いがない。しかし、htcというのはいただけない。せっかくの本物のアンドロイド携帯がhtcの偽物になってしまっている。

このレベルなら普通に作っても売れると思うが、わざわざ偽物にするのが中国では通なのであろうか。htcのマネじゃないこの携帯がほしいものだが。

それにしても、このレベルのものが12,000円とは中国の物作り能力の高さを伺わせる。ソニエリのXperiaと同じアンドロイド1.6搭載だ。ドンくさい日本企業がアンドロイド携帯作れないのに、なんで名も知れぬシンセンの山寨企業が作ってんだよ。

このスピード感は末恐ろしいな。  

 

取りあえず、これはGSMしか利用できないので日本で利用することは不可能だが、3G対応のものも売っていたので、そちらなら日本でも利用できるかもしれない。

いま、MSを時価総額で抜きiPhoneやらiPadで絶頂期を迎えているアップルであるが、中国山寨メーカが超格安アンドロイド携帯を作り始めたので、その栄華に終止符が打たれる日が近付いているのかもしれない。

栄華の跡には衰退がまっている。

やはり、PCと同じようにiPhoneは格安アンドロイドにとって代わられ、iPadもaPadで十分だという時代がもうそこまで来ているのかもしれない。

ガラパゴスの日本携帯市場も、この波をかぶって、PC98のように種の絶滅に立たされるのではないだろうか。

アンドロイドマーケットでダウンロードしたゲームも普通に動作する


ハードウェアキーボードがないので、薄くて軽くて小さい。ケースの作りも悪くない。

この携帯については、さらに使いこんでみてから、追って報告する。

 

■関連記事
Googleアンドロイド携帯が12,000円なり。タオバオでちょっと買ってみました。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=177

携帯電話simロック解除先進国中国の現状。アンドロイドで山寨メーカーも真正品を
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=75

山寨メーカ製のアンドロイド携帯が、遅れている中国農村のインターネットを発展させる日
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=102
 

 

 aPadで話題の中国ですが、12,000円でアンドロイドスマートフォンも売ってます。

筆者はつねづねiPhoneに将来はなく、当然iPadも無用だと考えていて、今回のiPad騒動もマスコミに踊らされて、あんなものをわざわざ買うなんて! と遠目でみている人です。

決して、高くてiPhoneやiPadが買えないわけではないのです。キリッ! 本当です!

で、筆者の前に現れたのが、

なんと12,000円ポッキシのアンドロイド携帯

DSより安いんですが。。それ本当に携帯なんですか? それ本当に。。アンドロイドなんですか? アンドロイドっていう名前だけパクッた独自OSだったり。。疑問が次々に現れては消え、これはもう、実物を手に入れてみるしかない! という結論に。

ちょうど世界初のアンドロイドG1が手元にあるので、どれだけ違うのか見てやろうと思って思わずタオバオのボタンを押してしまいました。

 

店の資料によると、

RAM/ROM: 128M/256M OS:谷歌Android 1.6版  WIFI高速上网とのことで、無線LANもついているようです。エクスペリアが1.6だからバージョンは一応同じか。。RAMは少ないけどさ。。

液晶は480の320で、カメラ付き。GPSもあると書かれているが本当かは不明。それにもまして、本当にアンドロイドか否かも不明。

こういうガラクタが好きなので、しょうがない人だなーと言われそうです。

■関連記事
携帯電話simロック解除先進国中国の現状。アンドロイドで山寨メーカーも真正品を
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=75

山寨メーカ製のアンドロイド携帯が、遅れている中国農村のインターネットを発展させる日
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=102

2010年4月15日、中国インターネット情報センター(CNNIC)は北京で《2009年中国農村インターネットの発展状況の調査報告書》(以下は《報告書》と略称する)を発表した。《報告書》によると、2009年12月末までで中国農村部のインターネット利用者の規模はすでに10681万人に達したという。インターネット利用者の規模は増加を維持しているが、しかし、普及率、インターネット利用者の構造、ネット応用の、この3点から見ると、都市と農村間のインターネットの格差が拡大し続けているという。

 

中国農村のインターネット利用者規模は初めて1億人を超えて、携帯電話でのインターネット利用者は1年で3000万人以上を増えた

CNNIC《報告書》によると、2009年末まで、中国農村部のインターネット利用者の規模は10681万人に達して、昨年だけで年間2220万人を増えた。年間成長率は26.3%だという。その中でも携帯電話でのインターネット利用者は約7189万人で、2008年と比較して3000万人以上増えた。その年間成長率は79.3%で、農村インターネット利用者全体の増加数よりずっと高い。

また、農村部のインターネット利用者がPCを使う比率としては68%まで降った。モバイルインターネット利用の割合が約20%増えて、使用率は67.3%に達した。それに対して、2.77億人の都市インターネット利用者は、携帯電話のネット利用者が1.6億人で使用率は57.5%と10%近く低い。。

明らかに、携帯電話は農村インターネット利用者の主流のインターネットを利用する端末になっていて、同時に農村インターネットの発展の主力となっている。

 

しかし、農村のインターネットの普及率は15%のみで、都市と農村のインターネットの格差が拡大し続けている

都市部と農村部インターネットの普及率から見ると、インターネットが都市での普及率は44.6%で、農村では15%だけに過ぎない。CNNIC《報告書》の2007年以来の中国都市と農村インターネットの普及率をみると、2007年、都市と農村インターネットの普及率の開きは20.2%だけだったが、2008年は23.5%に拡大して、2009年には29.6%になった。農村のインターネットの発展速度は都市より遅いので、インターネットの都市と農村での開きは大きくなっている。都市と農村の"デジタルデバイド"が拡大していることがわかる。

CNNIC《報告書》の分析からみると、農村インターネットの成長速度が遅い原因は3つあるという。1、“農村のインターネットの基礎知識はないので、インターネットに対する認知はばらつきがある。2、“農村のインターネット関連インフラが薄弱で、公共のインターネットを利用する資源が欠乏している。”3、“農村でインターネットを利用するコストが農民の収入に比べて高すぎる。”これが、農村のネットの発展を阻害している主な原因だという。

 

農村インターネットの主な利用者は、主に若者、低学歴グループ、学生

CNNIC《報告書》によると、インターネット利用者全体の年齢層に比べて、農村のインターネット利用者は若年層が多い傾向が見て取れるという。農村のインターネット利用者は、30歳以下の年齢層は69.2%を占めていて、その中でも19歳以下の若いインターネット利用者の割合は41.1%です。それに対して、全国のインターネット利用者の場合は30歳以下の若い年齢層は61.5%を占めるに過ぎない。
 
さらに、都市と農村のインターネット利用者の間に学歴分布の相違は明らかで、農村のインターネット利用者の平均教育レベルが比較的低いことがわかる。農村のインターネット利用者の中で、初等教育とそれ以下の学歴のは52.1%を占めて、都市の29.2%よりずっと高い状態となっている。その中、初級中学の教育レベルのインターネット利用者の割合は39.5%で、都市より17.6%高い。2008年と比べて、農村は初級中学レベルのインターネット利用者の割合が2.7%増加した。インターネットは中国農村地区で低い学歴の人々に浸透している。

それ以外に、農村インターネット利用者の中で、学生の割合は32.3%で、都市学生のインターネット利用者の割合より4.9%高いです。全体的に、“若い、低学歴、学生グループ”は農村インターネット利用者の主要な特徴です。今後は、こうした農村インターネット利用者の構造を最適化する必要があると考えられる。

 

農村インターネット利用者のビジネスへの活用は都市よりはるかに立ち遅れるが、娯楽としては都市と大差はない

CNNIC《報告書》の中で、都市と農村インターネット利用者の利用法について対比が行われた:ビジネス取引と通信交流などのネットワーク利用ついて、都市のインターネット利用者の使用率は農村より遥かに高く、都市と農村の間にギャップは明らかになっている。特に、オンラインショッピング、オンライン決済この2つの典型的なビジネスアプリケーションの場合、都市の使用率はそれぞれ31.7%、27.7%で、農村の使用率は17.6%、15.1%だけと明白な差が存在する。

ネット娯楽の場合は、農村と都市とで、さほど差異がない。オンライン音楽とオンラインゲームという使用率が最も多いネット娯楽の場合、都市の使用率はそれぞれ83.8%、68.6%で、農村の使用率は82.7%、69.9%です。オンラインゲームの場合は、農村は都市よりも1.3パーセント高い。

 

やはり携帯電話

そもそも中国の場合、銅線による電話網が農村にはあまり普及しておらず、ADSLや光回線などと云った物理的なインフラがどんどん農村に普及するかといえば疑問であろう。農村すべてに銅線を引いたら世界中から銅が無くなってしまうなどいう笑い話も有るくらいだ。

やはり、携帯電話こそが中国農村のネット普及のカギとなるのは明らかだ。米国では低所得者グループにiPhoneが人気があるという。つまり、それは電話であり、カメラであり、PCであり、複数の物品を買わずに済むといったところからきているようだ。

中国の農村でiPhoneは普及しないだろうが、オープンソースのアンドロイド携帯ならば可能性はある。実際、ophoneという中国独自仕様のアンドロイドが開発されていたりするので、低価格で作れる山寨メーカが農村のネット普及とともに大量の格安アンドロイド携帯を作り出すかもしれない。

中国にはsimロックはないので、ネットが出来るような有名メーカの携帯は結構な価格だが、山寨メーカ品なら安いものも多い。

このように、中国農村でのインターネット普及を山寨メーカのアンドロイド機がけん引していく日が、近いうちに訪れるかもしれない。

SBの孫氏と総務省原口大臣の間でシムロック解除についての論争がツイッターで繰り広げられたという。

ロックがしてなかったら、iPhoneが中国に流れて大損だと、孫氏は訴えたらしい。

確かに、ソフトバンクがボーダフォン時代に、ちょっとした裏コマンドを入力すると簡単にロックが外れる機種があって、その機種のほとんどが中国人に買い占められたという逸話がある。

ドコモとソフトバンクは、中国で一般的な規格と同一なので、そのまま利用することが可能なのだ。

実際、日本の携帯は結構人気があって、中国の秋葉原のようなところに日本携帯を持っていくと1時間もしないうちにシムロックが解除することができる店もたくさんある。

中国滞在の日本人は、一般的にこのサービスを利用してロックを解除している人も多いのではないだろうか?

このように、中国の市場はsimロックが無いので、全世界の携帯を利用することができ、筆者は世界初のアンドロイド搭載携帯G1を上海で購入して利用している。


さて、simロックが無い中国では携帯電話の価格は高価で、平均給料の何倍もする機種もあったりする。

そのため、中古市場が発達していて、そのための販売店が多数存在している。

そういった店では壊れた携帯を修理する技術も発達していて、そこから山寨(ニセ)携帯作成の技術が醸成されていったのだろう。

携帯電話も台湾メーカーが開発したチップさえあれば誰でも作れるようになったので、深センあたりに山寨メーカが大量に誕生することになった。

これらの山寨メーカーは序々に実力を伸ばし、かなり高度な携帯の製作を行えるようになってきている。

たとえば、iPhoneの対抗馬と言われるアンドロイド携帯。

この携帯はGoogleがオープンソースで開発を進めているアンドロイドOSを搭載したものであるが、その利用は無料である。

山寨メーカは、中国でのトップブランドノキアのニセ物等を作っていたが、アンドロイドさえ載せてしまえば、真正のアンドロイド携帯が作れるようになってしまったのだ。

事実1000元(14000円)程度でアンドロイド携帯が売られていたりする。

これは、あまり量産していない中でのこの価格なので、もし、大量生産でもすることになったらその価格は一気に下落すると思われる。


話は最初に戻る。日本の携帯が中国へ流れるので、日本のキャリアが損をするという話は確かにあるだろう。

しかし、低価格の中国製携帯が、日本へ流れ込んでくる可能性はないのだろうか?

アンドロイドは、アンドロイドである。それは、WindowsがWindowsであるのと変わりない。

職人的ハードウェアが希少種のように存在する日本の携帯市場に、PCと同じ理屈が突きつけられる日は近いのではないだろうか?

PC9800がその姿を消してしまったように、希少種である日本製携帯が絶滅する日も近いかもしれないのである。

絶滅危惧種だ。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)