中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国動画サイト の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

3月12日の情報によると、优酷と土豆とは合併することを宣言した。合併後优酷の株主は新しい会社の株式の71.5%を占める。土豆の株主は同様に28.5%を占める。
合併後の新しい会社の名前は优酷土豆股份有限公司(Youku Tudou Inc.)となる。新しい株式はニューヨーク証券取引所に上場すると見られる。

合併が有効なる日から土豆のA類普通株は优酷のA類普通株と7.177の比率で交換される。
米国で上場している土豆のADSは1.595の比率で优酷のADSと交換される。
1株の土豆ADSは4株の土豆B類普通株に相当し、1株のYoukuADSは18株のYoukuA類普通株に相当する。

情報によると、合併の完成後も土豆はブランドとプラットフォームの独立性を保留し、优酷土豆の動画ビジネスの発展のために強力する。
今回の戦略合併は双方の会社の取締役会の合意を得ているが、合併の完成のためには双方の株主の承認が必要だという。
予測では2012年の第3四半期には、合併が完了すると見られている。

この合併による取引規模は10.4億ドルに達するという。これは中国のインターネット企業では最大の株式交換による合併である。


事実上ライバルが居なくなった中国の動画サイトの利益率が高まるのではないでしょうか。
しかし、ユーザーにとっては、今でも宣伝が多過ぎだと不評ですが、ますます宣伝が増える事になってあまり喜ばしいことではないでしょうが。

最近、メディアの報道によると、動画サイト「酷6伝媒」はすでにYoutubeと契約関係を結んで、Youtubeが提供する新しいチャンネルで中国国内のオリジナルの動画内容を見ることが出来ようになるという。

この契約は酷6伝媒の海外市場の拡大に役に立ち、同時に多くの中国国内のCGM作成者のために海外展示ステージを提供することが出来ると酷6伝媒が表明した。

情報によると、酷6伝媒は去年から短い動画戦略に変えて以来、短い動画のユーザー数は最近すでに2億人を超えた。
また、少し前に連続3日間毎日の動画アップロード数が10万件を突破して、中国国内のオリジナル動画市場のトップとなった。

酷6伝媒はYoutubeとの提携によって、その海外市場でのコンテンツ提供サービスを拡大しようとしている。
海外ユーザーを増やし、海外市場での売り上げを向上するために、新しいチームを作る予定である。

今後Youtubeに中国系のCGMコンテンツが増加することになると思われる。

優酷網と中国国内の他の動画サイトの間の紛争はさらにエスカレートしている。
最近、土豆網、捜狐視頻、楽視網などのサイトは共同で技術的な措置を取って、優酷の検索エンジン「捜庫」(soku)を遮断して、優酷がその動画コンテンツを検索しインデックス化すること禁止すると発表した。

2010年に登場した「捜庫」(www.soku.com)は優酷傘下の動画検索エンジンであり、ネットワーク全体の動画検索ツールに位置付けている。
優酷網自分の動画内容を提供する同時に、土豆網、楽視網など他の動画サイトのコンテンツへの入り口も提供する。

「捜庫」を遮断する原因について、三社は、優酷の検索エンジンは不公平だと考えている。
「捜庫」は人為的にユーザーの各動画コンテンツへの体験を下げる不正行為が存在する疑いがあるという。

三社の非難によると、優酷は検索エンジン「捜庫」を通して、検索結果を操って各社特有のコンテンツとユーザーを自分のプラットフォームに導入する。
また、人為的に他のプラットフォームのアクセススピードを下げて、不正の利益を得る。
他のサイトに莫大な損失を齎し、ユーザーの利益と体験を損ねたという。

著作権バトルを続けている中国の動画サイト土豆と優酷。
この戦いに新しい動きがあった。日本の人気アニメを多く抱えるテレビ東京が、12月19日、優酷を討伐する陣営に参加した。

「知的財産権侵害の警告書」これはテレビ東京が優酷の一部の広告主に送った警告である。
告知書によると、東京テレビは既に「ナルト」、「銀魂」、「BLEACH」などの有名なアニメーションを含むほぼ70のアニメーション作品の中国大陸地区の排他的なネット放映権と権利保護権を土豆網に授けた。
土豆網以外のこれらのアニメーションを放送するサイトは全部「中華人民共和国著作権法」などの関連法律に違反している。

テレビ東京は11月20日から著作権侵害の疑いのあるサイトの著作権侵害状況を監視し始めた。そしてこれらのサイトに代理人の弁護士から書状を送った。
その後、大部分のサイトは積極的に権利侵害リンクを削除したが、幾つかのサイト(例えば、優酷網)は権利侵害通知を受けた後、まだ権利侵害行為を続けている。
そのため、テレビ東京は、米国、日本などの国のメディアで優酷の知的財産権侵害行為を非難し、また上記の権利侵害の作品のページで広告を出した企業に警告書を送ることにした。

優酷網で検索すると、「ナルト」、「銀魂」、「BLEACH」などの作品は特定のテーマのページがあって、総クリック数が数十万回から数千万回まであることが分かる。


中国の動画サイトは近ごろ広告だらけになっている。莫大なアクセス数を換金する方法としては最も簡単な方法であるからだ。
しかし、それだけ広告が付くなら当然その広告費はいったいどこに行っているのかという話になる。

動画サイトそのものを訴えても効果は薄いが、その広告主を片っ端から訴えれば効果はあるのではないだろうか。
とくに日本企業を含む外資企業ならば、警告の効果は高そうである。実際、幾つかの外資企業(日本企業含む)も優酷を使ってCMを流している。

今後は、テレ東のみならず、他の日本のコンテンツホルダーが、動画サイトの広告主を狙い撃ちして警告や裁判を連発するのかもしれない。
テレビ局より動画サイトの方が効率が良いと思ってCMを流したら、逆に高くついたということになるかも。
効率の良さ=海賊版ゆえという可能性も高いのだ。

土豆網の12月2日の発表によると、土豆網オリジナルプログラミングセンターが企画・運営するネットテレビプラットフォーム「Channel豆」の放送が正式にスタートした。


http://www.tudou.com/channeldou/

Channel豆は中国の若いネットユーザーの視聴習慣に基づいた、伝統モードを突破した新しいエンターテイメントプラットフォームを構築しようとしている。

紹介によれば、Channel豆はオリジナルコンテンツと独自の著作権の持つコンテンツをコア内容としている。
コンテンツ属性と時間習慣二つの面から、中国の最も消費能力の高い都市部の若い視聴者グループをカバーする。
また新しいインタラクティブ体験モデルを採用しており、ユーザーはウェブやプレーヤーでのインタラクティブな操作により、動画番組の内容の成り行きに直接に影響を与えることができるという。

Channel豆はエンターテインメント、オリジナルなコンテンツ、ドキュメンタリーなどの分野をカバーし、自作の番組、自作のドラマと独自の著作権の持つコンテンツなどを含む。
今後3ヶ月間、Channel豆は2つのオリジナルアイドルドラマ、1つのオリジナル総合芸術番組、7つのオリジナルエンターテインメント番組を提供する予定だという。

追記
テレ東とも配信契約を結んだ見たいですね。これ。 著作権問題がクリアになったので、ナルトとかブリーチ見るなら、土豆という時代が来るのでしょうか。

11月15日、土豆網(Nasdaq:TUDO)は9月30日までの第三四半期の財務報告書を発表した。
報告書によると、土豆網の第三四半期の純売上高は1.497億元で、前年同期比で52.1%増、対前期比で28.3%増だった。
純利益が5250万元で、昨年同期では50万元の純損失だった。これで、土豆網は初めて赤字の局面から抜けだした。

上場する前に、土豆網が持っていた現金及び現金同等物は約1年間の通常運営を維持できる1.358億元のみだった。
しかし、今回の財務報告書から、土豆網の短期投資を含む第三四半期の純現金額が10.854億元だったことが分かる。

土豆網の主な収入源は広告収入だと財務報告書が示している。
第三四半期、土豆網のオンライン広告サービスの売上高は1.265億元だった。
前年同期比で43.4%増で、対前期比で23.8%増だった。
また、第三四半期のモバイル動画サービスの売上高は1620万元で、占める割合はまだ小さいものの、前年同期比で95.0%増、対前期比で45.8%増の急成長を示した。

収入の増加は主に現有広告主の平均支出の増加のためだと土豆網が表明した。
一方、インターネットの帯域幅のコストとコンテンツのコストの上昇のため、土豆網の第三四半期の収入のコストは前年同期比で103.9%増の1.011億元に増えた。
数年来の財務状況から見れば、2009年以来、土豆網のコストが総収入に占める割合は全体としての下降傾向を示している。

報告期間内、土豆網の各業務の拡張の動きが頻繁だった。
新浪の投資を導入した後、土豆網はまた楽視網と合弁会社を設立した。
この行動は将来著作権のあるコンテンツを保有するために役に立つと思われる。
それ以外に、土豆網は電信キャリアと提携して、UGCコンテンツ動画のアップロードスピードを更に向上させた。

iResearchが発表した《2011年最新IUT在线视频日均覆盖人数排名》(2011年最新IUTオンライン動画の1日あたりのカバー人数ランキング)によると、土豆網の1日あたりのユーザー数は2197万人で、1日あたりのカバー人数の割合が21.40%を占め、動画業界で第2位を占めている。
優酷網と捜狐視頻は32.45%と19.78%の1日あたりのカバー人数の割合で、第1位と第3位を占めている。

動画サイト楽視網(LeTV)は土豆網と契約を結んで、共同出資して合弁会社を設立、主に国産のテレビドラマのネット著作権の購買と販売事業を展開すると発表した。

公告によると、合弁会社の登録資本金は100万元である。
楽視網は自己資金で51万元を出資して、合弁会社の登録資本金の51%を占める。
土豆網は49万元を出資して、合弁会社の登録資本金の49%を占める。

契約によれば、双方は共同で楽視網の「http://tudou.letv.com」ドメイン名に基づいた動画サービスプロジェクトを構築する。
このプロジェクトは楽視網が動画関連情報、動画コンテンツ及び動画再生技術のサポートを提供する。
土豆網がこのプラットフォームの運営を担当する。また、土豆網は毎年楽視網に5,000万元の最低限営業収益を支払うという。

中国で動画サイトを作るのは難しい。
何故ならば動画サイトに対応する免許が必要で、中国内資でもそれを取るのが難しく、外資ではほぼ取得できないからである。

ではどうするか? 
1.VIE
作ったとしてもかなりの投資が必要。しかも免許が下りるか不明というか、今からでは多分無理。大きいところでも買収する?

2.サーバを香港等国外に置く
遮断されたら呆気なく終わり。

3.初期のニコニコ動画方式
他社動画サイトの埋め込み機能を利用して、自社の動画サイトに見せる手法。
例えば、この初期ニコ動方式を中国に適応すると、Youku等のサーバの動画を利用して自社のサービスを展開する。
大々的にやって、相手の動画サイトに遮断されたら終わり。
ニコ動は初期段階でYoutubeを利用していたが、遮断されたので自社サーバに移行したはず。

4.YoukuとかTudouとかの動画サイトと提携し、置かせてもらう。
可能性はあるかもしれないが、儲かるモデルを構築したら即パクられる。
QQとかはパクリのQQと言われているし。

5.独自クライアント(アプリ)方式
独自ブラウザを作って、独自の動画サイト風に見せる。

結論としては、
取りあえず、3(初期ニコ動方式)あたりで様子をみて、ダメなら4(提携)に移行かな。
ただ、どうにもならない場合、ニコ動のように最後は自分のサーバに置くという選択ができないから追いつめられると破綻する。
私は5もやってみたいが。

しかし、何れにせよ動画に対しては規制が厳しいので、外資主導の場合は戦略がいつ破綻してもおかしくは無い。
それに、中国の動画サイトってどこも儲かっていない。別のモデルで参戦したほうがまだ儲かりそうだけど。

8月17日、土豆網は29ドルの発行価格及び株式コード「TUDO」でナスダックに上場した。

土豆網の初値は25.11ドルで、公募価格の29ドルに比べて約13%下落した。
米東部時間8月17日午後4時(北京時間8月18日午前4時)までの引け値が25.56ドルで、11.86%下落した。

2005年に設立された土豆網は以前すでに1.26億ドルの資金を調達していた。投資側はGeneral Catalyst、IDG、GGV Capitalなどを含む。
土豆網の月間ユニークビジター数が2億人に達している。

SECのデータによると、土豆網が上場した後、CEO王微は43万株のADS(米国預託株式)を売却し、持ち株は12.7%から8.6%に低下するという。

土豆網は中国の40%のオンラインネット利用者にサービスを提供していると王微が述べた。
IPOをするのはコンテンツと帯域幅の購入のためだと王微が語った。
王微によると、中国でHuluのようなビデオプラットフォームになるには多くの挑戦に直面している。
まず、ネット利用者に提供したい新しい有料コンテンツの購入は高価である。
また、土豆網はライセンス契約を結ぶために、多くのコンテンツ所有者と交渉を行っている。

コンテンツの投資以外に、土豆網はHDビデオも提供する。
トラフィックの増加により、プラットフォームの持続可能性を確保するために帯域幅を購入する必要がある。
また、モバイルも土豆網戦略の一部であるとしている。

8月19日時点では20ドル程度になっており、時価総額はyoukuの1/4も無い。

消息筋によると、網易は2億元を投資して著作権のあるビデオコンテンツを拡張し、ビデオ業務の推進に力を入れる予定である。
これは中国の動画サイト分野ではまた強力な競争者が現れたことを意味する。
著作権のあるビデオにおける資金力競争はさらに激化し、著作権のあるビデオの価格は短期間ではまだ下がらないと予測されている。

現在のところ、網易のビデオチャンネルの主な内容はテレビ番組、テレビ局と提携している短いビデオである。
著作権のあるテレビドラマ、映画などのコンテンツは少ない。
今回著作権のあるビデオコンテンツに力を入れることにより、網易は捜狐、優酷、迅雷、百度奇芸網などと映画・テレビドラマなどの方面で競争することになる。

中国国内の動画サイトは赤字の状態が続いて、高価格でコンテンツを導入するビジネスモデルは変わっていない。
しかし、利益見通しの誘惑と投資市場の楽観的な見方により、依然として大量の資金を吸引している。

網易の今回の戦略的な配置は、将来にサイト部を独立させて上場させるための準備かもしれないとアナリストが述べた。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)