中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国動画サイト の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

土豆網の上場の道は茨の道である。土豆網が再び上場申請を提出した時期、資本市場全体が暗い時期にある。
最近、土豆網のキャッシュフローは今年までしか維持できないので、もし土豆網の上場は再び妨げられたら、買収される運命になるかも知れないという噂が流れている。
百度が土豆網を買収しようとしているという。

最新のニュースでは、土豆網は最速で8月20日前に米ナスダックに上場する。土豆網は28ドル~30ドルの定価で、600万株を発行する計画だと米証券取引委員会のファイルが示している。
中間価格で計算すれば、土豆網は1.62億ドルの資金調達をして、時価総額が8.2億ドルになると予測される。この数字で計算すると、土豆網の時価総額はライバルの優酷網の4分の1にすぎない。

時価総額が優酷網の4分の1で、しかも1.62億ドルの資金調達しかできないなら、業界の第2位の土豆網にとって上場は良いニュースではない。
株式市場の冷たい現実の前に、サンダー、盛大文学は上場を延期したが、土豆網はその流れに逆らっている。土豆網のIPOはやむをえないことだと業界の人が考えている。

第2四半期の財務報告書から見ると、土豆網は赤字の状態が続いている。また、キャッシュフローの状況を考えると、土豆網の上場の道は楽観的ではない。

もしHD動画サイト奇芸網を持っている百度が土豆網を買収して、奇芸網のHD著作権のある映画・テレビドラマと土豆網のUGCビデオ及び自製の内容を合わせたら、中国国内の動画業界に大きなインパクトを与える。

百度のインサイダーからの情報によると、百度はすでに土豆網と交渉を行って、2つのプランを提出した。
1つのプランは百度が直接に出資して土豆網を買収することである。土豆網と奇芸網両方も百度に取り入られるが、お互いに独立して運営する。
奇芸網は依然として著作権のある映画・テレビドラマなどのコンテンツを主とする。土豆網はUGCコンテンツと自製のコンテンツを主とする。
もう1つのプランは百度が奇芸網に増資することである。奇芸網が土豆網を買収する。そして、土豆網を統合して、1つの総合的な動画ポータル・サイトにして、優酷網と対抗する。

実際、土豆網を狙っているのは百度あるいは奇芸網だけではない。土豆網を買収するかどうかの質問に対して、優酷CEO古永锵は常に開放的な態度を持つと表明した。

CEOの離婚協議のおかげでえらい話になっている。

土豆網CEO王微と元妻の離婚の財産紛争はすでに6月10日に和解に達した。王微は「上海全土豆网络科技有限公司」の過半数株式の支配権を取り戻し、その元妻は婚姻関係の存続期間中の共同財産の分割主張をやめた。
前提は王微が合計700万ドルの現金賠償を支払うことで、430万ドルは土豆網上場した後に支払われることになっている。

つまり、土豆網が上場する最大の障害は解決された。消息筋によると、土豆網はすでにIPO計画を再起動し6月15日にSECに関係書類を提出しているという。
また、上記の消息筋の話では、PPStream、PPTVなどの動画サイトもいくつかのラウンドの資金調達を完了し今は積極的に上場の準備を進めている。

この消息筋によると、動画サイトは数年の発展を経て事業が成熟し、経営状況も大幅に改善されているという。
それに加えて、ユーザーの認知も進み、業界は市場シェアの争いへと突入し、その競争に備えて主要な動画サイトは上場で資金調達する必要があるとしている。

今年5月にニューヨーク証券取引所に上場した「鳳凰新媒体」(フェニックスニューメディア)(NYSE:FENG)の副総裁陳志華によると、鳳凰新媒体、優酷網、土豆網などを含む主要な動画サイトの月間トラフィック量とユーザー数両方でも1億を突破していて、また安定した成長を続けているとしている。
これは動画サイトがすでに比較的安定した発展段階に入ったことを示している。
国内の動画サイト業界は間もなく市場シェアを競う段階に入り、もしこれらの主要な動画サイトが上場する機会を逃したら、資金枯渇のため最終的に競争で淘汰される可能性が高いと彼が述べた。

また、近日起こっている中国関連株に関連する問題は普遍的な現象ではない、いくつかの着実な業績が出ている会社の株価は下落していないと陳志華は表明している。


離婚した元妻との調停で伸びていた土豆のIPO計画が再起動したということですが、地合は最悪といえるでしょう。中国ネット企業に対するワクワク感は既に失われ、冷静に業績や成長性で判断を下す、ただそれだけの話です。

それにしても、アリババの契約問題にせよ土豆の離婚問題にせよ、変なリスクが多いと言わざる得ません。とくに離婚問題で最高の上場タイミングを逃したこの土豆に投資したVCは、地団駄を踏んで悔しがっていることでしょう。

海賊版の氾濫で有名な中国の動画サイト。日本のアニメが放送後3時間で中国語字幕付きでアップロードされるのは有名な話だ。

しかし、そんな中、映画・ドラマ等の正式版コンテンツに力を入れる動きもみられる。
今回、百度の動画サイト「奇芸網」は最近旅行チャンネル(www.qiyi.com/lvyou/)をリリースして、正式にオンライン旅行ビデオの分野に参入した。

奇芸網の責任者の紹介によると、初めてアップロードされた1,000以上の旅行ビデオは食べ物、飲み物、遊び、観光、ショッピング、エンターテイメントなどの旅行関連全体をカバーしているという。ユーザーはそれを利用して旅行情報を広範囲に集めることができる。

中国旅遊研究院が発表した《2010年中国旅游经济运行分析与2011年发展预测》(2010年中国観光経済全体状況分析と2011年発展予測)によると、2011年には中国の観光業の年間総収入は1.6万億元(1.6兆元)に達する見込みで11%の増加すると予想されている。また、国内の旅行人数は23.4億人とこちらも10%増となっている。海外旅行の費用は550億ドルに達し14%増となる。

奇芸網のCEO龚宇によると、観光産業の急速な発展は巨大なオンライン旅行市場を生み出した。その市場空間は「携程」、「艺龙」、「去哪儿」、「酷讯」などの企業を支えて、情報検索及び購入チャネルは比較的成熟している。しかし、旅行地の紹介分野は遅れているので、ユーザーの情報収集に対するニーズを満たせていない。奇芸網旅行チャンネルの高品質の旅行ビデオや旅行関連の国内外の映画は、この市場の隙間を狙ったものであるという。


中国の旅行関連情報は「地球の歩き方」のパクリのような海外旅行書籍が存在していたり意外と本は充実している。しかし、自宅に居ながらにして動画で様々な旅行地を閲覧できるのだからかなり便利なサービスになるのではないだろうか。

他人のコンテンツを無料で配信して客を集め、最終的に他人のコンテンツを自分の物にする錬金術。
今回はその話。

iResearchの統計データによると、2010年の中国オンラインビデオ市場の規模は31.4億元に達し、前年同期比78.1%増えた。急速な成長を実現した。

2010年には、オンラインビデオ業界の広告収入の伸びを促進する要因が主に3つあった。

1.オンラインビデオのコンテンツの競争力の強化。
2.大規模なイベントの推進。万博、ワールドカップ、アジア大会などのイベントの開催。
3.トラフィックを収入に変換する手法の確立。ゲーム、オンラインショッピングなどの拡張サービスも合わせて提供しユーザーの購買力を引き出し収入源を増やした。

2010年に中国オンラインビデオ業界の市場規模の構成では、広告収入は68.5%を占め、版权分销(著作権配布)の収入とその他の収入は6.4%と25.1%を占めている。広告収入は中国オンラインビデオ業界の主要な収入であることが分かる。2010年の中国オンラインビデオ業界の広告収入は21.5億元に達し、前年同期比58.1%増えた。

中国オンラインビデオ業界の主な収入は依然として広告収入を主とする。しかし、十分な資金を持つ企業は徐々に上流に浸透し、映画やドラマの制作などの分野に入り、単純なチャンネルからコンテンツプロバイダーへ転身する。そして更に多くの著作権収入を得る可能性があると思われる。


状況に対処せずただ立ち尽くしているだけだと、日本のコンテンツ会社が中国ネット動画サイトに買収される日があるかもしれない。
ナルトを海賊配信して稼いだお金で、日本のアニメ会社が買収されるとか。理不尽な話だがICQをパクッたQQにICQ本家が陥落した前例もある。
少子化だし若年層が減少する日本より、中国に買収されたほうがコンテンツそのものの有効利用は図れるだろうけど。

この話は中国に日本のコンテンツが流れることは当たり前の前提として、あとはどれだけ高く売りつけることが出来るかという。それだけなんだが。
どん詰りになってから、安値で買収されるというパターンが一番の愚策だろうね。
中国の動画サイトは続々と米国に上場して金を持っているから。それに米国上場って点で付け入る隙も沢山ありそうなものだ。

年明けに、優酷は2011年全メディア戦略を発表した。2011年には外部コンテンツとオリジナルコンテンツの2つの方面に力を入れると優酷のCEO古永锵が表明した。これは去年12月8日にニューヨーク証券取引所に上場して以来、優酷は初めて戦略的な計画を公開した。

2011年に、映画・ドラマ・バラエティー ショーなどと、優酷のオリジナル作品が優酷の2つの戦略的重点である。2011年、ユーザーは各主要なテレビ局で初めて放送される映画・ドラマ・バラエティー ショー などを優酷で視聴することができる。これらの外部コンテンツでは、優酷は業界で圧倒的な優位性を保っている。

今後はこの優位性を保つ為に、ネット映画・ネットドラマ・バラエティー ショーなどへの投資を増やすと計画している。

優酷は2008年からオリジナル作品の制作の分野に足を踏み入れており、初めて制作したネットドラマ作品「嘻哈四重奏」の放送回数は1億回を超えた。また、2010年に制作した「老男孩」(11度青春系列电影)という短編ネット映画は全国でホットな話題になって、2500万回以上放送され、注目される文化的な現象となった。

2011年の戦略的な計画を通じて、上場した優酷は、さらに競合他社を突き放す意図だという。


上場して資金もっているのだから著作権絡みの訴訟リスクも有るでしょうね。ここの場合。

12月8日夜、中国最大のネット動画会社「優酷網(Youku)」と電子商取引企業「当当網」は同時にニューヨーク証券取引所に上場した。

当当網IPOの発行価格は16ドルで、1700万株を発行し、约2.72億ドルの資金を募集した。その株のコードは「DANG」である。優酷網IPOの発行価格は12.8ドルで、1585万株を発行し、约2.02億ドルの資金を募集した。その株のコードは「YOKU」である。

上場した最初の日、優酷網の終値は33.44ドルで、発行価格より161.25%上昇し、5年以来米国株式市場の上場初日の株価の最大の上げ幅を記録した。当当網の終値は29.91ドルで、発行価格より86.94%上昇した。

現在、当当網の主な営業収入は商品のオンライン販売である。今年第1四半期から第3四半期までの売上高は1.976億ドルで、利益は240万ドルである。優酷網の主な収入源は広告収入である。今年第1四半期から第3四半期まで優酷網の売上高は2.346億元だが、1.67億元の赤字で、まだ黒字化していない。

優酷網の競争力の源泉はズバリ、他人のコンテンツをYoutube等の外国資本と競争することなく、時間制限もなく勝手に中国国内で放映できるところでしょうかね。さすが中国って感じの企業です。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)