中国インターネット事情

サイトのトラフィック・ランキングのAlexaの表示は、2010年初頭から今までの一年半の時間で、開心網の毎日のユーザー数が約65%減少したことを示している。
百度指数も開心網の1日のユーザー注目度が最も人気のあった時の80万人から現在10万人未満に落ちたことを示している。さらに、メディアからの注目も下がりつつある。

より多くの野菜を盗むなどのゲームに夢中になったユーザーが開心網への熱情はだんだん下がってきている。
Alexaの関連データはユーザーのマイクロブログへ移る傾向を反映している。2011年、「新浪微博」(新浪マイクロブログ)のユーザー数とページビューが急上昇し、最近は過去最高数に上って、開心網と人人網を超えている。
百度指数もユーザーが開心網、人人網と新浪マイクロブログに対する注目度は2010年11月に逆転したことを示している。現在、新浪マイクロブログが絶対的な優勢を占め、開心網、人人網は曲線下降中である。

インターネット業界の人によると、開心網の最もユーザーを引き付ける要因は友人リツイートとWebミニゲームである。
しかし、新浪Weiboが強調したメディアのプロパティが発揮された後、ユーザーはWeiboでの情報更新の速度が明らかにより高速で、またより便利であることに気づいて、開心網へのリツイートの優位性がなくなった。

また、テンセントの全体的なオープンプラットフォームのスタートに伴い、中小ソーシャルゲームの開発者にとって、開心網の持つ吸引力が弱くなっている。
ユーザーが野菜を盗んだりする畑ゲーム、駐車場を友人に貸し駐車料金を徴収するゲームなどに対して、既に飽きられているようだ。
しかし、その後に続く吸引力のあるウェブゲームやミニゲームは開発者とともに、大量に他のプラットフォームに移っていった。

中国では、Facebookを模倣する人人網も、ダークホースだった開心網もFacebookのような増殖システムを形成していない。
対照的に、Twitter路線を歩く新浪マイクロブログはプラットフォームをオープンしたり、ユーザーインタラクティブ機能を強化したりすることを通じて、Facebookに近づいている。
「新浪weiboはTwitterとFacebookの間の路線を歩いている。これはSNSよりもっと中国のユーザーに適応する」と新浪のCEO曹国偉が述べたことがある。
テンセントの会長馬化騰も「中国のSNSはマイクロブログである」と考えている。

開心網は、このまま消えるには惜しいサイトである。
どこかの日本企業がこれを買収し、日本のアニメや日本のソーシャルゲームを次々と突っ込むプラットフォームにすればいい。
日本のアニメを無断掲載するyoukuなどを訴えてすべて消去させた上で、一手にここに集めれば、一気に復活するだろうし。

このくらいの大胆な戦略で、日本のネット企業がやっと中国に根付けるか? ってところでは。

7月19日、「新浪微博」(シーナマイクロブログ)の「微遊戯」(マイクロゲーム)プラットフォームと仮想通貨「微幣」が登場し、さらにその機能を向上させた。
現在、この2つの製品はクローズドベータテストの段階である。

「微遊戯」はマイクロブログのユーザーシステムをベースとしたインターネットゲームプラットフォームであり、ゲームと1億人以上の新浪マイクロブログのユーザーをリンクする。
現在のところ、このプラットフォームには6つのミニゲームがある。

シーナマイクロブログの紹介では、「微幣」はマイクロブログによって発行された仮想通貨であり、テンセントのQ幣に似ている。
「微幣」はマイクロブログプラットフォームの様々なバーチャル製品と付加価値サービス(サードパーティの開発者が提供するものを含む)の購入のオンライン決済に使われる。
「微幣」と人民元の交換比率は1:1である。現在のところ、チャージ(購入)の方法は工商銀行、招商銀行を含む多くのネット銀行及び支付宝(Alipay)である。

注意すべきなのは、「微幣」で引き出すことや振り替えることはできないこと。
また、チャージ(購入)が成功したら、払い戻しはできない。

テンセントのQ幣が登場して以来、ネットでの仮想通貨の種類は日増しに増加している。
百度の「百度幣」、盛大の「元宝」、捜狐の「狐幣」、新浪の「U幣」、邊鋒遊戯の「銀子」などが次々と現れている。
今回「微幣」の出現は仮想通貨分野の競争をさらに激化している。
しかし、「微幣」はこの競争に勝てるかどうかはまだ不明である。

少し前の6月16日、シーナマイクロブログは正式にPCクライアントソフトウェア「微博桌面」(weibo[マイクロブログ]デスクトップ)を発表した。

「微博桌面」はシーナが開発したWindows OSに対応するマイクロブログクライアントであり、ユーザーの体験を改善する同時に、マイクロブログの社交性を高めることを目的としている。
このソフトにはマイクロブログの様々な機能が備えており、インタフェースはQQなどIMに非常に似ている。

また、「微博桌面」未来は「応用推薦」機能を提供し、ユーザーにより多くのサードパーティPCクライアントアプリケーションを勧める。

「微博桌面」はマイクロブログの一対一の通信能力を高め、Webバージョンのマイクロブログの機能を補完し、シーナマイクロブログの社交性をさらに強化すると見られている。
また、「微博桌面」将来はテンセントQQとIM市場を争うことになると一部のアナリストは考えている。


インストールタイプのソフトウェアは、WEBベースのサービスに比べて遥かに自由度の高い設計が可能である。
しかし、無料の優れたソフトだとしても、ユーザーのOSにインストールさせるのは結構難しい。しかし、中国においては日本より若干そのハードルが低い感じもする。
かなりムチャクチャなソフトでも、平気でインストールしてある事が多い。どうも日本人に比べてあまり疑いを持たない感じもする。

4月19日、新華微博(マイクロブログ)(http://t.home.news.cn)のベータ版が公開された。
これは新華論壇、新華博客、新華播客(ビデオ共有)、新華拍客和新華收客などのコミュニティサービスの後に続いて、新華網が提供するまた1つの重要なアプリケーションである。

新華マイクロブログは同時に携帯電話WAP版及びIPhoneとAndroid用クライアントが提供されている。
さらに、間もなく普通の携帯電話で利用できるサービスを開始する予定である。携帯ユーザーはSMS、MMSで簡単に新華マイクロブログを投稿することができる。

新華コミュニティの責任者によると、新華マイクロブログの登場によって、新華網はより総合的、全面的にネット情報共有とインタラクティブプラットフォームとなり、国内外のユーザーに新しい体験を提供することができるとしている。

不完全な統計であるが、中国マイクロブログのユーザー数は1億人を超え、また毎月10%以上のスピードで急増しているとされている。

マイクロブログは中国人の特に若いインターネット利用者の情報共有と思想や意見の交流のための新しいプラットフォームになっている状態で、中国のネット企業が続々と参入を続けている。

新浪(シーナ)が発表した財務報告書によると、去年の純売上高が4.026億ドルに達し、前年に比べ12%増。
中広告収入は2.908億ドルに達し、前年に比べ28%増。

また、財務報告書は新浪マイクロブログの登録ユーザー数が1億人を超えたことを示している。4ヶ月前に発表されたデータに比べ倍増している。
新浪マイクロブログのアクティブユーザーの割合はTwitterに相当するが、ユーザーの平均オンライン時間の長さはTwitterを超えている。

新浪はマイクロブログを成長戦略の中核として投資を加速し、業界での主導的な地位を高めることを計画している。

新浪CEO曹国伟によると、今まで新浪マイクロブログは主に口コミでユーザーを増やしてきたが、今年からもっと積極的に大衆市場に、特に2、3級都市に向かって拡大する予定だという。
そのため、宣伝・プロモーション費用を大幅に増加し、より迅速にユーザー数を増やす必要がある。
同時に、新浪マイクロブログは、スタッフ数を増やす予定である。スタッフ数は既に約600人に達したが今年は倍増するという。
また、新浪マイクロブログは広告システム、リアルタイム検索など様々な収益を得る方法を開発しているという。

IResearchコンサルティングが最近発表した報告書によると、中国のマイクロブログのユーザーの規模は急速に上昇している。3月1日から5月23日まででそのユーザー規模の成長率は128.3%に達したという。

しかし、SNSサイトやブログなどの毎週億人以上が利用するものと比較して、大多数のインターネット利用者はまだ自分のマイクロブログを持っていないので、中国でのマイクロブログの普及率はまだ低い状態だ。

中国マイクロブログの市場はまだ初期段階で、ユーザーを引き付けるためにシステムのさらなる改善が必要だとIResearchが述べた。

現在、中国インターネット業界でユーザー数が1万人を超えたマイクロブログのキャリアは20以下だという。4つの主要ポータル、新浪、テンセント、網易と捜狐が次々と市場競争に参加し、さらに奇虎と百度もその中に足を踏み入れた。

iResearchのユーザートラッキングシステムiUserTracker最新のデータによると、中国のマイクロブログのユーザーの大部分のアクセス数、ページビュー数、効果的なページビュー時間はすべてトップ3のマイクロブログのキャリアに集中している。マイクロブログ市場もまた集中の方向に発展している。

しかしながら、中国のマイクロブログはまだ初期段階にあるので、これからも多くのインターネット企業が参加して競争が更に激化するものと予想されている。


出ました。中国の十八番。ネット産業育成黄金パターンが、ツイッターのようなマイクロブログでも! といった感じです。

 

このパターンの特徴は、
1.米国の人気サービスに難癖をつけて中国国内で閲覧できないようにする。GoogleがキレたGFWを使えば簡単です。
2.国内のネット業者が、劣化バージョンのモノマネ品を普及。
※但し著作権管理は甘いので劣化だがユーザーは嬉しい部分もある。百度>Googleよりmp3検索が使いやすい、youku>Youtubeと違って動画の時間制限無しなど。
3.完全に普及したところで、莫大なユーザー数と中国投資熱を武器にオリジナルを買収したりする。

 

このパターンで育成された百度やYouku等、中国の主要ネット産業に続いて、この分野では一体誰が勝者となるのか? 非常に興味深いところです。
日本がこれやったら、即座にスーパー301とか発動されそうですが。。
つくづくこの問題って政治問題ではなく経済問題だと思います。まあ、日本には中国がマネしたくなるようなネットサービスは無いですからあまり関係は無さそうですが。
日本もネットサービスは米国のモノマネが殆どですし。本家が存在(アク禁じゃない)しているのが中国と違う点ですね。

中国のネットビジネスは、今後もアメリカなど海外発の人気サービスが中国国内でアク禁食らったらそれをコピるというのが黄金パターンになりそうです。
中国のネット会社経営者はいいな。モデルは単純だし中国投資熱で資金も潤沢だし。

3月23日、新浪網のCEO曹国偉は、新浪のマイクロブログ「新浪微博」の発展について、現在、35%のアクセスは携帯電話から来ていると表明した。

「新浪微博」のユーザーはすでに500万人に達していて、すでに携帯電話のユーザーはとても多いという。

通勤時間帯と夜11時以降はユーザーの訪問数が一番多い時です。

多くのニュースや事件がマイクロブログで広がる傾向を示す中、このコンテンツは未来のメディアに巨大な影響を与えると曹国偉は考えている。

曹国偉によると、新浪網はニュースからブログとマイクロブログまで、3つの異なっている発展の機会があったという。

新浪は最初にブログのサービスを導入したのではないが、社会での影響力と規模の優位を利用して、知名度を拡大した。

新浪ブログもインターネット利用者に大きく影響を与えている。

多くの人がブログを書いたため、サイトの価値が非常に増加したという。

新浪の次の戦略は、SNSとマイクロブログを結合して、関連広告をブログに置くものだという。


携帯電話の表示画面や回線スピードの制約を考えた時、一般的なブログよりも、マイクロブログと携帯電話の親和性は遥かに高いといえるだろう。

中国の場合、都市部で多少3Gが普及を始めたといってもGPRS等が主流で、回線スピードの点からもマイクロブログと結合は正しい選択だと思われる。

SNSとの結合によって、より効果が発揮されるのではないだろうか。

ある意味単純なコンテンツ(ツイッタークローン)が、中国の携帯電話インターネットサービス普及の導火線となる可能性を秘めているのだ。

※マイクロブログ:ツイッターのようなもの。

騰訊(テンセント)は今月末にマイクロブログ運営を始める予定とのこと。

「騰訊(Tencent)」のマイクロブログ「騰訊微博」、「新浪(Sina)」のマイクロブログ「新浪微博」、「網易(Netease)」のマイクロブログ「網易微博」、「搜狐(Sohu)」のマイクロブログ「搜狐微博」等など中国語のマイクロブログが多数出現することになる。


中国の各大手ポータルサイト次々にマイクロブログを開発することで、Web2.0の人気がある製品として2010年にはマイクロブログも各ポータルサイトの不可欠な一部になると予想されている。

以前中国に進出しようとするツイッターの話題を掲載したが、彼らが来る前に、中国市場は似たようなサービスで埋め尽くされることになりそうだ。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)