中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国の広告 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

東方明珠近くの正大広場にて、ギャラクシーノートの販促をやっていた。

韓国と言ったらこんな感じなのは、中国でも同じ。

中国版セグウェイ? サムスンは中国でも大々的に宣伝をしていて、地下鉄でもよく広告を見かけます。

11月7日、「利民時代(北京)医薬信息諮詢有限責任公司」という医療広告代理会社は、独占地位を利用した不正競争を理由として百度を起訴することを発表した。

更に、この会社は百度の不公平な広告システムを非難した。
紹介によると、国の医療広告に対する規制のため、従来のメディアでの広告配信は困難なので、どんどん検索エンジンのキーワード広告配信に頼るようになった。
一方、百度はその独占的な地位を利用して、「鳳巣(Phenix Nest)」というPaid Listing広告システムを導入した。
価格の不透明のため、百度のキーワードのクリック費用はますます高くなって、巨額な広告費は消費者に押しつけられているという。

また、この医療広告代理会社の総経理黄暁勝によると、同社は既に5年間で百度の医療検索広告の代行サービスを提供し、60以上の病院の百度でのPaid Listing広告業務を代行した。
百度のPaid Listing医療広告のために累計約2億元を投入したが、百度からもらった領収書は広告費としてではなく、技術サービス料として発行されたものである。
広告費の税率は8.5%で、技術サービス料の税率は5.5%である。そのため、百度の行為は脱税の疑いがあると語っている。
また、百度には多くの違法な虚偽広告が存在する。百度は広告費の領収書を発行しないのは関連広告規制を回避するためでもあると疑われている。
そのため、同社は工商、税務機関などの部門に百度の違法行為を告発して、関連部門にPaid Listingを広告の規制範囲に入れることを要求するつもりだという語った。

百度側の見解では、最近百度は規定に違反した医療プロモーション企業の取り締まりを強化したという。
この医療広告代理店は取り締まり規定に違反した会社の1つなので、百度は既に工商、衛生、公安などの関連部門に届け出たという。
そのため、上記の会社今回の行動は百度に対する報復行為だと思われるとしている。
また、百度の経営行為は国家の法律や規制を守った行為で、発行した技術サービス料の領収書も適法だと百度が述べた。

ユニクロの中国展開プロモーションは、よく記事で取り上げているyouku.comやkaixin001.comなどのサイトを使って行われている。 80後世代に人気のサイトを使ってのプロモーションというわけですね。

日本企業が大々的に行っているネットキャンぺーンとしては、初めてかもしれません。

开心网(開心網)
http://www.kaixin001.com/uniqlo#snews

优酷网(優酷網)

この南京西路の巨大なユニクロ店が5月にオープンするので、それに向けて色々とやっているみたいです。

 


大きな地図で見る

場所はこのあたり。

テレビと新聞を越えて、中国では去年インターネット広告の成長率が首位になったという。その中でもインターネットビデオ広告は最も注目されているという。

2010年04月14日、中国のマスコミ大学の広告主(スポンサー)研究所の所長杜国清は中国国際マーケティングコミュニケーション大会(Marcom Beijing 2010)の記者会見で研究報告書を公表した。この研究報告書から読み取れるひとつの典型的な変化は、伝統的なメディア形式より企業が新しいメディアを選択する傾向がますます顕著になっていることである。

これは企業の戦略的な選択だと杜国清は言う。ずっとスポンサー(会社)の研究を行った彼女のビューでは、新しいメディアで広告をしたり高品質の新聞やテレビを選んだり、今、国内企業が広告に対する行為はますます熟している。

中国広告主(スポンサー)協会の会長段瑞春が大会で発表した1組のデータからみると、インターネットは2009年5000万の広告市場で5%〜10%のみであったが、成長率は、32%-35%に達しすでに伝統のテレビと新聞の2強を越えた。インターネット広告は中国市場では、広告成長率の第1位のメディア形式になっている。

2009年、中国は世界第2位の広告市場になった。市場の平均成長率は約10%で、2015年に広告の総額は540億ドルに達すると予測されている。

杜国清は、2009年業界の典型的な広告実例として、“中糧悦活”という会社と“开心網”とのコレバレーション(SNS“开心網”の農場で果物を植えて果汁を搾ってなどの活動を通じて、マーケティングを行う)を上げた。“开心網”の仮想世界では、半月で40万人のインターネットユーザーが果物を植えることに参加して、総計で7000万~8000万の人々が果汁を搾る活動に参加した。そして、現実の世界で、“中糧悦活”1ヶ月の売上高は30%上がったという。

CNNICが近日発表した《2009年中国インターネット利用者のインターネットビデオ使用の研究報告》によると、2009年末まで中国インターネットビデオのユーザー規模は2.4億人に達した。その中、約4000万人のユーザーはインターネットの上でビデオを見るだけでテレビを視聴せず、インターネット動画が囲い込んだユーザーとなった。中国のオンラインビデオ広告市場は今後3〜4年で10億〜15億ドルの規模にまで成長する見込みがあると予想されている。


SNS“开心網”については、何度もこのコラムで取り上げているが、筆者もこの果汁搾りをやったクチである。かといって、実際“中糧悦活”を買ったかといえば、また別だが。日本ではゲームと実体商品を絡めたマーケティングはたくさんあって、古くは任天堂と永谷園がこういったことを行っている。

テレビ等の従来メディアが堅苦しいイメージがある中国の人々にとって、インターネットは比較的自由で肩の張らないメディアなのかもしれない。確かに湖南テレビのように肩の張らないバラエティで伸びているTV局もあるが、インターネット利便性や自由度にくらべれるといまひとつかもしれない。

最近、元、中国CCTV番組の司会者の王利芬は中央テレビ局から辞職して創業した。

彼女が創立した動画サイト“優米網”(umiwi.com)は3月17日に正式に運営を開始した。

彼女はこのサイトで“有名人の時間のオークション”と言うコラムを出した。

今、この“オークション”コラムは多くのインターネット利用者の関心を集めている。

最初に自分の時間を“売る”有名人は、巨人集団のCEO史玉柱です。

今回のオークションは史玉柱と3時間対話する機会です。

史玉柱は“優米網”のビデオで、オークションの落札者と創業経験について交流すると発表した。

“史玉柱3時間”のオークションの期限は、2010年3月15日から6月15日まで。

オークションは始まったばかりが、昨日時点の競売価格は午前10時半の45,600元から午後3時半の66,666元に達した。

“有名人の時間のオークション”のアイデアは、「株の神」バフェット氏の昼食権のオークションから生まれたと王利芬が説明した。

でも、“バフェットの昼食”との違いは、“優米網”のオークションに参加する有名人は決まってはいないことです。

インターネットの利用者たち自分で入札することができる。

このオークションは今インターネットで話題になっている。

競売の時間が長過ぎとか、価格が高過ぎとかいろいろコメントがある。

オークションの目的はお金ではない、人気を集めることだと考えてる人もいる。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)