中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国ビジネス の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

皆が貧乏なんだから、給料は安くていいだろということだし、貧乏なんだから社会保障もこんなもん。
それが、アベノミクスの本質だといえる。

世界に通用する技術が日本には沢山あるので技術大国というのは間違っていない。
しかし、昔より他国との技術力の差は小さくなっているので、その価値は落ちている。それにも関わらず高齢化でコスト高になっているから、高く売るしかない。
だから売れなかった。

これに対応する方法は2つあって、
①技術革新によって他国との差を広げる方法。
②皆で貧乏になり、国のコストを下げる方法。

アベノミクス以前は、貧乏になるのは困るし、技術立国なのだから、①で頑張ると気張っていたが、そんなに素晴らしい技術がホイホイ出るわけもなく、
皆が皆高度な能力を持つ人ばかりじゃないのだから、この方針は最初から無理ゲーに近いものだった。
結局失敗しまくりで、いよいよより現実的な②の方法を選択せざる得なくなり、日本を発展途上国に戻す計画=アベノミクスが発動した。

アベノミクスは皆で貧乏になる計画なので、当然給料は下がるし(見かけ上の額は増えるかもしれないけど)、日本人からすると物価も上がる。
給料が下がり、余計な物を買わないのであるならば、当然国の全体のコストは下がるわけで、日本に競争力が戻ってくる。
日本人は今、世界の特権階級からの叩き落されつつあるけど、適正なコストになれば日本の産業はまだまだ競争力があるので身の丈に合った生活を致しなさいということなのでしょう。
アベノミクスをやらないよりは、やった方がまだ上位の部分で留まれる可能性があるわけで、そこにアベノミクスの価値があるのだと思います。

全世界の年収ランキングを調べるサイトによれば、
http://www.globalrichlist.com/
たとえ、年収168万円(平成24年 非正規雇用の場合)でも、世界からみると上位7.96%に入るそうです。
まだまだ落ちる余地があるのかもしれません。

こういう計画なのだから、一般的には、今後もアベノミクスで給料は上がらないし、暮らしも今より良くなるわけはない。
もちろん、どこの国の人でも個々の個人には勝てる可能性が残されているわけですが、日本人であれば誰もがそれなりに勝てる時代は終わっていて、今までは豊かさで隠されていた厳しい現実がすぐ隣まで忍び寄ってきているわけです。

この前提条件の元に、中国ビジネスも考える必要がある時代になったのだと思います。

上海の南京東路を歩いていると、ボール(主にブタ形)のようなものを地面に投げつけるとペタって潰れたあと徐々に元の形に復元するオモチャが売られているのを見かけます。
露店でも実演をみると、よくあそこまで潰れて復元するものだと、少し印象に残ります。
http://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.65.AVpg90&id=19132327831

これは中国の観光地ではおなじみの光景で、特に珍しくはないのですが、ギリシャやイタリアでもこれとまったく同じ光景が繰り広げられておりました。
世界に広がる中国露店ネットワークというわけですが、ターゲットは増加する中国人観光客ではなく、現地人や欧米からの旅行者のようです。
中国で数元で買えるものを2ユーロで販売しているので、売り子は誰も「ニーハオ」と声をかけてくることはありませんし中国人は誰も立ち止まりません。

世界的な露天商といえば、ユダヤ人旅行者のアクセサリー露店がありますが、この中国由来の玩具を売っている露天商は中国人ではなかったです。
ロマ人? などが販売しているので、中国側は販売を彼らに外注しているように見受けられます。
中国人はビザの問題でヨーロッパに入りにくいので、小売部分は外注せざる得なかったということなのかもしれません。

しかし、その手法はまさしく中国のそれで、完全にノウハウが引き継がれている様子が見受けられます。
まず、観光地の地べたに胡坐をかいて座り、下にシートを引いてそこにこのオモチャを叩きつけて実演するというものです。
この実演販売をするのが販売のコツなのでしょう。EUだからといって店舗に卸して売るということもしていません。
ギリシャの島々は、何度もこの露店を何度も見かけたので、ますます海南島感が強まりました。
もちろん、イタリアでもたくさん見かけました。

それにしても、筆者の場合、このオモチャを見ても変わった物だと思うものの何も思い浮かばなかったですが、
中国発のこの商売を経済危機で困窮する現地人に教えて、商品を流して大儲けしている商才のある中国人も間違いなく存在するわけです。

ヨーロッパ以外の北米や南米なんかでも、やっているのだろうか?
もしそうなら、この露天商ビジネスモデルは、グル―ポンのように世界同時展開しているのだから大したものです。

ちなみに、このオモチャの名称は「发泄球=ストレス発散球」というそうです。

また春秋に乗ってしまった。中国国内線を含めもう40回は乗っただろうか。昨日も浦東から茨城空港へ到着したところである。

格安航空会社だから価格が安いのは当たり前であるが、それ以外の利点は何であろうか?
筆者にとって、価格の他にも実は明確な利点があるのである。
別に価格だけで乗っているというわけでもない。
もちろん、席は狭い。機内食は当然ないし水すら出ないのだが。

1.浦東・茨城便でいえば、まず茨城空港は非常に空いている空港なので、離陸まで待たされることはまずない。
浦東空港や成田空港などの混雑している空港なら乗りこんでから飛び立つまでにかなり待たされる場合もあるが茨城なら安心である。

2.茨城空港に着陸する場合も速い。
滑走路が混んでいると暫く飛んでいる場合があるが、茨城空港の場合はすんなり着陸可能で空の上で待たされることがない。
1、2は茨城空港を含めた地方空港の利点のような気もするが。春秋は地方空港にしか来ないので。

3.機内体操で健康に
良くわからない体操で健康になれます。

4.片道切符をインターネットで購入できる。
通常の航空会社とか旅行会社であれば、なぜか片道切符だけはネットで買えないとかの制限があるのだが、春秋の場合片道もネットで購入可能である。

5.片道切符の価格が、そのまま往復の半額。
通常の航空会社だと片道切符は高額で、往復とあまり変わらない価格で売りつけられたりするのだが、春秋航空は片道単位になっているので、片道だからと言って価格に差があることはない。
4、5は重要な点である。


というわけで、春秋航空 価格以外の良い点でした。でも、茨城空港遠い。
せめて、空港バスが飛行機の到着に合わせて発車すればいいのに。路線バスだから無理かもしれないが。

一昨日、上場企業の創業メンバーでMBAホルダーの方と、上海の某ラーメンパークに行って来た。
当日、店内は子供の遊び場と化し、ガキがよろこんで走り回っている。
店員はやる気が無さそうに談笑をしていて、客の姿はまばらだった。

複数のラーメン屋が一か所に集まっているので、その一店舗を選択して食べることになる。
筆者は何回か通っているし、うまい店を日本の食べログなどで検索してあるので、来る前から食べる店を決めていた。

「どうです、結構うまいでしょ?」と筆者が聞いたところ、日本に迫る味でかなり美味しいと答えていた。
その間も、子供たちが、ギャーとかワ―とか言って走り回っている。
1フロアがすべてラーメンパークになっているのでだだっ広い。しかも客がほとんどいないのだから子供が走り回るのには最適な空間のようだ。
たしかに、装飾とかもちょっと子供の遊び場っぽいかもしれないと、筆者も気がついた。

彼は「しかし、ここ旨いのに客がすくないね」と話すと、ここにはあまりマーケティングが無いんじゃないのか? と言っていた。

そして、場所が良くないのでは? という話になった。

先ず、場所について、この場所は人は多いけど観光客が殆どでおそらくは2度とはこない。
しかも、日本人も殆ど住んでいない。上海現地の人にしてみれば、浅草雷門みたいな場所である。
関東の人が雷門に何度も行かないように、上海人も人がゴミゴミしているので行きたくない。
そこに沢山の人が居たとしても、見かけ倒しである。
従って、リピーターは期待できない。

次に、値段が高い割には、特に日本ぽくないし、なにか大食堂みたいな感じで少し店内の施設やサービスのレベルが低い。
たしかに、サービスなんかはマクドナルドのような感じである。

最後に、味の話で、店に当たりと外れがあり、外れの店のラーメンを食べてしまえばもう来ないわけで、実力が伯仲していないなら、バラバラに出店した方がマシなんじゃないのと。
たしかに、うまい店と今一つの店があり、不味い店に入った客は隣にうまいラーメンがあったとしても2度とはこない。
間違って食わないように、マズイ店は閉店していたほうがマシなわけで。筆者も間違えました。

という理由で、子供の遊び場と化しているわけではないかと、推測をされていた。
現在は、商品が良く(味の良い店はある)ても、それを必要とする人に届ける工夫がないのだと。

ソリューション
1.中国人相手なら、他の店はどうでもいいから旨い店の辛いみそラーメンを前面に押し立て、単独でもうすこし上海人が集まる場所に出店した方がいい。実際このラーメンは知合いの中国人も旨いといっていた。
2.日本人相手なら、これも旨い店単独で、つけ麺を主体にて古北に出店すればいい。カラオケ屋の隣とかが最高。カルフール近くとかどうでしょう。
3.団体で戦うなら、個々の店のレベルに差がありすぎると問題がある。筆者的には、不味い店をらーめん二郎、青島食堂、大勝件とかに入れかえてほしい。
青島食堂のラーメン。。昔秋葉原にあった「ラーメンいすゞ」レベルなら最高ですが。

とまあ、こんな勝手な事ばかりラーメン食べながら話していたような。

このインフレに際し、外食の価格は上がっているものの押さえている方なのかもしれない。

しかし、どんどん具が減ってきているのだが。

良く行くレストラン。
1年前は肉が多かった。そのうちキノコが追加されその分肉が減った。最後には玉ねぎが加えられ、さらに肉が消えた。

日本のポテトチップスとかも同じやり方だが、そのスピードがメチャクチャ速い。

こうなると、もう違う料理なのではないだろうか。肉炒めではなく、もはや玉ねぎ炒めだろう。

肉の無い野菜炒めみたいな奴は、当たり前だが、それほど減らない。

初めて日本に来た中国の人を案内するために、20年ぶりくらいにディズニーランドを訪れた。
看板にも中国語の表示がある。昔は無かったので時代を感じる。
それなりに興味は持って頂けたようで、感想は香港よりは広いとか、なかなかキレイだとか、
流れる中国語の発音が良いとか悪いとか。ちなみに、スモールワールドの中国語の発音はあまり良くないとのこと。恐らく日本人がやっていると言っていた。

概ね満足そうなので、ホッとしていたのですが最後にヤラれました。

それは夜のパレードの時。
女性キャストが、ここでは立ち見ですが見れますよとの事で、その場所に案内された。
確かに、日本人である筆者にもそう聞こえたし、案内をした中国人のレベルも日本語一級なので聞き間違いは無いはずだ。
さらに園内放送でも、3列目以降は立ち見ですと仕切りに放送していたのを覚えている。

で、その通りにしていた訳だが、パレードが来る段になって、今度は別の男性キャストが5列目ぐらいまで下がれと言って来た。
理由を聞いてみると3列目で座ってビデオ撮影しているオッサンが文句を言っているためだという。

この時点で、知り合いの中国人は、まず我々スタッフが案内したのだからここに居るのだという話をして、さらに放送で何度も3列目と言っていたではないかと、日本語で言った。
つまり、注意すべきは、3列目に座っているオッサンの方で我々ではないと言う内容だ。
しかも、そのキャストは、座っているオッサンが文句言ったから、我々に話掛けて来たようで一方的にこちらが悪いという感じであった。
実際、キャスト自身がそのオッサンが凄く怒っていると言っていた。

では、逆に、こちら側が凄く怒ったら、今度はそのオッサンにキャストは声掛けをするのだろうか?
理屈では、ランド側が3列目は立って見ろとアナウンスしている以上、こちらが正しいはずである。
ということで、怒ってみた。
すると、もう知らないとかいって、その男性キャストは居なくなった。無責任だなー。

「日本人は規則を守る民族のはずなのに、規則を守らず3列目で座ってビデオ撮影をしているオッサンが怒っているからといって、事なかれでこちら側に声をかけてくるとはどういうことだ!」
と、最後に私が怒られた。
どうも、このオッサンのおかげでTDLではあまり良い印象は残せなかったようだ。インバウンドマーケティング失敗。

案内した中国の人も相当腹が立ったようでパレードを少し見ると帰るといってランドを出て行ってしまったので、お台場まで案内するハメになった。
取りあえず、実物大ガンダムはカッコイイと言っていました。

筆者が思ったのは3列目を立ち見という事を案内するのならば、それを徹底してほしいというものだ。
中国の人も、パレードが来る段になって、座って見ている奴が怒っているからといって「どけ」と言われるのは、理屈が合わないとしきりに怒っていた。
今や日本人ばかりが観光客であるまい。日本人的「なあなあ」とか「事なかれ」が効かない相手も居るわけなのだから。

ちょっとしたことで、中国のQQブログやらWeibo、人人網にも、東京ディズニーランドの悪い印象がアップされてしまう。
夢と魔法の国どころか、「なあなあ」&「事なかれ」の国と認識されているようだった。
これこそディープな日本を体験できたと言えるのかもしれないが、さすがに次来る気にはならないだろうなあ。

■追記:
全く逆のことを言われる場合もあるようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1227757097

原発事故で落ち込んだ外国人観光客を取り戻す為ということだ。
これで来日した人にはネットで書込みをしてもらい、口コミ効果を狙うのだという。

主たるターゲットは中国だろう。原発事故以降、パックの単価が下落している。
そこで、日本は以前と変わらず安全・安心だと宣伝したいのだろうけど。
こういったものは、税金ではなく観光業不信の原因である東京電力が率先して行うべきであろう。

ちなみに、原発事故による観光産業の損失って東京電力は払うのか?

取りあえず、筆者の知り合いには応募しとけって言っておく。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111009-OYT1T00814.htm

今回の記事はこんな方法もあると言う紹介記事で、しかも社債を人民元建てで発行したい会社という、かなり限定された方に向けたものです。
そしてまた、日本では資金調達がやりにくいので香港でどうでしょう? と言うお話です。

中国国内で事業を行う為には当然、人民元が必要になります。
しかし、中国では金融引き締め政策により銀行の貸出金利が上昇しているため、銀行では低金利で資金調達することができません。
そこで、比較的低金利で資金調達が可能な元建て社債に注目が集まっています。
また、人民元の切り上げ期待も大きいので、元建て社債の買い手は比較的多いという状態も有利な点です。

2011年9月30日の日経新聞によれば、人民元建て社債の発行額は、すでにユーロ建てを抜いているという話です。
中国ビジネス、逐次投入で攻めていても埒が明かないという場合は、このような手段も検討に値するのではないでしょうか?


今回は、このように最近注目されている元建て社債を、実際に発行しませんか? というお知らせです。
対象は基本的に上場会社、未上場の場合は親会社または銀行の担保などが必要です。


発行実績は次の通りで、もちろん金利以外に証券会社に支払う発行手数料が必要です。

日本企業の実績
1.2011年9月 三井住友リース 2-3億元、2.5%-3%、期間2/3年
2.2011年4月 東京センチュリーリース 2億元 2.7%、期間3年
3.2011年3月 オリックス 4億元、2%、期間3年
 
その他の国の実績
1.2011年9月 英国・BP石油 7億元、1.7%、期間3年
2.2011年9月 韓国・韓国産業銀行 1.21億元、1.35%、期間1年
3.2011年5月 ドイツ・フォルクスワーゲン 15億元、2.15%、期間5年
 
などです。
このほかの実績としては、中国本土の企業が多数あり、その中でも国家財政部は今年8月200億元を調達しています。

もし資金調達のために、人民元建て社債の発行について検討をしてみたいと言う企業担当者の方は是非、第一歩として、以下のURLからお問い合わせください。
https://chinese-homepage.com/modules/inquirysp/

協力会社を通じて具体的なご提案を致します。

ちなみに、社債を売ると言う話ではありません。

2700万の在庫を200億円以上の在庫に見せかけるってすごいと言うか。
日本の弁護士も中国の事なんかよくわからないのかな? 謎だ。
どうも良くわからん。

http://www.data-max.co.jp/2011/10/03/post_16351_dm1913.html
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE111003184400500261.shtml
 

情報によると、中国では将来、宅配便を使う場合に実名制が実施されるという。
しかし、宅配便の実名制はコストを増やし、業務量を減らす恐れがあると宅配便企業が心配している。
また、消費者にとってもプライバシーの漏えいが心配される。
まだ明確なスケジュールがないが、全国への普及はやらざるを得ないと業界の専門家が述べた。

宅配便の実名制が実施されると、差出人が荷物を送る場合身分証を呈示する必要がある。
宅配便会社のスタッフは荷物の物品を確認するだけでなく、これらの情報をコンピュータに入力する必要がある。
また、受取人が荷物を受け取るにも身分証を呈示しなければならない。
紹興県内25社の宅配便会社はこの実名制を1年間実験した。

一部の宅配便会社によると実名制の実施は宅配便の安全を保障することができるが、配達のプロセスを複雑にするので効率の低下と売上高の減少に繋がる。
既に利益が少ない宅配便業界にとって、将来は売上の減少と労働コストの上昇の二重の打撃に直面することになる。

また、実名制にしたとしても規則に忠実な宅配便会社は、顧客に対して身分証の呈示を要求するため顧客を失うことも多いと思われる。
逆に規則を守らない会社の方がより多くの顧客を獲得出来るのではないかという予測もある。

宅配便のスタッフほど、様々な家に出入りすることが出来る人々は居ないだろう。
これは日本でも中国でも同じだ。
彼らが国民総背番号制の身分証明書を確認するとしたら、当局はほぼリアルタイムでとても正確な人口動態を把握することができるといえるだろう。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)