中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国ビジネス の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

株式市場の変動を利用して、いくつかの不法業者は株投資家独特の利益を求める心理を利用して様々な手段で株投資家の情報を盗んでいるという。そして、盗んだ情報を利用して、電話でインサイダー情報の提供や株式推薦を提供するなどの手法で詐欺を行うという。

近頃、福州、青島、西安、ハルビンなどの場所からの嫌がらせ電話がよくあると広州の株投資家の王さんは述べた。これらの電話の内容は、大体株の仕手に関する話だという。調査によると多くの投資家が似たようなことを経験したことがある。

しかし、これらの投資家の情報はどこから獲得したものか? もともと厳格に秘密にするべきな情報が流出した理由は何か?

インターネットで検索すると、株投資家の情報が商品となっていることがわかる。様々な株投資家の資料を販売する情報はすでにインターネットで氾濫しているのだ。一人の株投資家情報の売価は1角(0.1元)ぐらいだという。

業界のアナリストの分析によると、多くの投資家、特に初心者の株投資家はコンピュータのアンチウィルスの知識が不足しているためコンピュータにウィルスが侵入した状態で操作を行なって情報が盗み取られている可能性が高いという。

さらに、最も可能性が高い情報流出ルートとしては証券会社だと見られている。証券会社内部のアカウント情報がコピーされ外部に持ち出された可能性があるという。

情報によると、現在、専門に株投資家の情報の収集、売買などの活動に従事する名簿会社がある。株投資家は1つのルートから自分の情報が公開されてしまったら、関連情報は取引や交換を通じて多くの会社や詐欺グループに公開される可能性があるという。


まあ、流出元はウイルスというより、証券会社でしょう。

歩合制の営業が多そうだし、不動産会社と同じ理屈で一度ある場所に電話をすると、聞いたこともない会社から電話が次々とかかってくるのと同じ理屈ではないだろうか。

「黑猫宅急便」が中国大陸に進出したのが報道されたのは、今年の一月ごろだ。
http://news.qq.com/a/20100118/002662.htm

その後、上海で全く見かけなかったので、一体どこにあるのだろうと思っていたが、浦東の竜陽路近くで見かけた。
日本にも良くあるタイプの営業所で、中にはカゴ台車などが置いてあったが、あまり流行っている感じはしない。

ちなみに、「宅急便」やら「黑猫宅急便」で検索をかけると、偽物? が表示させる。
http://www.zjbky.com/
ドメイン所持者をしらべてみると、中国人らしいのでやはりニセものか。
それと、台湾のクロネコ宅急便のサイトが上にでる。中国用ホームページは用意されていないのかもしれない。

と、思ったら
http://sh.cn.ta-q-bin.com/
これが有ったので、これが本物だろう。名前は「大和」ではなく「雅玛多(中国)运输有限公司」。「雅玛多」はピンインが「ya ma duo」で音はヤマトとなる。
ホームページに黒猫の文字がないのは、商標のトラブルか、偽物が多すぎのためであろうか?

一つ言えることは、ホームページタイトルが「雅玛多(中国)」のみなので、これを検索で見つけるのは結構面倒だろうということである。もう少しキーワードを設定するほうが良いと思う。少なくても、「快递公司」とでも入れたらいいのに。SEOとかは全く考えないようなつくりである。

sh.cn.ta-q-bin.comというドメインは、日本人には理解できても、中国人にとっては、宅急便「zhai ji bian」なので普通に分かりにくいと思う。
sh.cn.ta-q-bin.comドメインをwhoisで調べると所持者は確かに日本のヤマトなので、本物に間違いないのだが。なぜこんなドメインにしたのかは謎である。

ICPライセンスは無いので、中国外のサーバであろうか? 筆者が調べてみるとやはり日本のサーバでした。

この業界、すでにサルマークの業者やら、沢山の業者があってかなり激戦ですが、どうなんでしょうか。

5月15日にユニクロの旗艦店がオープンしたそうなので、さっそく行ってみました。

世界最大だそうです。

確かにでかいですが。

結構人も入っていました。

何故世界一大きい店かといえば、この店の店内でそうアナウンスしていたからです。筆者は特にユニクロには詳しくないので、良くは知らないのですが、まあ彼ら自身がそういうなら、この店がユニクロの最大の店舗なんでしょう。

中国人が大好きな88という数字である88元商品がたくさん並んでいて、結構人が入っていましたね。

南京西路駅は地下鉄2号線なのですが、このビルは駅ビルみたいなものです。駅の広告もユニクロ一色に近いのですが、一部ライバルであるH&Mの広告があったりします。

どうも、すべての駅の広告の取得には失敗したようです。

先日、荣格中国(Ringier)(www.ringier.cn)は“新女性·新营销(NEW WOMEN NEW MARKETING)”2010年メディアとマーケティング会議を開催した。

会議の内容によると、中国オンラインショッピングの取引規模とユーザー数は急速に成長していて、中国の内需拡大に貢献しているという。2009年、中国のオンラインショッピング市場の取引規模は2647.5億元に達して、ユーザーは1億人を突破した。特に中国女性の社会的役割と消費習慣が急速に変化していて、“80年代後世代”の若い女性は主要な消費者グループになっている。

有名なインターネット調査会社iResearchコンサルティング研究所のデータによると、去年オンラインショッピング回数が40回以上ユーザーは13.5を%占めているがこれは2008年の14.4には及ばなかった。しかし、11~40回までのユーザーが軒並み数を増やしている。また、金額ベースでも501~20000元程度を購入するユーザーも増加している。

オンラインショッピング商品最も売れている商品は、服装、靴、帽子、箱やバッグなどで、その購入者の54%が女性だという。

2009年、中国のオンラインショッピング売れたものの割合

服装、靴、帽子、箱、バッグ類 35.0%
図書、CDとDVD類 15.2%
仮定カード 10.5%
化粧品および看護製品類 8.0%
IT製品類 6.1%
家庭雑貨類 5.3%
デジタル製品類 4.1%
通信製品類 3.4%
贈り物、おもちゃ類 3.0%
母子用品類 2.5%
食品、ヘルスケア製品類 2.4%
小型家電製品 2.2%
宝石付属品 1.1%
大型家電製品 0.4%
その他 0.7%

多くの日本企業取るがヒットアンドアウェイ戦略に対し、ユニクロは一度失敗しての再進出のためか、「ガンガン行こうぜ」とばかりに、全力で勝負している。

上海の有名どこのショッピングモールにはすべてユニクロがあるし、北京も同様で、北京の六本木と言われる三里屯にもある。上海の東方明珠の目の前の正大広場にもある。凄まじい展開力で拡大を続けるユニクロだが、今回南京西路に中国の旗艦店をオープンするという。

南京西路は上海の高級ショッピング街で伊勢丹などもあるのだが、ユニクロの開店告知の広告が一際目を引く状態になっている。上海地下鉄2号線の南京西路駅から徒歩0分のところに、ユニクロだけのビルを作っていて、ユニクロの集中爆撃とった感じだ。

この色々な人物にが登場する広告、日本でもやっていましたよね。

ガンガン行こうぜといっても、やはりオーナー社長じゃないと決断が難しいのかもしれないけれど、確実にユニクロの認知度は中国人に浸透しているようだ。日本でユニクロが落ち込んだと言う記事をよんだが、今後の成長市場、中国で確固たる地位を確立できるか、まさに勝負をしているところなのでは。

最後に、中国のユニクロサイト。タオバオというショッピングモールフレームワークのみに頼るのではなく、確実に自社ドメインに経験値を積ませる戦略を取っているようです。筆者もこのやり方が現状では良いやり方だと思います。

“如家快捷酒店”(ホームイン チェーンホテル)のCEO孫堅は、現在中国のチェーンホテル業界はまだ発展の初期段階で、将来の方向性は急拡大する観光レジャー市場だと述べた。 

ホームインは、2010年に約200軒の新しい店を展開する計画だという。しかし、新年から今まで、開業した新しい店はまだ34軒とそのペースは遅いが、これは、想定の範囲内と孫堅は語る。
通常、新しい店を開業するのは主に3、4四半期に集中しているので、孫堅は200軒の目標を達成することに自信があるという。

去年は145店の出店に留まったが、リーマンショックの影響からV字回復した状況下では全く問題がないのであろう。

彼は、これからスピードを加速して、北京や上海等の1級都市ではなく2級、3級の都市に集中出店を行う予定だと語った。

1級都市では、すでにこれらのリーズナブルなホテルは多数展開されており、今後の主戦場は2級都市が60%を占め、3級都市が25%を占めると予測しているようだ。

競争相手は100元ルーム等のプロモーションを行っているが、このホームインは逆に3星、4星クラスのサービスを提供する高級化戦略を進めているという。

未来においては、中国でもビジネスホテルが標準となり、3星クラスのホテルも将来的には業態転換強いられるだろう。何故ならば現在の中国のホテルは「高級」と自称するところは多いがサービスは悪くブランド力も低く規模も資金力も小さいからだ。

したがって、チェーンホテルには大きなチャンスがあるという。ホームインはこれらの3、4星クラスの競争相手と十分に戦えると踏んで高級化戦略を進めているのだ。

現在、ホームイン部屋の満室率は90%以上を誇っているという。


中国のホテルにもビジネスホテルから高級ホテルまでいろいろとあり、さらにデザインに凝ったホテルまで登場している。

昔日本の地方のホテルがビジネスホテルに置き換わったように、リーズナブルな価格でサービスが良いホテルが今後は増えそうである。

アパレル輸入販売のU.F.O.(大阪市中央区)は26日、大阪地裁に民事再生法の
適用を申請し、保全命令を受けた。帝国データバンクによると、負債総額はグループ
会社の保証債務を含めて約360億円。

同社は中国・上海、北京に複数のグループ拠点を有し、アパレル製品・雑貨の企画
・製造や、相手先ブランドによる生産(OEM)事業を展開。また、谷絹子社長の
中国ビジネスの経験とノウハウを生かし、中国ビジネスのサポートも行っていた。

2003年7月期に約228億5000万円だった売上高は、2007年7月期に
約537億8200万円、2009年7月期には約895億4800万円へと
急速に拡大。ただ、中国現地法人の設備投資資金を有利子負債でまかなってきた
ことから、金利負担が収益を圧迫し、今年1月には債権者の金融機関から大阪地裁に
破産を申し立てられていた。

U.F.O. http://www.ufo-j.co.jp/

ちょっと古い情報ですが、幻冬舎から本を出していた中国ビジネスでは有名な社長ですよね。

この記事が目にとまったので、掲載しました。

去年から週刊文春などを騒がせていました。

特別なコネがあったのだと思うが、銀行はまともに査定をしているのか? 疑問です。

アパレルとか雑貨(繊維業界)って、軽工業の中国進出という、最も古いパターンに属する中国ビジネスと言えます。広東あたりには大規模な工場も沢山ありますし。

そこに、360億円も融資をしたのはなぜなのか?

従業員は1250名で、月産330,000枚だそうです。

融資の金額と比べて、あまりにもアウトプットが低い気がします。

中国ビジネスをする場合に必ず登場するのが、中国人の身分証明書番号で、彼らが何をやるにもこの番号は一生ついて回るのである。

外国人が中国でビジネスをする場合にも、例えば不動産を契約するなどの場合にこの番号を控えることが殆どだ。

しかし、身分証明書にはニセ物が多数出回っているので、この番号を示されたからといって、即座には信用はできない。

そこで、控えた番号を利用して、身分書の真贋判断と、番号の持ち主がいかなる人物かを調べてみよう。

そんな調査が簡単に可能なのか? ネットで簡単に可能だ。

ここに番号を入れてボタン(下一歩)を押すだけである。

もし本物であれば、発行地(发证地)と、年齢、性別が表示されるはずである。

あなたの目の前にいる中国人は、ここで表示された情報と同じくらいの年であろうか? 性別は? 出身地は?

国民総背番号制の中国ならではの機能である。

中国ビジネスに是非利用して頂きたい。

日産が電気自動車を発売したことで話題になっている。

電気自動車には複雑なエンジンは不要になり、車の部品点数がまだ普及前の段階だというのに1/3になるという。

ある意味簡単なので、日本の町工場のようなところがこれを作っていると報道されていた。

確か、日産車の価格は300万円くらいであったが、量産が進めば大幅に下がってくるのではないだろうか?

ブラウン管が液晶になったように、10年後にはガソリン車が普通に無くなっているかもしれない。


さて、現在の車も電子化されているが、機械的なエンジンがメインを占めているので、その制御を行うには機械系の知識が必要になってくる。

この知識こそが、現代の日本を支える競争力の源泉となる部分であろう。

しかし、EVであれば、そんなものはもういらない。

どこかの天才プログラマーがモーターの制御プログラムを書いてそれをチップにする。

あとは部品の寄せ集めで簡単にEV自動車が作成できる。そんな時代が近付いているのかもしれない。

なにせ、今でもなんとか町工場で作れるのだ。例えばソーラーカーダン吉とか。

付加価値を生みそうな電子制御の部分が単純化されたら、そのインパクトは計り知れない。


現在のトヨタとかホンダは、パナソニックやソニーが置かれている状態と全く同じ苦境に陥るのかもしれない。

液晶テレビのように安値メーカーとの価格競争に陥り、決して儲からない泥沼にはまり込む未来だ。

誰でも作れるなら、それはトヨタやホンダやGMでなくても構わないという、格安液晶テレビを買う消費者の理屈が適応されてしまうと、あとは価格が落ちるところまで落ちてゆくだけ。

近頃、ソニー、パナソニックがサムスンに負けた的な記事が経済紙を賑わせているが、今後5年~10年後、トヨタ、ホンダが中国のEVメーカーに価格競争で負けたとか、そんな記事が掲載されるのではないだろうか?

一方で、高付加価値なiCar的なものがアップルから発売されるかもしれない。

GoogleもEVのベンチャーに投資しているので、GCarも有りうる。

自動車の躯体そのものより、その中で動くソフトウェアが最も重要になってくるわけだ。

もちろん、作るのはiPhoneと同じく中国だ。


PCの時に台湾メーカーが興隆したように、EVの時には、躯体作りの部分は中国のメーカーが圧倒的な飛躍を遂げるのかもしれない。

中国は決してゼロからのスタートではない。

電動バイクで圧倒的な実績を積み上げているのは以前書いたとおりである。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=16

さらに、世界最大の巨大な市場がそこにはある。

25万円とかそんな値段の車が普通に登場してくるのかもしいない。

その泥沼の価格競争に、日本の自動車メーカーが打ち勝つのは難しいだろう。

かつて圧倒的だった電機業界が、価格競争に曝されて、あっという間に赤字になったのが良い例だ。

「団塊世代からの技術伝承をしっかりとやる。そして物作り大国を目指す」

中国人より給料が10倍高い日本人がこんなことやっていていいんですかね。

団塊世代の技術を伝承するより、世界に通用するソフトウェアを作る算段でもしたほうがよほど将来性がありそうだ。

iPhoneのハードは余裕で作れるのに、ソフトは全く作れなっかったのが日本の電機メーカーなのだから、自動車でその二の舞は避けてほしいところだ。

 

中国電動バイクメーカー10傑

1.江苏新日电动车股份有限公司
http://www.xinri.com/index/index.aspx

2.绿源电动车有限公司
http://www.luyuan-ebike.com/

3.美林娜(天津)自行车有限公司
http://tjpujiaqi.cn.alibaba.com/

4.捷安特(中国)有限公司
http://www2.giant-bicycles.com/zh-EV/

5.江苏雅迪科技发展有限公司
http://www.yadea.com.cn/

6.深圳中华自行车(集团)股份有限公司
http://www.emmelle.cn/

7.常州洪都电动车有限公司
http://www.hongducz.com/

8.重庆建设•雅马哈摩托车有限公司(ヤマハ)
http://www.jym.com.cn/Simplified/Main.asp

9.天津泰丰小鸟电动车业有限公司
http://www.tfbird.com/html/main/main.php

10.天津富士达自行车有限公司
http://www.battle-fsd.com/

 

以前、中国のバイクメーカーが将来ホンダのような飛躍を遂げて世界メーカーになるのではないかという記事を書いたことがあった。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=16&cid=2

では、どのようなメーカがあるのか? でも一位がホンダだったりします。

ブランド名: 本田
説明:世界ブランド 中国10大バイクブランド
URL:http://www.honda-motorcycle.com.cn/

ブランド名: 雅马哈-建设
説明:世界ブランド 中国10大バイクブランド
URL:http://www.jym.com.cn/

ブランド名: 钱江
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.qjmotor.com/

ブランド名: 豪爵
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.dachangjiang.com/

ブランド名: 宗申
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.zongshenmotor.com/

ブランド名: 宝马
説明:世界ブランド、中国10大バイクブランド
URL:http://www.yanbao-bmw-motorrad.com/

ブランド名: 轻骑铃木
説明:中日合弁会社、中国10大バイクブランド
URL:http://www.qssuzuki.com.cn/

ブランド名: 嘉陵
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.jialing.com.cn/

ブランド名: 大阳
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.dayang-motorcycle.com/

ブランド名: 力帆
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.lifan.com/
 

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)