中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国事情 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

中国政府・住宅都市農村建設部の仇保興副部長が、3月29-31日に開催された「第6回国際緑色建築と建築省エネ大会」で、中国の建築物は平均で25-30年の寿命しかないと述べたことが分かった。英国の132年、米国の74年など先進国と比べて極めて非効率で、毎年数万トンのごみを生み出すことになっているという。チャイナネットが報じた。

中国のマンションに住んだことがある人ならば、この話には思わず頷いてしまうのではないだろうか? 筆者もいろいろと住んだが、2003年くらいに建てられた30偕位のマンションだというので、まともな建物かと思ったら、壁はボロボロ、カーテンレールはカーテンを引っ張ると落ちてくる、スイッチはショートする、水は漏水するなどなど、建物の質はとても悪い。

つまり、中国のマンションのコンクリで作られた躯体も、内装の部分も、日本のレベルには全く到達していない。姉歯建築士の耐震偽装ヒューザーマンションでも、中国のマンションに比べたらどれだけマシであろうかと思う施工なのだ。

このような質の悪い建物に、投機マネーが流れ込み質の悪い建物がどんどん生み出されている。今は建物が出来る前から売買が繰り返されていて、建物は既に記号としての価値しかなく、まるで実際にそこで誰かが住むということを想定していないかのようだ。実際、中国のマンションはコンクリ打ちっぱなしで取引されて、買主が内装を施すので貸し出されるようなマンションの内装が安っぽいのも仕方がないのだが、家売ってるってレベルを遥かに上回る投機戦争が行われている。

こういった、投機バブルとは無縁の一般庶民は、このような質の悪い建物を高値で買わされる羽目になってしまっている。今回の住宅寿命30年節を聞いた彼らがネットで論争を繰り広げているという。

蝸居(かたつむりの家)という都市住宅問題を扱ったドラマが放送されるくらい上海の家は高額だ。そんな家を買った庶民のローン返済が速いか、家の倒壊が速いかというという状態に陥ってしまっては住宅30年説の論争は止みそうがない。

しかし、世界中からお金を集めて大量のガラクタを作り出しているなんて事にならなきゃいいけど。住みもしない家を大量に建築しているところが、なんとも言えません。

アメリカが為替操作国の認定を見送り、中国の面子を立てたことで、いよいよ人民元の切上げの噂が市場関係者に流れている。

胡錦濤国家主席とオバマ大統領の、来週行われるワシントンでの首脳会談に向けて、Googleや為替問題などで悪化した両国の関係を修復するために、中国側が切上げに応じるのではないかというのだ。

すでに、中国の王岐山副首相は8日夜、北京でアメリカのガイトナー財務長官と会談し、人民元切り上げ問題について突っ込んだやり取りを行ったという。

切上げ幅は、2005年7月の対ドル2.1%程度ではないかと言う話が流れている。

昔読んだ本に、日本円の切上げが行われた時、情報通で知られるユダヤ人が大量の円資産を購入していたという話が掲載されていた。

彼らはそれで大儲けをしたという。

今回も大量の投機資金が流入していて、インフレやバブル的な様相を呈しているので、これ以上の投機資金の流入を避けたいところだ。

切上げにはインフレ抑制効果があるというが、投機資金の流入が続けば逆効果だ。

切上げの日には、人民元が下降することも有りうるのではないだろうか? もし、切上げ幅が想定より大幅に低かったら。

中国は、米国をはじめ先進国の要求に答えて確かに人民元を切上げたが、何故か下落するという中国流のマジックが見られるかもしれない。

これは、一本取られた! とならなければ良いが。

なお、前回の人民元切り上げ時には、日本円をはじめとしたアジア通貨もつれ高しているので、円高一服で回復した日本株への影響もあるかもしれない。

中国のマクドナルドに入ると、注文して食べるまでは日本とさほど変わらない。

違うのはそれからだ。

中国では、トレーはそのまま置いてい行くのが普通だ。

置いておくと、専門の清掃をする人がトレーを持って行ってゴミを捨てるといった一連の作業を行ってくれる。

マクドナルドの価格が日本とさほど変わりなく、ちょっとしたレストランより高いことを考えれば、片づけないのも当然かと思う。

また、これは一種のワークシェアリングで、仕事を作り出しているのだから、下手に客が片づけてしまうと問題なのかもしれない。

実際、中国のレストランには多くのウェイトレスやウェイターが居る。

あるウェイトレスが料理を持ってきても、そのまま置かず、置くだけを専門とする人を待って、その置くだけの人が置いてくれるという回りくどい手順のレストランも多い。

人が多いので、そうでもしないと労働力を吸収できないのだろうけど。。

ブログランキングのトップが猫だらけなのを発見して、さっそく筆者の知り合いの猫に登場してもらうことにした。

拙作フリーソフトのアイコンでもお世話になっている知り合いのネコだ。

アイコンとして何度か雑誌に登場したこともある。

さて、このブログは猫ブログではないので、さっさと中国の話に切り替えよう。

中国の都市部では急速にペット文化が浸透し、ペット市場は今年400億元に達すると言われている。

ペットフード、ペット用品、ペットケア、ペットグルーミングビジネスから、ペットお見合い、ペット葬儀、ペット養護施設まで様々なペットビジネスが中国でも展開されているという。

筆者が住んでいたマンションでも、部屋で犬を飼っているひとがいました。

どうも、日本のように、マンションでのペット禁止とかはないようです。

物件を結構見て回りましたが、犬の声が聞こえるところが多かったと記憶しております。

とすれば、日本のペットグッツにとっては巨大なビジネスチャンスがありそうです。

上海では5月から上海万博が始まるので中国旅行へ行かれる方も多いのではないだろうか?

では、旅行で円から元に両替するのにレートが良く簡単な方法はあるのだろうか?

実体店舗

日本の空港の両替所(成田等)
手数料が10%以上に達するから論外。


中国の空港(上海など)
これも手数料が高い。観光客相手ですから。


中国の銀行(中国銀行など)
手数料3.5%


ブラック両替
手数料2.7%~くらい。中国はニセ札が多いのでこれは利用しないのが賢明。


以下は国際キャッシュカードVISAデビット基盤としたタイプ


シティバンク
シティバンクのカードならVISAマークのATMも使えるので、中国のどこでも使えることになる。
この点はかなり便利である。

では、手数料はどうか?
バンキングカードなら、日本にある円普通預金口座から、世界170以上の国と地域、約100万台のCD/ATMで、現地通貨で預金が引出せます。シティバンクおよび海外の提携ネットワークのCD/ATMなら、24時間365日※いつでもお引出し、残高照会ができます。
※ 換算レート/料率と海外ATM利用手数料について
外貨からの円貨への換算は、米ドルの場合、当日のシティバンクの国内支店店頭での米ドル電信売レート(TTS)に3%を乗じたレート(TTSX1.03)となります。その他の通貨の場合は、提携機関が定めたレートで米ドルに換算された金額に、上記のレートを乗じて円貨を算出します。海外のCD/ATMで現金をお引出しの場合、海外ATM利用手数料として一回のお引出しにバンキングカードの場合は210円(税込み)/外貨キャッシュカードの場合は2米ドルがかかります。一部のCD/ATMではCD/ATMオーナーが別途手数料を徴収する場合があります。また、提携機関をご利用の場合、所定のネットワーク手数料がかかる場合があります。
http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/usingoverseas/index.html

つまり、手数料3%+一回の引き出し当たり210円+その他手数料となる。

 手数料を節約して便利に海外送金する方法 の管理人氏からご指摘をいただきました。

シティバンクの計算は違うことをお伝えします。
シティバンクカードの両替レートの計算は、
1.円ドル
TTSは仲値(ミッドレート)に1円上乗せしますから円ドルの両替だけで4%を超えます。
 例 (93+1)×1.03=96.82

2.ドル元両替
中国元への両替は
『その他の通貨の場合は、提携機関が定めたレートで米ドルに換算された金額に、上記のレートを乗じて円貨を算出します。』
とあります。
ちなみに中国元米ドルの仲値とTTSは0.2%程度の開きです。

合計で、シティバンクカードを中国で使うと実質4.12%程度の両替手数料がかかります。

4.12%+210円ですね。高い! いつもレートが悪いと思っていたんです。シティバンク。


新生銀行
こちらもVISAでつかるタイプだ。 こちらもシティと同じく便利だ。

では、手数料はどうか?
ご利用いただくCD・ATMによっては、設置金融機関独自の使用料がかかる場合があります。ご指定の金額(現地通貨)は、VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したレートにより円換算され、新生総合口座パワーフレックス円普通預金から引き落とされます。(3)引出限度額は1日あたり原則10万円まで。お客さまのご要望により0円から10万円までご設定いただけます。
http://www.shinseibank.com/powerflex/cash.html

つまり、手数料4%+その他手数料となる。


ebank(楽天銀行)
こちらもVISAで使えるタイプ。昔は、最も良いカードであったが現在はそうでもない。

現地通貨引出をご利用の際の円換算レートは、外貨額をVISAインターナショナルサービスアソシエーション(国際提携組織)の決済センターにて集中決済された時点での、国際提携組織の指定するレートに当行が海外取引に関わるコストとして、2.94%(税込)を加えたものになります。
http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/what.html
また、このカードを維持するためには、2010年4月から年間1000円が必要となった。

つまり、手数料2.94%+年間1000円


スルガ銀行
こちらもVISAで使えるタイプ。現在、最も良いカードだと思われる。

決済センターにおいて集中決済された時点でのVISAインターナショナルの指定するレートに対し当社が海外取引に関わるコストとして1.63%を加えたレートで円貨に換算します。
http://www.surugabank.co.jp/my/faq/foreign.html

210円+手数料1.63% (最安)

さらに、キャッシュバック特典もある。
毎年1月1日~12月31日までの間にVISAデビットを利用してお引き落としされた金額(現地通貨お引き出しサービスご利用分も含む)に対して、一定キャッシュバック率を乗じた金額を、翌年1月中に決済口座へ入金させていただきます。現金のお買物にはない嬉しい特典です。
キャッシュバック0.2%が現金引き出しでも受けられる。

ということで、スルガ銀行のVISAデビットカードがお得です。

他にも、FX業者を使う方法、クレジットして繰り上げ返済する方法など色々ありますが、簡単、お手軽とはいえないので、今回は書いていません。

なお、一度RMBに両替してしまうと、日本円に再両替するレートがとても悪いので、考えて両替しましょう。

週末は、どちらかというと、くだけた感じの記事で行きます。

2010年03月30日、“チーラオ中国”という専門に写真やビデオを主体としたサイトで管理に従事していた5人の“80後(80年代生まれ)”が、裁判所でわいせつ図画公然陳列の罪により、懲役1年の判決を下されたという。

この5人中3人は学卒で、1人は海外から帰国した修士で、事件前、彼らは結構良い仕事に就いていた。

しかし、彼らは画像に夢中になるうちに頻繁にこのサイトを訪問するようになって、無給の“第二の職業”としてモデレーターとなったという。


事件の後で、ホームページの名は少し変更され“新チーラオ中国2009”になった。

そして、何故か百度で検索すると、今でもそのサイトはまだ検索結果の一番目で閲覧可能だという。

そのサイトには、こんな事が書いてある。

このサイトを運営する法人主体には、ただカナダ法だけが適用され、いかなる第3者の国家の関与で止まれることはない。”と。

何故か妙に力強いコメントである。

サイトに書いている紹介によると、運営会社はカナダで登録されて、サーバは米国で運営されているそうだ。

“現在、1千万近くの登録会員を持ち……500万編のオンラインテーマ、数千万の画像があるとされ、これらの数字は3ヶ月ごとに倍増していて世界の中国語のサイトの中でトップだという。

中国にもオタクが。

ここは上海のとある一角。

北京の中関村とは異なる、ローカルな風情を醸し出す路地。

なのに、何故かマンガとアニメが。。この唐突の無さは今でも謎である。

日焼けた北斗の拳フィギュアの看板。。。

恐るべし、中国のオタク。

さらに、彼らは日本のオタクとは違うのだよ。

金持ってます。モテます。

中国の大学と聞いて、日本人になじみが深いのは北京大学ではないだろうか。

しかし、中国で最高の難関大学は、実は清華大学である。この清華大学は理系が強く中国の現国家主席が卒業したことでも有名である。

さて、中国に進出をしたら、現地の人材を大いに活用する必要がある。

何を基準にすればいいのか?

日本であれば、大学を基準にするところも多い。

確かに東大を出ていれば、それなりにすごいのだろうなと考えてしまうものだが、中国で清華大学を出ていれば、本当にすごいのだろうか?

実は、中国には変わった入試制度がある。

端的にいうと、地方出身者は都市出身者にくらべてはるかに高得点をとらないと、同じ大学に入学できないというものである。

数点の差ではなくて数10点から100点に及ぶという。これは、まるで別次元の学力の差ではないだろうか?

例えば、合格ラインが北京の人なら550点だが、地方出身者なら650点が必要になるという話であった。

これを逆に考えると、都市民の有名大学の学生より、地方出身者の2流大学の学生のほうが優秀だなんてことにもなる。

学力だけが、その人の能力ではないが、有名大学出身だからといって、必ずしも学力的にも優秀というわけでもなさそうだ。

それにしても、中国の教育制度は奥が深い。日本なら即抗議がきそうなやり方だ。

中国のネットインフラも、様々な発展をみているが、一般のマンション等で使われている光回線はおそらく、300kbpsくらいしか出ていないのではないかと思われる。


上海中心地、黄浦区のマンションでこの程度のスピードだが、実は北京の朝陽区のマンションでもこの程度のスピードであった。また、安定度もそれほど高くはない。


光回線とADSL、日本であれば光のほうが速いし安定していいると即断できるのだが、中国では必ずしも光が速いとは言えない。


いろいろと、中国のADSL回線を見てきたが、意外と速くて安定していたりする。


中国で光回線を引く前に、チェックすることをお勧めする。


なお料金は、上海では、ちゃんと請求書が来て、コンビニ払いになっている。この点は上海のほうが進んでいる。


中国では銀行引き落としなどする人はいないと、知り合いの中国人がいっていた。なぜなら、勝手に引き落としされたら、困るからだそうだ。。。


そのため、北京のADSLはデポジット制だったので、月初めに良く止められた。


北京では払い忘れに注意しましょう。


ネットだけではなく、電気でも水道でもデポジットがなくなると即効切れますので。。夜でも冬でもお構いなしで。北京の冬は寒いので、注意です。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)