中国インターネット事情
  • カテゴリ 中国事情 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

中国製品といえば安いというのが日本の常識でしたが、今やこの常識は覆ろうとしています。

今となっては、中国製品は高いです。

例えば、
100%オレンジジュース。中国では14元くらいで売っています。これが日本だと100円前後。
その価格差は2倍弱です。

上海の不動産。耐震偽装で有名なアネハ建築物件から、さらに鉄骨を50%削減したようなボロマンションが数億円で売られています。

人件費。日本企業で7000元で雇われていた20代の若者が、欧米系に行ったら15000元になったという話もあります。
15000元といったら、30万円くらいで日本の正社員と差がないどころか、非正規雇用の日本の若者をはるかに凌ぐ金額です。

実際に中国のスーパーにいくと、日本より高い製品が続出しますので、日本のスーパーがとても安いように感じられるようになってしまいました。

このように、最早決して安くはないのが最近の中国製品なのです。

逆に言うと、中国側からみれば、日本製品は嘗てないほど安いわけで、
タオバオなどで、カップラーメンから電子ジャーまで売られている状況です。
つまり、日本製品を中国で売って一山当てようという業者さんが、数多く居ることがわかります。

EMSをつかった個人貿易からコンテナで大量輸送する大規模なものまで様々な形があるとは思いますが、
取引が大規模になればなるほど、関税を取ろうと当局の規制は強まるものと考えられます。

思い出されるのが、これを大規模にやろうとしたYahooJとタオバオの動き(淘日本)に対して当局が素早い対応を見せたことです。
ヤフーとタオバオのものは香港を使ったスキームでしたが、最近の元高円安では、上海自由貿易区を使って行う動きもあるようです。

今回はどうでしょうか。

APEC期間中の北京。
恐らく、腐海のような大気汚染はどこへやら、驚くほど澄んだ空気になっているに違いありません。
是非、テレビ中継を見てみてください。

さて、その方法は……

高性能空気清浄器が稼働しているわけでも、中国企業の環境意識が向上したわけでもありません。

単に、

2000万人いる北京を期間中祝日にする。
北京を囲む6800万人いる河北省も期間中祝日にする。

それだけです。
この手法、中国以外は難しそうですが、中国はさらりとやってのけます。

すると、PM2.5とか大気汚染の元凶となっている工場や工事が止まり一時的にキレイになるという寸法です。
首都圏をいきなり6日間も休みにするというのだから、力の入れ方が違います。

もちろん、この6日間は後の土日に振り替えられるので汚染物質の総量は全く変わらないわけですが。

日本の法律では20才以上の2重国籍はダメだったはず。したがって、猶予期間はあるもののアメリカ国籍を取得しているなら日本国籍ではない。
知り合いの元中国人も日本に帰化するときに、日本の役所でハサミを渡されて、中国のパスポートをぶった切れと言われたそうです。

つまり、受賞者の一人、中村氏はアメリカ国籍を取得しているので、日本人ではなく日系アメリカ人一世ということになります。
なぜかマスコミは、あまりこの点を報道せずに、3人の日本人としているみたいですが。

10年くらい前に、中村氏の著作を読んだことが有りますが、日本なんかでやってられないといった感じなのでしょう。

残業の時には皆で帰らないとか、どこかへ出張するときに別の人間が随伴していくとか……
そうすることによって、コストかかっているという事に何故か気付かないまま、未だに日本企業はそんな謎で無意味な風習を続けている。
このような意味の無いことをやる一方、肝心な開発部門にお金が来ないという、この悪循環。

しかも、もし、うまく開発しても、「皆でやったから出来た」とか言われてしまう。
これは全く違うと思うし、完全に間違っている。

実際は、その人が居たからできたが正しいのではないだろうか?
みんなでやっても、その人が居なければ決して出来ないし、ゼロはいつまでたってもゼロだから。

とするならば、そういった核となる人間を数多く抱えた国が競争力を持ち得るということになる。
逆に、皆でやったと勘違いして、無意味な事ばかりやっている国や会社は衰退する。

結局、その他大勢でも作れるモノは、当たり前の話だけど、それは普通の国の中国にもキッチリとあって、ソニーだろうがサムスンだろうが、そんなモノ作っていても儲からない。
普通の国の中国をナメてはいけません。普通の事は、普通にできます。

そのあたりを、アメリカはキッチリわかっているから、中国と同じ土俵で勝負せずに土俵そのものを作ってますよね。
それができるのも、核となる人間が大量に居るからなのでしょう。

最後に、中村氏が過去に在籍していた日亜化学という会社のコメントは、日本的でなかなか興味深いものです。

中村修二氏のノーベル物理学賞受賞について、日亜化学工業(徳島県阿南市)は「日本人が受賞したことは大変喜ばしいことです。とりわけ受賞理由が、中村氏を含む多くの日亜化学社員と企業努力によって実現した青色LEDであることは、誇らしいことです」とのコメントを発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-00000071-mai-sctch

・日本人が受賞したことは大変喜ばしい> 中村氏はアメリカ人。まあ、軽いジャブでしょう。
・中村氏を含む多くの日亜化学社員と企業努力によって実現> 中村氏一人じゃなくて皆でやりました! という話。でもノーベル賞は、他の社員を選んでいないという事実。

彼の著作を読む限り、中村氏って、みんなで一緒が好きな日本では間違いなく嫌われるタイプのキャラですが……
このコメントにも、それへの反発が溢れております。

ただ、日本人の多くが(この皆で)という部分を正しいと感じている限りは、永遠に中国と同じ土俵で戦うしかないと知るべきなのかもしれませんね。

皆が出来るものは、中国でもできるのですから。

知中論という本が売っていたので、何気なく買ってしまった。

この著者の本は面白いので、数回購入しているけど、その流れでまた買ってしまった。
ざっくり1時間で読了。

いろいろと面白い話が書いてあるのですが、特に、あとがきの部分にある「普通の国」の文字。
普通ですよね。中国。拍子抜けするくらいに。

もし、中国へ行ったことがない人が行くと、普通すぎでビックリしますよ。たぶん。

言葉は悪いですが、気張って悪の枢軸(日本の情報だとそんな感じ)に出掛けてみれば、普通の庶民レベルでは、ただひたすらに平凡な生活がそこにはあったみたいな。
そこには、特にドラマチックなことなど、それほどありゃしない。

知中論 理不尽な国の7つの論理 (星海社新書) 新書 – 2014/9/26
安田 峰俊 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061385585

関連するこのブログエントリ:普通の国の中国

少し前にNHKスペシャル「老後破産の現実」という番組をやっていた。
高齢者人口が3000万を越えた超高齢社会の日本には、600万人弱の一人暮らしの高齢者がいて、その半分は生活保護以下の年金しかもらえないという。
その一部は生活保護を貰っているが、残り200万人余りは生活保護を受けずに暮らしているというのだが……

これは、遠い未来の話ではなくて今現在の、逃げ切り世代と言われている人々が年金を貰っている今現在の話だという。
番組自体は何の救いもないもので、それはそれで絶望的なのですが、もっと暗く恐ろしい何かを感じずには居られませんでした。
恐怖を感じると言った方が良いのかもしれません。

それは、上海や北京の街角で、或いは外人など来たことがないような奥地の村で、筆者はそれを何度も垣間見て、そして無視してきたものが確実に日本にも迫ってきているのだという恐怖です。
病気になったら一家破産か、或いは見捨てるかと言う選択をさせられたり実際に見捨てられたりする、人権とかそういったレベルではないリアルな生存環境の厳しさです。

全ての日本人は世界的にみれば、ある意味「逃げ切り世代」と同じだと言えるのかもしれませんが、フラット化する世界では、中国の姿は明日の日本の鏡で日本の姿は明日の中国を映し出したものだと言えるのかもしれません。
逃げ切り世代=先進国 と 逃げ切れない世代=途上国 と考えた場合、人口の多さから言って、日本よりも中国に近い形で世界は均衡化すると考えるのが妥当だと思います。

「逃げ切れない国」の「逃げ切れない世代」の状況と、未来を予測する時、恐れを抱くのです。
そして、逃げ切り世代と逃げ切れない世代の格差は国の債務(これに関しては中国はかなり健全)になって、金利付で逃げきれない世代を襲うことになるわけです。

■政府債務の少なさ 世界133ヶ国中(P380)
https://members.weforum.org/pdf/GCR09/GCR20092010fullreport.pdf
日本132位(最下位)
中国20位

我々には、地縁血縁がまだ残り、整えられた社会保障を体験していない中国の状況より悪い老後しか残されていないのかもしれません。
少なくても、新たに獲得するより手放すほうが、より悪い状況になります。

NHKスペシャルは、確かに今現在の悲惨な状況を放映していました。
だからといって、国が予算を使って今すぐにどうにかしろと即座には言えないというのが、将来の「逃げ切れない国」に住む「逃げ切れない世代」の偽らざる感想ではないでしょうか。
そういった、理想的で進歩的な政策が、自らの「老後破産」をより厳しいものに変えてしまうことが、わかりきっていますから。
だから、この番組にはとてつもない絶望感が漂っているのでしょう。

もちろん、我々個人個人にはリスクを取って、勝ちあがるという選択肢も残されています……
中国でも日本でも一部の人は老後の不安から解き放たれることができるでしょう。
この意味に恐怖を感じるのであれば、あなたも私と同じような考え方をする人なのかもしれません。
中国の人の必死さを、決して笑うことはできないのです。

最近では、iPhone6を日本や香港などから中国国内へ持ち込もうとして、日本人が摘発されたりしています。
つまり、高級スマホのiPhone6を中国に持ち込めば、日本や香港よりも高く売れるという事で、かの国には旺盛な需要があることがわかります。

日本だと、シムフリーのアイフォンで一番安いモデルが67,800円。
これが中国へ行くと、4,750元で売ってますから、1元17,842円で考えると85,000円となり、17,000円くらいの差額となります。
この前上海で拘束された日本人は453台持っていたと報道されていたので、この一回の持ち込みで770万円の利益となります。
この利潤であれば、拘束リスクを負ってもやろうと考える人はいるのではないでしょうか?

中国に行くと、結構いいスマホを皆持っているので驚きますが、このパターンで世界中から最新高級ケータイが集められているわけです。
それにしても給与水準はまだ決して高くはない中国で日本より高く売られているスマホが売れるというのだから、これもまた疑問です。

例えば、給与が3000元(53,526円)くらいの人でも、普通に一か月の給料より高いiPhoneを持っています。
もちろん小米とかを使っている人のほうが多いでしょうが、小米だって2000元くらいしますから給料の3分の2と結構高いですよね。

面子の為に買っているという見方もあるとは思いますが、そうではないでしょう。
それだけの投資に見合うリターンが、中国で高額スマホを利用した場合にあると考える方が自然ではないかと思います。

中国ではコンテンツが無料! というのが大きいでしょうね。
つまり、コンテンツの器さえいいの買っておけば、そこに入れるものは全部無料だから、その投資効率は非常に高いという理屈です。

世界中の音楽が無料で、世界中の映画も無料で、となれば……中国のスマホはまさに夢のマシンということで給料を超える投資も決して高くはないのでしょう。

もちろん大部分が海賊版だから日本でこの投資効率を得ることは不可能です。同じモノでも状況によってその価値が全く違うわけですね。

 日本に帰るたびに、近くの家がどんどん空家になってゆくという話は以前に書きました。

高齢化と荒廃の波は確実に迫りつつあるようです。
 
さて、お隣の中国には「老年人権益保障法」という、親孝行をしなさいという法律が存在しています。
 
一人っ子政策ゆえに高齢化決定の中国で、もうメンドーだから社会保険なんかすっ飛ばして手っ取り早く子供にその役割を分担をさせようという政府の思惑が見え隠れします。
そもそも社会保険なんか構築していたら、予算がいくらあっても足りないと冷静に考えているのではないでしょうか。
それに中国は以前よりは薄くなったとはいえ、地縁や血縁がまだ色濃く残されているので、自助努力はそれほど以外な話ではありません。
持続可能な制度にしかしないのは中国の合理性だと思います。そもそも、日本でも社会保障は崩壊寸前なのですから。
しょせん持続不可能だから、わざわざ中国はそんな深みに嵌るつもりはないのだと思います。
 
さて、その日本では、年金の世代間格差や高齢者の貯蓄率が高い事が話題になっていますが、それを若年世代が相続できれば帳尻は会うはずです。
更に、相続をうまく使う事によって、同時に社会保障費を削減することができるのではと思うわけです。
中国のようにモラルに訴えたところでうまくいくはずがないので、介護をキッチリとサービスと捉えた日本版親孝行法を作るわけです。
 
以前なら、面倒を見た人間(例えば長男)がその人間の財産を貰う事が一般的でしたが、結果平等教育と法律の弊害か、面倒みようとみまいと誰でも彼でも財産を要求するようになり相続が物凄く揉めるようになってきました。
そこで、面倒を見た人間が相続時に確実に優位に立てるように、法律で明文化=日本版親孝行法を制定するわけです。
成年後見人またはそれに準ずる介護登録制度を国が設けるなどの手法で、国が面倒を見た人間を把握して、そうでない人間よりも相続における優位性を保障するわけです。現状の制度でも遺言書によって対応可能だと思われるかもしれませんが、被相続人がボケてしまうと一緒にいる介護人を逆恨みすることもあるので、遺言書には反映されない場合が非常に多いのだと思われます。
 
つまり、相続に介護サービス業としての競争を持ち込むことによって、相続人となる人間が被相続人により優れたサービスを提供するように仕向けるわけです。
もちろん、資産が無い人にはこれは有効ではありませんが、そういう人には別の手法を使えば良いわけです。
逆に、現状のように介護の価値を国が見誤ると、誰もやらなくなり社会保障費だけがひたすら上がり続けるということになってしまいます。
 
崩壊寸前の日本の社会保険を再構築するためにはこのような大胆な手法も必要ではないでしょうか。
 
そういった意味では、中国のほうが政府はそんなに面倒みきれんと正直に白状しているだけマシなのかもしれませんね。
100年安心とか言っていた政府もありましたが。それには合理性が無いのですから、いい加減夢から覚めるべきなのでしょう。

新興国の中でも、巨大市場の中国はソニーにとって最重要の市場と位置づけされている。
特にモバイル製品を成長戦略の柱として位置付けたいソニーにとって、中国でのXperiaの売れ行きは重要だろう。
しかし、そうソニーが定義づけしているとしても、そこに住む人がどう思っているかはまた別である。

では、そこに住む人がソニーに対してどのような印象を持っているのか?
実際に中国人の知り合い(上海在住 80後)に聞いてみた。

まず、ソニーの印象を聞くと
「全体的には結構良いと思うが、極めてる部分が無い」とのこと。
つまり、凡庸な会社だと考えられているようだ。

次に、ソニーの携帯について聞くと…
「中国では、ソニーの携帯人気がないよ」とハッキリ言われた。

何で人気がないのかと聞くと
「競争力ないね、高いものと比べても、安いものと比べても」と言われた。
さらに、
「安いものを買うなら、小米とかHUAWEIとかいっぱいある。高いもの買うなら、アップルや三星にする」とのこと。
また、ソニーなら、携帯よりカメラとかPCの方がまだ競争力があるんじゃないのかとも言っていた。

そして最後に、「良い会社なのに、ずっと赤字だといつか倒産するか、他の会社に買収されるじゃないの」との一言。

これは、結構一般的な中国人の考え方だとおもう。

こういった中国人の主観をひっくり返せるだけの画期的な商品がだせるか?
例えば、Appleの初代アイフォンみたいなものが出てこない限り、中国での逆転はあり得ないと筆者は感じました。

MBA的管理を幾らしたところで、そんな画期的な商品は出てくるはずもなく、ある意味変人技術者を社長にするくらいの大胆さがなければ、最後には中国人が言った通りになるのかもしれません。
 

中国では、投資目的で寝かせている空き家が大量にある一方、住みたい人が住めないというバブリーな状況がここ最近まで続いております。
最近は、中国の不動産といえどもさすがに値下がり傾向にあるみたいですが。

さて、そんな中国の状況よりも近年の日本の状況のほうが緩慢なる死といいますか、重症なのではと思うのです。
筆者がいるところは東京近県の所謂ベットタウンと言われるところで、それほど地方というわけでもないのですが、最近は帰国するたびに空き家が増えているのです。
もちろん、この空き家は、中国のように値上がりを期待して寝かせているわけではありません。単に住む人が居ないということなのでしょう。

お年寄りが一人残されていた家は、十中八九空き家になるようです。
向こう三軒両隣といいますが、筆者の場合は向こう三件が全て居なくなりました。みな、子供のところへ行ったりしているようです。

その後残された土地と家は、過去に購入した価格と現在売りに出した場合の価格があまりに違うので、そのまま残っているのでしょう。
また、家が無くなって更地になると固定資産税も高くなる(5倍になるようです)ので、どんなボロ家でも壊せないという状況もあるのだと思います。
したがって、今後はどんどんボロ家が残って、街はゴーストタウンになってゆくのかもしれません。

中国の空き家問題と日本の空き家問題のベクトルは全くの逆なのですが、結局のところは経済成長の結果なので、最終的には同じ方向へ流れてゆくのでしょう。
中国の状況をみていると土地神話といって浮かれていた昔の日本のようで懐かしく思えてきますが、今の日本の状況に中国の人は未来を感じるのでしょうか?

ファミリーレストランのロイヤルホストが中国からの撤退を決めたようだ。上海 徐家匯のあの店のことだと思うが、中国のせいというよりは、ここの経営の問題だったのではなかろうか。

従業員の入れ代わりの問題=管理や給料水準の問題。客が居ないから昇給せず、だから士気も上がらず定着しないという、中国進出企業に良くありがちな負のスパイラルに突入していたのだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000013-asahi-bus_all

この店、実は数年前に数回行った記憶がある。当時の手記がこのブログにあった。

突っ込み能力に恵まれた中国女性と、某日系レストランにいってみた。(2011-11-28)
それは上海の渋谷ともも秋葉原とも言われる某所にある日系の洋食レストランに行った時のこと。
一言、「場所が良いのに客が居ないね。絶対赤字でしょ」
確かにその通りで、他の店には行列ができている。

お勧めだったので注文したオニオンスープを飲んで一言。
「まずい。こんな甘いスープを出したら、中国人の客は逃げるよ」
まあ、日本人でもどうかと思う味だが。
「これがお勧めだなんて、どうかしている」
確かにその通り!
続き
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=708

まあ、結局のところ、ツッコミ能力に恵まれた中国女性の言う通りになりました。
彼女が総経理になっていたら、成功したかもしれん。。。。
少なくても、ブログには書いていないが、2011年の時点での撤退を進言していたので、赤字は抑えられたはずだ。

逆にあの客入りで今まで続いていたのがスゴイ!

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)