中国インターネット事情
  • カテゴリ 上海の休日 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

トルコは本当に親日国だった

カテゴリ : 
上海の休日
執筆 : 
chinese-homepage.com 2014-12-4 15:18

 ギリシャの島にいったら、中国人だらけでここは海南島か! と思ったのが1年前。

こんどは、そんなギリシャの隣にある、季節外れのトルコへ行ってみました。
 
11月から12月にかけての、この時期は雨が多くて寒いのでオフシーズンにあたるようです。
古い日本の歌謡曲「飛んでイスタンブール」に歌われているのとはちがって、イスタンブールには沙漠はありません。
中東というよりヨーロッパ的な雰囲気の街ですので、日本より寒い感じです。
実際、一気に風邪になり最初の3日は頭痛で、終始鼻水を垂らしながらの旅になりました。
 
今回行ったのは有名な観光地の多い西トルコです。
都市部はもちろん内陸部でも3Gモバイルは意外と繋がりましたが、日本ほどのカバー率は無いようです。
それでも、トルコでも多くの人がスマホを持っていて、普通にフェイスブックとかをやって居ました。
 
このあたり中国とも同じですが、中国と違ってGooglePlayが普通に使えるので、アプリを登録するだけで、これらの莫大な数の人々とも商売が出来そうです。
イスタンブールの地下鉄ではモバイルゲームをやっている人も多かったようですが、ネット回線がつながらないのでスタンドアローンでも動作するものだとおもいます。
世界のどこでも急速に普及するスマホを相手にするなら、かなりの部分がスタンドアローンで動作して、ちょっとだけネットのアプリを投入するのがいいのかもしれませんね。
パズドラとか猫ウィズはネットがないとダメなので、新興国や後進国ではちょっとかったるいです。
 
さて、最近はここトルコでも日本人観光客が減り逆に中国や韓国の観光客が増加しているわけで、ギリシャの島と同じ状況にあるわけです。
実際、中国や韓国の観光客を沢山見かけました。
 
それでも、ここはトルコです。
何処へ行っても「こんにちは」と話しかけてくれます。
日本人観光客のプレゼンスが低下しても「こんにちは」なのだから、さすが親日国ですね。
商売としてはどうなのかと思う所ですが、素晴らしい親日ぶりです。
エルトゥールル号の伝説は確かに生きておりました。
 
「こんにちは」に続く部分も日本語なのですが、それが結構笑えます。
「お兄さん ヤスイヨ」だったり、
「だめよーだめだめ」誰が教えたのか流行りネタだったり、
「ヤクザ、サムライ」意味不明ネタだったり。
 
このように、トルコではまだまだ日本語が強いですが、それも日本人が行かなければ、いずれギリシャのようになってゆくのは仕方がない話かと思います。
見どころも多い国ですので、多くの日本人がトルコへ行って、このトルコの日本語を守ってほしい所です。

ウズベキスタンに行き、いろいろと見てきました。
何よりも驚いたのが、ほぼ中国の人に会わなかったことで、これは中国西部との距離が近いだけに意外な感じでした。

唯一中国の方と会えたのは、中華料理屋をやっている方々で、中国語と話しかけると天津出身だとかいっておりました。
中国人が作っているので、この中華料理なかなかおいしかったですね。

さて、圧倒的な購買力をもつ中国人観光客がいないとどうなるか?
それは、次に購買力を持つ日本人が自動的にターゲットになるわけで、東洋人をみるとみな「コンニチハ」とか「ヤスイヨ」とか日本語で話しかけてきてくれます。

今回の旅行に参加された方は、放浪CTOもビックリの歴戦の強者でチベットや南米なんて当たり前という方々ばかり、そういった方々の話によると最近はどこに言っても「ニーハオ」と言われるそうです。
みなさん、そういわれると一瞬ムムっと思うそうですが、最近は仕方がないと慣れていたところに、今回のウズベキスタンでは「コンニチワ」ですから、ウズベキスタンは良い国だという話をされておりました。

さて、あまりに売り込みが激しいときは、さすがにコンニチワといわれても鬱陶しくなってきます。
そこで、私が逆に「ニーハオ」というと、彼らは一瞬不思議そうな顔をして、あれ? 関係ない人に話しかけてしまったと言う感じで、笑いながらそそくさと退散して行きました。

このように、この国はある意味ゆっくりした平和な感じがする国ですが、
だけど5年後はわからない、今は中国との人の往来が少ない状況での静けさのようで、今後変わっていく前兆はいたるところにありました。
すでに中国の物品が大量にならんでいて中国の影が大きく見受けられたのです。

日本はといえば、ODAは頑張っているとのことでしたが、滞在中にみた日本製品はといえばトヨタ車3台、いすゞ(合弁工場があるらしい)とシャープと東芝のテレビを見たくらいで、辛ラーメンやギャラクシーSをどこでも売っている韓国にも大きく後れを取っているようでした。
リスクを恐れるあまり、今一つ攻め切れていない日本企業の姿がここにも浮かび上がってくるのです。

経済大国という印象から日本語を勉強する人はかなり居るようで、ふいに入った化粧品店の若い売り子さんが流暢な日本語で話しかけてきたこともありました。彼女いわく日本語は現在全く役には立っておらず徐々に忘れていると言っておりました。
日本の企業が進出しなければ、ガイド等になるくらいしかあまり日本語の使い道がないわけで、そういった職業につかなければ宝の持ち腐れとなってしまうので勿体ない話です。
こうして、日本語ではなく、中国語や韓国語をやったほうがいいという話になり、日本の影響力が徐々に低下して行く現場を見たような印象をうけました。

5年後は、「コンニチワ」ではなくて「ニーハオ」と言っている姿が今から目に浮かぶわけです。
せっかくフレンドリーな国なのに残念です。
そうならないように、日本企業にはもっと積極的に攻めてもらった方がいいのですが。今の感じだと内向きになっているので難しいのかもしれませんね。

観光地としては、非常に面白い場所なので、企業がいかなくても、日本人が観光に行って東洋人観光客首位の座を守ってほしいところです。時差も4時間ですので大したこともなく筆者は全く時差ボケにはなりませんでした。飛行機ではハワイと同じくらいの所要時間です。それでいて、日本とはまったく別世界ですから素晴らしい。

6月6~13日という夏の時期だったので暑かったですけど。


ヒバのミナレットから


ブハラ。


天然ガスが豊富とのこと。


中国語発見。サマルカンドへ向かう途中のガススタンドにて。このタイプの冷蔵庫たくさん見かけました。


異国と言う感じがします。


サマルカンド

航空券というものは、別々の飛行機会社でも一つのチケットとしてまとめられてしまうと、かなり面倒なことになるということが初めて分かった。
例えば、上海からローマ、ローマからアテネ、アテネからイスタンブール、イスタンブールから上海という日程があったとすると、expedia.co.jpの「周遊」という選択をした場合、各旅程の航空会社がちがっても一つの航空券にまとめられてしまう。

するとどうなるか? 上海からローマに渡り、もし、次のローマからアテネの飛行機に乗らないと、以降の全ての旅程が勝手にキャンセルされ返金もないのだという。

しかも、それ以降の飛行機チケットをもう一度自腹で取直しと、まさに踏んだり蹴ったりの話になる。

では、予め途中の旅程をキャンセルをすればいいかといえば、一つにまとめられた場合は全旅程のキャンセルが必要とのことで、しかもexpedia.co.jpのようなサイトで購入した航空券の場合、キャンセル時には無返金の事が多いので全キャンセルもままならない。

それならば、日程の変更が簡単にできるかといえば、1つの航空券に3つの航空会社が含まれていると、たとえ一部分の変更でもすべての航空会社に変更手数料を支払う必要があるので、変更料が莫大になるのでこれも難しい。

つまり、非常にかったるい話なので、複数の旅程がある場合はこのようなサイトは利用しない方が無難かと。

コンプガチャとかいうビジネスモデルで急成長を遂げる日本のソーシャルゲーム業界
ついに行政のメスが入り、成長も一服という感じでしょうか。
そんななか、1週間前くらいの日本にて、NHKでソーシャルゲームが日本の輸出産業になると言っている人が居たので、本当にそうか考えてみた。
ソーシャルゲームは日本の新たなる輸出産業の柱になるとかそんな感じ話してました。
http://www.nhk.or.jp/fukayomi/backnumber/120512.html

このコンプガチャ、昔あったガチャガチャのように中々目当ての物が出てこないシステムの中で、特定のアイテムを数種類集めると希少アイテムが貰えるという仕組みのようです。
アイテム集めの最後の方になれば中々目的の物が出ないというのが、感覚的にも理解できるのではないでしょうか。

とはいっても、ガチャガチャですから、運のいい人は良いアイテムを少ない回数で入手できるわけです。
さらに、オークションにて希少アイテムのRMT(換金)が出来るので、
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89&aucmaxprice=999999999&thumb=1&s1=bids&ei=utf-8
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB+%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%B2%E3%83%BC&auccat=&aq=0&oq=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB&ei=UTF-8&slider=0
運がいい人はお金儲けも可能です。
これは、限りなくギャンプルに近いような気がします。
だから、胴元であるソーシャルゲーム会社は異常なほど儲かるわけですよね。
アイテムの出現確率を少し操作すれば、あっという間に巨万の富が転がり込みます。

したがって、相手国がこのようなギャンブル的な物をすんなりと受け入れるはずはありません。
そもそも、日本のように通話料との同時請求、RMTが可能な場所、法規制の緩さなどのコンプがなければ、このビジネスモデル=「最強錬金アイテム」はGet出来ない訳で。
ちなみに中国はゲームに対する規制は厳しいですし、通話料との同時請求もいろいろと難しいです。

もちろんソーシャルゲーム自体の輸出できますが、日本コンプでGetした「最強錬金アイテム」無しだと、どうでもよいパフォーマンスに落ち着くのでは。
とすれば、高成長を遂げる新たな輸出産業にはならないわけで。
ゲームシステムの輸出は出来ますけど「最強錬金アイテム」無しじゃねえ。。そんな低収益なのに意味が無いというか。

日本の法規制も強化されるようですし、コンプ条件の変化で「最強錬金アイテム」自体が無効化されるかもしれません。
更にコンプガチャ自体が違法「景品表示法に抵触」との判断がされたようなので、過払い請求のように「お金返して!」という動きもあるかもしれませんね。
今は弁護士業界がアップを始めていたりして。

今回行ったのは中国の内陸部にある湖南省張家界というところ。ここから貴州省近くまで行ってみた。
新型iPadのみで各種の仕事に対応出来るだろうかという不安もあったが、まあ何とかなるでしょ といういい加減な判断でPCを置いて行った。

まず驚いたのが新型iPadの電池が持つ事だ。
重いと思っていたが、PCよりは軽くこれだけ電池がもてば、かなり実用的だ。
さらに中国の無線通信インフラは素晴らしく、こんな山中で繋がるのかというくらい3G回線(HSDPA)はほぼどこでも繋がるのでネット接続も問題はない。
もし有線でやったら、世界的な銅の高騰を招くだろうから無線回線の整備に力を入れているのだろう。

良く使うアプリケーション、スカイプ、エバーノート等も問題なく動作している。

つまり、中国の秘境でもだいたい東京のスタバでノマドやっているのと同じくらい仕事はできる。
ちなみに、珈琲は出ないが。

iPadのダメな点はSDカードが読めないところだ。これさえ読めればカメラから直接画像を取り込めるのに非常に不便に思えた。
それと、ほぼ全てをタッチパネルでやるやり方にはまだ慣れていないので煩わしく感じる部分もある。物理ボタンを備えたPCと比べれば操作性で一歩譲るのかもしれない。

 

ここでも3Gでネット

ここでも。。。

ここでも繋がる。。恐るべし。

ここ10回くらい春秋で、いい加減うんざりしていた筆者についに別の航空券が。

今度はアメリカの会社だとか。

ついに筆者も春秋=LCCを卒業だ! 機内食も水も出ない春秋よさようなら。路線バスで茨城空港まで行かなくていいぞ。

ほいと、予約されていたのは「デルタ航空」。春秋より200元安いからこれにしたとか言われた。

それって結局、最安値の航空券じゃないか。

下手すると、それって上海に夜中の2時とかにつく奴じゃないか。。

結局、最安値の航空券から卒業できてないという。

まあ、成田発着なだけヨシとしよう。

デルタより高いなんて、春秋にはもっと頑張ってほしいものだ。上場にかまけてサボっているのか?

昔の秋葉原はもっと怪しい感じだった。アイドルも居なけりゃ、メイドカフェもなかったはず。

そんな頃、まだラーメンいすづとかが存在した頃の秋葉に近い場所を上海で見つけた。

上海駅近くにある、この黄金に輝くビルだ。日本にも御徒町に似たようなビルがあった。。。

通信産品交易中心とある。

エスカーレーターの周りには店の宣伝が。

細かい店が沢山ある。

結構混んでいる店もある。中国語でもう少しまけろとか、これ本物か? とか店員と真剣勝負が繰り広げられている。 

Android4.0ICS搭載のギャラクシーネクサスから、iPhoneまであらゆる携帯が存在している。

アイドルやメイドですっかり、萌化している秋葉から消えた、胡散臭さとか怪しさを十分満喫できるこの場所。

昔の秋葉好きには、なにか懐かしい感じの場所である。

春秋航空は関東では茨城空港の発着である。
それって、一体どこにあるんだ? という話になる。

JR東京駅(所要時間1時間40分)、JR水戸駅(40分)、TXつくばセンター駅(1時間)、JR石岡駅(35分)からバスが出ている。
何故か東京駅へ行く路線の運賃が最も安い500円ですが予約していないと乗れないこともあるようです。
最寄駅のJR石岡からのバスはただの路線バスで運賃は600円です。
石岡駅発は本数が最も多いので、こちらを利用してみました。

石岡駅出口の左側にパン屋があるので、バスが居ない場合はそこで暇をつぶせます。
そのパンやから約100m程あるくとバス乗り場がある。

■バス時刻表
http://kantetsu.co.jp/green-bus/omnibus/timetable_green05.pdf
空港へ行く人は少ない。恐らくは数人である。

出発して暫くすると、バス専用道に入ります。これは鹿島鉄道の廃線跡を活用したものとのことです。
■鹿島鉄道HP
http://www.kantetsu.co.jp/katetsu/
確かに専用道でバス以外は走れないのですが、何故か速度は一般道より遅い感じでした。

並走する国道をゆく自動車にどんどん抜かれてゆきます。
専用道を走らないほうが、速いのでは? という疑問も。
このバス専用道にどんな意味があるのか、今一つ謎。

その専用道を抜け一般道を暫く走行すると、恐らくは昔は鉄道駅(小川駅?)だったであろうバス駅に到着する。
駅前には和菓子屋があり、鉄道があったころのおもかげが残されている場所だ。

再び一般道を走り、約10分くらいで茨城空港に到着する。道路はすいているのでほぼ時刻通りに運行されているようだ。


チェックインカウンター。ここで多少広い席、前方の席を売っています。(1000~2000円)


ここは自衛隊との共用空港なので、F-4やF-15が轟音を立てて発進したりしています。

F-4のモニュメント

土産屋もあります。

 


食べ物屋はこちらだけ。春秋航空は機内食がないので注意。
これらの他に、出国手続き後に小さな免税店が一店舗ある。この出国手続き後の部屋には自販機があるので水を買っておくと良い。
春秋航空は水も出ない。

タラップを使って乗り込む。パッセンジャーボーディング・ブリッジ(PBB)は無い。春秋航空はPBBがある空港でもタラップを使うことが多い。
そもそも茨木空港の便数は少ないので、成田空港のように乗り込んでから飛び立つまで待たされることは少ない。

筆者は片道切符で行くことが多いので、春秋航空を使うことも多い。
HISなどでみると、成田発の航空会社は片道切符のほうが高額な場合が多い。
しかも、旅行会社に規定をみると、往復を買って帰りを捨てると罰金とか書いてあるようです。

ここの会社はそんな面倒なことがなく、片道でも往復でも運賃一緒で、ネットで予約できるのでなかなか良いです。
ただし、機材が少ないので遅れる時は、メチャクチャ遅れるので注意が必要です。

急ぎの観光とかには向かないかもしれませんね。

 

春節=旧正月=中国の正月です。
つまり、中国の会社はみな休みです。

まあ、正月なので、中国のテレビでも見てください。http://chunwan.cctv.com/zhibo/cctv1/haiwai/index.shtml

さすが正月番組。つまならない。でもCCTVはNHKより進んでないか?
ネットでも配信しているので。

それにしても、遠くまで行った連中、みな故郷で元気でやっているだろうか。

上海はなまるうどん にて

カテゴリ : 
上海の休日
執筆 : 
chinese-homepage.com 2012-1-12 9:44

山手線が満員なので、いやになった。その後中国なら満員電車はないだろうと、一人で中国に来た。しかし、上海地鉄1号線は山手線より満員だった。

一人きりなので、自炊は面倒だ。そこではなまるらうどんへ出かけた。兎に角、中華料理が食べたくないので、それで来た。

ひとりきりで誰も話し相手はいない。ぼんやりと、うどんを取る列をみているか、それでなければ自宅警備員がいたので、それを見ていた。

自分は退屈すると、よく中国の自宅警備員をみていた。

入力 :自宅警備員
簡体字 :自宅警备员
繁体字 :自宅警備員
PinYin : zi zhai jing bei yuan

中国語の発音PinYinピンインだと、こうらしい。

帰る頃、自分は自宅警備員がうどんを食べているのを見た。

ふと思った。中国の自宅警備員は裕福なようだ。

はなまるうどんは一応日本式。中国の物価から考えると結構価格がする。

中国の自宅警備員は侮れないと思った。だから、今後中国は発展するとおもった。

その他のニュース
ブログランキング
にほんブログ村 IT技術ブログへ
 
ニュースカテゴリ
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
ランキング参加中

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

プロフィール
後藤(作者)