中国インターネット事情
トップ  >  ネットインフラ  >  インターネットインフラの状況

インターネットインフラの状況

中国の通信キャリアー

これは主として2強体制になっており、南(上海、新セン、広州、南京、重慶、西安など)が中国電信(China Telecom:CT)のエリアで、北(北京、天津、大連、ハルピンなど)が(China Netcom:CNC)のエリアとなっています。ホームページを運営する上では、この2社間の接続にも注意を払う必要があります。IX(Internet eXchange)の発達が遅れていて、キャリアー間をまたいでの通信速度がとても良くない状態です。従ってホームページを置くサーバには2社の回線が引き込まれている処を選択するのがベストと言えるでしょう。

 

中国の通信事情

中国ではADSLがネット接続の主力となっています。利用した感触としては、時間帯により大きくその接続速度が変化してしまい、また急激な切断も日本とは比べ物にならないほど多くお世辞にも進んだ通信インフラであるとは言えません。また、一部マンションでは光回線が組み入れられているところもありますが、こちらもお世辞にも速いとは言えない状態です。しかし、定額制であることには変わりなく、ダイアルアップ等とは比べ物にならない快適さは享受可能です。

 

日本のホームページを中国で見ると

中国では、キャリアー間の回線ですら細い上に、日中間の回線も細く、更にインターネットに対する情報統制システム(グレートファイヤーウォール)がそれに追い打ちをかけるため、かなりストレスがたまる速度になってしまいます。特に全体的な速度が遅い時間帯には、ページが表示されないこともしばしば起こります。この場合は中国国内のサイトもとても遅い状態です。

中国的互联网基础设施的状况

中国的通讯运营商
主要是两个强有力的系统,南方(上海、深圳、广州、南京、重庆、西安等)是中国电信(China Telecom:CT的)的区域,北方(北京、天津、大连、哈尔滨等)是中国网通(China Netcom:CNC)的区域。在营运主页上,这两个公司间的连接也需要予以注意。由于IX(Internet eXchange)的发展落后,跨运营商之间的传输速度处于非常不好的状态。因此选择这两个公司共同的线路来放置主页的服务器被可以说是最佳方法吧。

中国的通讯情况
在中国ADSL逐渐成为网络连接的主力。使用之后的感受是,虽说根据时间段不同连接速度会有所变化,但仍会时不时地突然断线,这一点与还日本相差甚远。另外,在某些高级公寓里还有一种光纤网络,但网速状态也很慢。但是,这并不改变固定费率制,可能享受到与拨号系统等难以比拟的舒适感。

在中国看日本的主页
在中国,不仅运营商间的线路很细,而且中日间的线路也很细,更由于互联网的信息控制系统(Great防火墙)的影响,速度变得非常紧张。尤其是在整体网络速度都很慢的时间段,无法打开网页的情况也时有发生。这种情况时中国国内的网站也处于非常缓慢的状态。
 

プリンタ用画面
お問合わせフォーム
お問合せ項目を入力して下さい
会社名(必須):
ご担当者様名(必須):
電話番号(必須):
メールアドレス(必須):
内容(必須):
種別:      
 
中国ネット基本情報
人気の記事
ニュースのトップへ
中国語サイト制作
放浪中国写真集
ニュースカテゴリ