百度は営業力強化のため上海で千人規模のコールセンターを設立した

最近、百度の上海支社は新しいオフィスビルに引っ越し千人規模の電話サービスセンターを正式に設立した。これで、百度の上海企業に対する営業能力が強化された。

情報によると、このコールセンターの場所は上海の嘉定区で、1000人以上のスタッフと経験豊富な百度のプロモーションコンサルタントがおり、上海地区の数十万軒の企業にネットワークマーケティングのソリューションを営業できるという。

調査によると、今まで百度上海支社はすでに3万軒以上の企業に検索マーケティングサービスを提供した。新しいコールセンターの稼働後は、百度の上海支社は、企業ユーザーにもっと便利で専門的かつ効率的なワンストップ検索マーケティングサービスを提供するという。

さらに、上海万博を機会に、上海のローカル企業のネットワークマーケティングにも切り込むという。。

百度は現在全国で30万軒以上の企業にサービスを提供した。全国40軒以上のマーケティングサービスセンターに依存して、1万人以上のプロフェッショナルなマーケティングコンサルタントチームを創立した。

百度検索マーケティングサービスはその広い範囲、強いターゲット性、効果、料金的な優位性によって多くの顧客企業を獲得している。

香港に行ったGoogleは、大陸では断続的に接続が切れたりして使い勝手が低下しているので、この機を逃さす刈り取ろうという百度の戦略なのであろう。