金盾 Great Firewall of China グレートファイアーウォールとは

中国のインターネット検閲システム。文字列の一致など、パターン認識で検閲をするという。

これらのシステムは、春節や国慶節などに強化されるという。

本年は上海万博があるので、影響があるかもしれない。

なお、各種プロバイダが自主的に検閲に協力している例もあるようで、Googleの中国撤退問題で明らかになったように、金盾ではなくGoogle自身が一部の画像の表示などを行わないなどの処理を行っていたことが明らかになっている。

実際に商用のICP等を取得する場合に、書き込みをチェックする人間の配置(つまり自主規制)を求められたりする。Googleの場合、この自主規制が突如解除されたために規制されていたものが一時的に見えるようになったのだ。

しかし、Googleに関しては今では金盾をつかって規制を行っているようだ。

この金盾の影響で日本など外国では見えているのに、中国国内では閲覧できないページがたくさんあるといわれている。

今話題のツイッターをはじめとしてYouTubeなどがそれである。

また、中国国内版スカイプには検閲機能が内蔵されているのも有名な話である。

このような巨大なシステムを経由するため、海外の通信はどうしても遅くなりがちで、中国国内にサーバを立てる必要が出てくるわけである。

ここからさらに外資が中国で商用ICPを取るのは非常に難しいといった話に繋がる。