中国での商売に必要なQQを日本語環境のWindowsに安全に入れるには?

QQは中国で商売をやる場合には必須のソフトです。
ちなみに、QQというのは、ICQのクローン的なものから始まったIM(インスタントメッセンジャー)です。

日本では、IMといえば、スカイプとかMSNメッセンジャーとかが比較的有名ですが、中国では圧倒的にQQが利用されています。

なぜ、IMが中国の商売には必要なのか? それは、商品を買う前にお客様がいろいろなことをこれで尋ねてくるためです。

商売上とても重要なQQですが、これを日本語環境に入れてしまうと様々な問題が発生します。例えば、別のソフトが文字化けが発生する等。(アンインストールをしても問題は解決しません)

そこで、もっとも安全にこのソフトを取り扱うには、バーチャルマシンを利用する方法です。

http://www.microsoft.com/japan/windows/downloads/virtualpc/sysreq.mspx

Windows用にマイクロソフトからVMが配布されているので、これを入手。
プロフェッショナル以上をサポートとありますが、実はホームエディションでも問題ありません。

これを利用して、余っているOSのCDを持ってきてインストールしてやれば、バーチャルマシン上で別のOSを走らせることが可能です。

そのバーチャルマシン上のOSにQQをインストールしてあげます。

なお、このVM上に中国語版のWindows環境を構築することも可能ですので、様々な検証にも使え重宝します。

ぜひ使ってみてください。