タオバオECショップが中国のヤマダ電機に勝った? 淘宝電器城の人気は国美電器を超えた

インターネットは再び奇跡を創造した。「淘宝電器城」(タオバオ電機モール)は毎日の平均アクセス数が300万件を突破して、200以上の正規品ブランドメーカーが参加した。

淘宝電器城(http://3c.taobao.com)はインターネットで家電を販売する新しいチャンネルとして、2010年1月13日に運営が始まってから今まで、3ヶ月も経たない間に、もうメーカーと消費者に認められた。  
 
公開されているデータによると、中国国内最大の家電や電子製品を販売するチェーン店「国美電器」は現在、直営店1300以上を運営し年間客流量は10億人以上、つまり平均で毎日の客流量は274万人であるといわれている。

こう見ると、開業から3ヶ月もない淘宝電器城の人気は、もう1987年に創立された23年の経営歴史を持つ「国美電器」を超えたと言えるだろう。

淘宝電器城の優位と強大な競争力は証明された。

これは今後、他の家電B2Cサイトに対する強力な圧力となることだろう。