テンセント 新しいホワイトカラー向けSNSサイト「朋友社区」を開始

最近、テンセントの新しいSNSコミュニティプラットフォーム「朋友社区」(pengyou.qq.com)が登場した。

「朋友社区」はオフィスで働く人々のニーズに対して専門の機能と応用を提供する。ユーザーに仕事と生活をカバーするソーシャルネットワークを作成するという。この行動はテンセントが正式にホワイトカラーのSNS市場に参入することを示していると考えられる。

紹介によると、「朋友社区」は学校生活版と仕事生活版この2つのバージョンに分かれる。学校生活版は大学生向けで「QQ校友」のことだ。CNNICなどのサードパーティ調査研究機関の報告によると、「QQ校友」は国内でトラフィックが一番大きくユーザー数が最も多いSNSコミュニティとなっている。今回開発した仕事生活版は、会社の同僚との交流空間を提供するだけでなく、オフィスで働く人々が関連業界で友達と付き合って、職業キャリアを拡大できるようなプラットフォームを提供する。

「朋友社区」は厳しい実名認証製を採用する。会社内部の電子メールアドレスで認証した後に自分の会社のコミュニティに入ることができるようになっている。こうしたシステムはコミュニティ内の人物が確実に同じ会社の職員であることを保証している。

テスト段階では、2500軒の国内上場企業と一部の500強の企業の従業員が参加したという。

テンセントの「朋友社区」の登場は、現在中国国内のSNSサイトの主流となっている人人網や開心網と更に激しい競争になると考えられている。