中国「新浪」 Twitterクローンのおかげで好調

新浪(シーナ)が発表した財務報告書によると、去年の純売上高が4.026億ドルに達し、前年に比べ12%増。
中広告収入は2.908億ドルに達し、前年に比べ28%増。

また、財務報告書は新浪マイクロブログの登録ユーザー数が1億人を超えたことを示している。4ヶ月前に発表されたデータに比べ倍増している。
新浪マイクロブログのアクティブユーザーの割合はTwitterに相当するが、ユーザーの平均オンライン時間の長さはTwitterを超えている。

新浪はマイクロブログを成長戦略の中核として投資を加速し、業界での主導的な地位を高めることを計画している。

新浪CEO曹国伟によると、今まで新浪マイクロブログは主に口コミでユーザーを増やしてきたが、今年からもっと積極的に大衆市場に、特に2、3級都市に向かって拡大する予定だという。
そのため、宣伝・プロモーション費用を大幅に増加し、より迅速にユーザー数を増やす必要がある。
同時に、新浪マイクロブログは、スタッフ数を増やす予定である。スタッフ数は既に約600人に達したが今年は倍増するという。
また、新浪マイクロブログは広告システム、リアルタイム検索など様々な収益を得る方法を開発しているという。