「新浪微博」weiboにゲームプラットフォームと仮想通貨「微幣」登場

7月19日、「新浪微博」(シーナマイクロブログ)の「微遊戯」(マイクロゲーム)プラットフォームと仮想通貨「微幣」が登場し、さらにその機能を向上させた。
現在、この2つの製品はクローズドベータテストの段階である。

「微遊戯」はマイクロブログのユーザーシステムをベースとしたインターネットゲームプラットフォームであり、ゲームと1億人以上の新浪マイクロブログのユーザーをリンクする。
現在のところ、このプラットフォームには6つのミニゲームがある。

シーナマイクロブログの紹介では、「微幣」はマイクロブログによって発行された仮想通貨であり、テンセントのQ幣に似ている。
「微幣」はマイクロブログプラットフォームの様々なバーチャル製品と付加価値サービス(サードパーティの開発者が提供するものを含む)の購入のオンライン決済に使われる。
「微幣」と人民元の交換比率は1:1である。現在のところ、チャージ(購入)の方法は工商銀行、招商銀行を含む多くのネット銀行及び支付宝(Alipay)である。

注意すべきなのは、「微幣」で引き出すことや振り替えることはできないこと。
また、チャージ(購入)が成功したら、払い戻しはできない。

テンセントのQ幣が登場して以来、ネットでの仮想通貨の種類は日増しに増加している。
百度の「百度幣」、盛大の「元宝」、捜狐の「狐幣」、新浪の「U幣」、邊鋒遊戯の「銀子」などが次々と現れている。
今回「微幣」の出現は仮想通貨分野の競争をさらに激化している。
しかし、「微幣」はこの競争に勝てるかどうかはまだ不明である。