百度 Windows Phone7用のブラウザを公開

最近、百度はWindows Phone7携帯電話のために専用の中国語ブラウザを公開した。
WP7モバイルブラウザは高速かつ便利であり、ユーザーは簡単に様々なサイトにアクセスすることができる。
百度の発表によると、百度はまた他のプラットフォーム向けのモバイルブラウザを開発する予定である。

現在、百度携帯電話ブラウザはすでにWindows Phone Marketplaceに公開されている。ユーザーが手軽に使えるように、百度携帯電話ブラウザは人間工学的なレイアウトを提供して、ブラウジングのプロセスでの余計なステップを減らしている。
底部にはスライディングのズームイン・ズームアウト機能が付けており、ユーザーはタッチ画面での操作効果を体験することができる。また、このブラウザはアドレスバーと検索ボックスが1つになって、アドレスとキーワード検索はインテリジェントに識別されるという。

今年4月には、百度携帯電話ブラウザAndroid版の内部テストを開始しており、6月にはAndroid版ブラウザのテスト公開を開始している。
携帯電話ブラウザは、携帯電話において各種サービスへの入り口となる重要なツールだと百度では位置付けられている。

携帯電話の操作性がPCより悪いので、ブラウザそのものを押さえてしまえばいろいろなサービスで優位に立つことができるという考え方なのだろうけど、そもそも「Windows Phone7」を使っている人を中国でも見たことが無いな。
この前、百度とbingが提携したので、義理で出したのか。