土豆網と楽視網、合弁会社を設立 華流ドラマのネット販売へ

動画サイト楽視網(LeTV)は土豆網と契約を結んで、共同出資して合弁会社を設立、主に国産のテレビドラマのネット著作権の購買と販売事業を展開すると発表した。

公告によると、合弁会社の登録資本金は100万元である。
楽視網は自己資金で51万元を出資して、合弁会社の登録資本金の51%を占める。
土豆網は49万元を出資して、合弁会社の登録資本金の49%を占める。

契約によれば、双方は共同で楽視網の「http://tudou.letv.com」ドメイン名に基づいた動画サービスプロジェクトを構築する。
このプロジェクトは楽視網が動画関連情報、動画コンテンツ及び動画再生技術のサポートを提供する。
土豆網がこのプラットフォームの運営を担当する。また、土豆網は毎年楽視網に5,000万元の最低限営業収益を支払うという。