春秋航空で日本へ 片道キップ

春秋航空の良い点は何かといえば、価格が安い点以外にも、実はもう一つあって片道でも往復でも料金が同じだというものがあります。

航空券の場合、片道キップは、実は往復の値段より高いことも多い。

往復を買って、復路を捨てればよさそうですが、航空会社の規約書を見ると復路も乗らないと金を請求される場合もあると書いてあります。

片道乗らないのに金を取られるとは、なにか理不尽な感じもするのですが、確かに良く見るとそう書いてあり、稀にですが実際に請求されることがあるそうです。 まあ、筆者の周りにはいませんが。

春秋航空なら、片道、往復でも料金は変わりませんので、片道キップを良く利用するなら、価格が安いという点以外にもなかなか便利なわけです。

もちろん、茨城空港が遠いとか、機内では水すら出ないとか悪い点も多いのですが。

今、浦東空港ですが、そんなに混んでいないですね。無線LANが無料なので記事を書いています。この点は日本の空港よりいいです。

上海>茨城間より、茨城>家間のほうが時間がかかる。。でも、価格はサーチャージ税金込みで12,500円くらいでした。