中国の病院 治療費は地方より都会の方が安い

同じ治療をするとしても、地方の医院より都会の医院のほうが全ての面において優れているようだ。
症例数が多いので医師の腕が上がるし、施設も当然新しい。
さらに重要な点は、様々な医師の中から評判の良い医師を選べるのでハズレの可能性が少なくなる。

そして、地方の医院だと競争が無いためか、患者の無知に付け込んでいるためか、同じ治療でも都会価格の2倍くらい高く提示されたりする。
保険制度が日本のように整備されていない中国において、この差は大きすぎるといえるだろう。
給料水準が日本の1/3の中国で日本円でいえば100万円単位で違っていることもざらだ。
知識が無いとボッタクリにあうというこの状況。
中国で病気になったら絶対都会の病院で診察してもらったほうがよさそうです。
もちろん、外人向けの医院もあったりするので、海外旅行保険等に入っている人はそちらの方がより良いと思いますけど。

そういえば、中国で病院に行く場合には、かなりの大病院でもネットで診察の予約が取れたりします。
それも病院毎の予約サイトではなくて、ホテルの予約サイトみたいなものがあって、複数の医院、複数の医者の中から簡単に選択することが可能です。
紹介状とかもいりません。
とても便利な機能と言えるでしょう。