ナカモトサトシ出てこい! 最大級のビットコイン取引所 Mtgoxが取引停止に

世界最大とも言われていたビットコイン取引所「Mtgox」が取引停止に陥った。
「Mtgox」はハッカーの攻撃により顧客から預かった大量のビットコインを盗まれたという報道もされており、今後の行方が注目されています。

しかし、これは一取引所の問題というよりは、ハッキングに強いはずのビットコインがハッキングされたという点で、ビットコインに対する信用を揺さぶるものだと考えられるわけです。
国が預金封鎖をすることはないというのが、ビットコインの売りの一つだったのですが、代わりにハッカーによって「Mtgox」の顧客は、今預金封鎖されてしまっています。
ビットコインという通貨にとって、大きなダメージとなる出来事なのは間違いありません。

さて、信用を取り戻すには、さっさと顧客に払い戻すことが重要ですが、ビットコインを払い戻すためには盗まれた穴を誰かが埋める必要があります。
中央銀行も政府も否定するビットコインですから、当然公的資金による救済なんてものは、絶対にあり得ない話です。

しかし、ビットコインには、中央銀行は無くても、ナカモトサトシがいるではないか。
この開発者が、最初から大量に保有しているビットコインを使って、この状況を収めるのが現実的ではないでしょうか?
ビットコインの利用者は、彼に対して多額の税金を支払っているとも言えるので、おかしい話でもありませんし、その救済による最大の利益享受者は、間違いなく彼でしょう。

そういえば、中国では、シャドーバンキングがヤバくなると、突然謎の投資家がそのボロ債権を高値で購入してデフォルト回避 みたいな話も良くあります。
これは、当局が金融システムを安定させるためにやっていることですが、同じように圧倒的な量のコインを保有するナカモトサトシが、謎の投資家となって「Mtgox」を救済するというのが、ビットコインシステムを安定化させることになるのではないでしょうか。

しかし、一方でこういう可能性もあります。
ビットコインはただの実験だから、まあ放っておいてもいいや。別に安定しなくても問題なし…むしろ耐性試験になると、考えているのかもしれません。

いずれにしても、ナカモトサトシの掌で踊っているわけです。