遂にビットコインのナカモトサトシが判明した。偽名にあらず。(追記あり)

ビットコインの作者「ナカモトサトシ」。その行方は杳として知れなかったわけであるが……
米国のNewsweek紙が遂にビットコインの作者を突き止めたようだ。

http://mag.newsweek.com/2014/03/14/bitcoin-satoshi-nakamoto.html

米国に住む日系人のナカモトサトシ氏 別府出身の1949年生まれの64歳。趣味は鉄道模型。
偽名じゃなくて「ナカモトサトシ」が本名でした。

その軍関係の機密研究をしていたというプロフィールからは、今まで表に出なかった隠れた天才といった印象を受けます。

ビットコインを作った理由は、大銀行が儲けるのが気に食わなかったから、もっと平等な金融システムを作りたかったというものらしいです。
ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street、もしくはOWS)という物理的な運動がありましたが、ビットコインはバーチャルな現金融体制に対する挑戦と言った感じでしょうか。

筆者としては、今のビットコインのネットワーク構造は、彼が考えていた「ノードは同時に動作するが協調性は低い」状態なのかだけ聞いてみたい。
彼は今はビットコインに関わっていないと言っているので、しらんと言うのかもしれないが。

追記
彼はナカモトサトシではないという書き込みが、ビットコインのフォーラムにナカモトサトシアカウントであったとのこと。

物凄い取材陣が彼の元に押しかけて、すごいことになっている模様なので、このニューズウィークの記事を否定する書き込みをしたようだ。

まあ、だからと言って、フォーラムに書いた人物が誰かわからない以上、その書き込みをもって何の判断もできないわけで。

取りあえず、この状況では例え本物だったとしても別人です! と言いたくなるのは間違いありません。