中国へiPhone6密輸で儲かる? 中国の人が皆いいケータイ持っているのはなぜか?

最近では、iPhone6を日本や香港などから中国国内へ持ち込もうとして、日本人が摘発されたりしています。
つまり、高級スマホのiPhone6を中国に持ち込めば、日本や香港よりも高く売れるという事で、かの国には旺盛な需要があることがわかります。

日本だと、シムフリーのアイフォンで一番安いモデルが67,800円。
これが中国へ行くと、4,750元で売ってますから、1元17,842円で考えると85,000円となり、17,000円くらいの差額となります。
この前上海で拘束された日本人は453台持っていたと報道されていたので、この一回の持ち込みで770万円の利益となります。
この利潤であれば、拘束リスクを負ってもやろうと考える人はいるのではないでしょうか?

中国に行くと、結構いいスマホを皆持っているので驚きますが、このパターンで世界中から最新高級ケータイが集められているわけです。
それにしても給与水準はまだ決して高くはない中国で日本より高く売られているスマホが売れるというのだから、これもまた疑問です。

例えば、給与が3000元(53,526円)くらいの人でも、普通に一か月の給料より高いiPhoneを持っています。
もちろん小米とかを使っている人のほうが多いでしょうが、小米だって2000元くらいしますから給料の3分の2と結構高いですよね。

面子の為に買っているという見方もあるとは思いますが、そうではないでしょう。
それだけの投資に見合うリターンが、中国で高額スマホを利用した場合にあると考える方が自然ではないかと思います。

中国ではコンテンツが無料! というのが大きいでしょうね。
つまり、コンテンツの器さえいいの買っておけば、そこに入れるものは全部無料だから、その投資効率は非常に高いという理屈です。

世界中の音楽が無料で、世界中の映画も無料で、となれば……中国のスマホはまさに夢のマシンということで給料を超える投資も決して高くはないのでしょう。

もちろん大部分が海賊版だから日本でこの投資効率を得ることは不可能です。同じモノでも状況によってその価値が全く違うわけですね。