中国の賃貸不動産サイトはかなり適当。評価が高い(ダイヤ)でも、無くても同じかも

中国にも当然、賃貸不動産が有る以上、それを紹介するWEBサイトがある。これらのサイトには不動産屋単位ではなく、営業マンが自分の前で部屋情報を投稿している。

この不動産営業マンに評価がついていて、システムとしてはヤフオクのスターやタオバオのダイヤモンドと変わりはしない。

サイトを見ると部屋がいくつも掲載されているのだが、写真はニセものが多く、実際に行ってみると全くちがうという状況が殆どだ。

ダイヤの評価をもっている営業マンでも、かなり適当に掲載をしている感じである。中には、すでにそんな部屋など存在しないにも関わらず延々と掲載し続けたり、別の用事があって訪れた豪華な部屋の写真を撮影して、資料としてつかってしまったり。つまりかなり適当なのだ。

そんな中でも、流行っているのがCGである。おそらく、どこかの設計事務所の内装見本CGとかを適当にコピーして部屋の写真として流用しているのだろう。おかげでサイトだけ見ていると価格は安いのに宮殿のような部屋があったりするわけで。

こんなところに電話をしようものなら、「あ、その物件は埋まってしまったんですよね。別の良い物件があるから。。。」とセールストークを聞かされ、いらねー! と言っても何度も電話が掛ってくること請け合いだ。

日本人相手の不動産会社ならきちんとしているけど、不動産価格が上昇しまくる上海で日本人価格はたまらないので上海現地不動産会社に突撃という流れになる。その突撃準備として中国の賃貸サイトを使う訳だが、まあ写真とか情報とかは当てに出来ないことはご理解頂けたと思う。

では、それらのサイトの利用法は何か? 取りあえず建物の場所とか規模とか築年数とかそんなのはわかるので、それは役に立つ。あとは、貸し出されている部屋の数とかも重要だ。

上海のそれなりの建物は、投機対象になっているので実際にそこに住んでいる人間は少ない。だから大抵どこでも空いていて、近くの不動産屋にいけば案内してもらえるので、現物をみて良ければ決定するという流れになる。ネットでは部屋の感じは全くわからないので、その部分に対して当たりを付けられないので、気に入った部屋を見つけるためには足が勝負になる。

WEB賃貸サイトの写真が偽装なのは書いたとおりだが、更にその後があるのが中国の部屋。実際に現物を見て良さそうな部屋も、実際はオンボロ、ポンコツの部屋ということが殆どだ。

築3年のマンションで、唐突に蛇口が崩壊! して水が溢れたり、何気ない動作でスイッチを操作するといきなりスパークしたり。etc.etc…

部屋の価格は300万元だというのだから、中国の不動産はバブル景気とかそういったレベルじゃない。

中国の家の寿命が30年? 価格は高くなったが質は限りなく低下

中国政府・住宅都市農村建設部の仇保興副部長が、3月29-31日に開催された「第6回国際緑色建築と建築省エネ大会」で、中国の建築物は平均で25-30年の寿命しかないと述べたことが分かった。英国の132年、米国の74年など先進国と比べて極めて非効率で、毎年数万トンのごみを生み出すことになっているという。チャイナネットが報じた。

中国のマンションに住んだことがある人ならば、この話には思わず頷いてしまうのではないだろうか? 筆者もいろいろと住んだが、2003年くらいに建てられた30偕位のマンションだというので、まともな建物かと思ったら、壁はボロボロ、カーテンレールはカーテンを引っ張ると落ちてくる、スイッチはショートする、水は漏水するなどなど、建物の質はとても悪い。

つまり、中国のマンションのコンクリで作られた躯体も、内装の部分も、日本のレベルには全く到達していない。姉歯建築士の耐震偽装ヒューザーマンションでも、中国のマンションに比べたらどれだけマシであろうかと思う施工なのだ。

このような質の悪い建物に、投機マネーが流れ込み質の悪い建物がどんどん生み出されている。今は建物が出来る前から売買が繰り返されていて、建物は既に記号としての価値しかなく、まるで実際にそこで誰かが住むということを想定していないかのようだ。実際、中国のマンションはコンクリ打ちっぱなしで取引されて、買主が内装を施すので貸し出されるようなマンションの内装が安っぽいのも仕方がないのだが、家売ってるってレベルを遥かに上回る投機戦争が行われている。

こういった、投機バブルとは無縁の一般庶民は、このような質の悪い建物を高値で買わされる羽目になってしまっている。今回の住宅寿命30年節を聞いた彼らがネットで論争を繰り広げているという。

蝸居(かたつむりの家)という都市住宅問題を扱ったドラマが放送されるくらい上海の家は高額だ。そんな家を買った庶民のローン返済が速いか、家の倒壊が速いかというという状態に陥ってしまっては住宅30年説の論争は止みそうがない。

しかし、世界中からお金を集めて大量のガラクタを作り出しているなんて事にならなきゃいいけど。住みもしない家を大量に建築しているところが、なんとも言えません。