医療広告を巡る百度と医療広告代理店の戦い

11月7日、「利民時代(北京)医薬信息諮詢有限責任公司」という医療広告代理会社は、独占地位を利用した不正競争を理由として百度を起訴することを発表した。

更に、この会社は百度の不公平な広告システムを非難した。
紹介によると、国の医療広告に対する規制のため、従来のメディアでの広告配信は困難なので、どんどん検索エンジンのキーワード広告配信に頼るようになった。
一方、百度はその独占的な地位を利用して、「鳳巣(Phenix Nest)」というPaid Listing広告システムを導入した。
価格の不透明のため、百度のキーワードのクリック費用はますます高くなって、巨額な広告費は消費者に押しつけられているという。

また、この医療広告代理会社の総経理黄暁勝によると、同社は既に5年間で百度の医療検索広告の代行サービスを提供し、60以上の病院の百度でのPaid Listing広告業務を代行した。
百度のPaid Listing医療広告のために累計約2億元を投入したが、百度からもらった領収書は広告費としてではなく、技術サービス料として発行されたものである。
広告費の税率は8.5%で、技術サービス料の税率は5.5%である。そのため、百度の行為は脱税の疑いがあると語っている。
また、百度には多くの違法な虚偽広告が存在する。百度は広告費の領収書を発行しないのは関連広告規制を回避するためでもあると疑われている。
そのため、同社は工商、税務機関などの部門に百度の違法行為を告発して、関連部門にPaid Listingを広告の規制範囲に入れることを要求するつもりだという語った。

百度側の見解では、最近百度は規定に違反した医療プロモーション企業の取り締まりを強化したという。
この医療広告代理店は取り締まり規定に違反した会社の1つなので、百度は既に工商、衛生、公安などの関連部門に届け出たという。
そのため、上記の会社今回の行動は百度に対する報復行為だと思われるとしている。
また、百度の経営行為は国家の法律や規制を守った行為で、発行した技術サービス料の領収書も適法だと百度が述べた。

先週はやらないと言っていたのに、当当網もやっぱり医薬品の販売分野に進出へ

7月12日、当当網内部の情報筋によると、当当網最近は医薬分野に入ることを考え、「国薬控股有限公司」(Sinopharmホールディングス)と提携のための交渉を行っているという。

上記の情報筋によると、当当網と「国薬控股有限公司」の戦略的提携の交渉はすでに最終段階に入っている。
双方の提携はしばらく資本のレベルに関わらず、「国薬控股有限公司」は当当網に直接にヘルスケア製品を提供する予定だという。
国が規定する医薬品に対して、当当網は直接に「国薬控股有限公司」の電子商取引プラットフォームへ飛ぶという。

しかし、先週、当当網の理事長俞渝は、当当網はオンライン販売商品のカテゴリと範囲を拡大し続けているが、淘宝商城と京東商城の2つのライバルが参入している医薬品B2Cの分野に対して、すぐにはやらないと述べていた。

「国薬控股有限公司」は中央直属の中国最大の医薬企業集団である「中国医薬集団総公司」と「上海復星高科技(集団)有限公司」の共同出資により設立された大規模な医薬集団企業である。

また、7月12日、当当網は積極的にオンライン医薬品を販売する資格を申請していると当当網のCEO李国慶が表明した。
これも当当網が医薬品電子商取引の分野に入ろうとしていることを意味する。

タオバオ 医薬品ネット販売頓挫? 販売資格規制の厳密化で

今年6月20日から淘宝商城が医薬品ネット販売(http://yao.taobao.com/)を始めて以来、業界では淘宝商城は医薬品の販売資格を持ってるかどうかについて論争が起こっている。

「インターネット薬品取引サービス審査批准暫定規定」によると、「互联网药品交易服务资格证」(インターネット薬品取引サービス資格証書)と「互联网药品信息服务资格证」(インターネット薬品情報サービス資格証書)を同時に持つ企業のみがネットで医薬品を販売することができる。

最初の提携パートナーとして、5軒の医薬品B2Cサイトが淘宝商城に入った後、すぐに淘宝網はライセンスなしに医薬品を販売していると指摘があったが、淘宝商城は情報発表プラットフォームだけで、直接に医薬品の取引サービスを提供していないと淘宝商城方面が答えていた。

淘宝商城の他の商品と違って、消費者が淘宝商城の医薬品カテゴリで買いたい医薬品を選択した場合、取引のプロセスは提携する薬局のサイトへ飛んでから行われる。
従って、淘宝商城は具体的な取引に参与しない。

しかし、淘宝商城のその解釈は監督管理部門に承認されていない。7月8日、国家食品薬品監督管理局から、淘宝網は医薬品ネット販売の資格を持たず、浙江省食品薬品監督管理部門に調査され、整頓・改善を要求されたことが確認された。
淘宝商城はインターネット薬品情報サービス資格証書だけを取得したという。

また、最近、淘宝網はすでに5軒の提携する医薬品店舗のページへのリンクを中止している。

鉴于淘宝商城独立运营,系统调整,现对此商品链接商家官网的外部跳转体系升级,需购买的用户请直接登陆商家官网购买。升级完毕后我们将尽快恢复,感谢您的支持。
システムのアップグレート作業と書いてあるが、実際はこの販売資格の問題であろう。

中国 B2Cの次の主戦場は医薬品? ネット薬局を巡って様々な噂

最近、京東商城は「九州通医薬集団股份有限公司」と合弁会社を設立し、この合弁会社を介してネット薬局のライセンス利用し、医薬品B2C分野に参入しようとしているという噂が流れている。
京東商城は、上層の管理職を新しい合弁会社のCEOに任命する予定で、関連情報は間もなく発表される予定だというのだ。

しかし、この情報について、京東商城の関連責任者は知らないと表明しており、また現在のところ九州通の方面からの回答もない。

「九州通医薬集団股份有限公司」は西洋薬、漢方薬と医療機器の卸売、物流配送、小売チェーン及び電子商取引をコア業務とする企業である。
2009年の税込み販売統計指標は220億元で、全国ほぼ1万軒の製薬商業企業の中で第三位を占める。
傘下のEコマ—スを担当する「北京九州通医薬有限公司」は北京市薬品監督管理局の承認の元で設立された医薬品卸売企業である。経営業務の範囲は医薬品の卸売、物流配送と医薬品電子商取引を含む。

6月20日、淘宝網は医薬・保健カテゴリを設置し、正式にオンラインで医薬品などを販売し始めた。「上海复美大药房」、「北京金象大药房」、「杭州九洲大药房」、「江西开心人大药房」及び「云南白药大药房」など5軒の製薬会社が最初の提携パートナーとして、淘宝商城に入った。
その前に、テンセント傘下の拍拍網も医薬品販売を開始した。

それについて、「国薬控股有限公司」(国薬ホールディングス)電子商取引プロジェクトマネージャー鲁振旺は、オンライン医薬品販売はB2Cの新しい競争市場になると表明している。
中国の新医療改革がオンライン医薬品販売を医療体制の一部として助成しているため、現在、多くのB2Cプラットフォームはこの市場に展開を開始し始めているという。

しかし、伝統的なB2Cプラットフォームと小さな医薬品B2Cは専門の、国家規定に適う医薬品B2Cを作ることは難しいと鲁振旺が考えている。

中国の国家食品薬品監督管理局の規定によると、まず、「互联网药品交易服务资格证书」(インターネット薬品取引サービス資格証書)(ネット薬局の取引ライセンス)の申請者は全国的な医薬品チェーン企業でなければならない。
そして、完全に市場に適する物流システムを持つこと、GSP標準(薬品経営質量管理規範)の品質システムに適うこと、などの審査承認を得ることなどの条件が必要である。
京東商城などの、既存B2Cプラットフォームとほぼすべてのサードパーティイ物流配送プラットフォームはGSP要求に満たしていない状態であり、このままオンライン医薬品販売を行うのは規則違反行為である。

つまり、京東商城などは伝統医薬品会社と提携する理由は、医薬品チェーン流通会社はネット薬局のライセンスを持っていること。
また、医薬品の配送と倉庫システムの要求がとても厳しいので、京東商城の力だけでは速やかに構築し運営することが困難であり、また莫大な資金と手間がかかる為である。

統計によると、中国では今まで「インターネット薬品取引サービス資格証書」を取得した企業は僅かに35社だけである。
従って、ネット販売の全体売上高から換算すると、医薬品流通領域で無視できるほどの低シェアを占めているに過ぎない。

しかし、2007年時点で米国では1,000以上のネット薬局があり、市場規模は約1700億ドルだった。2010年になると米国のネット薬局の売上高は医薬品流通領域全体の約30%を占めているという。

日本では国に潰されたネット薬局ですが、中国ではこれ専用の免許があり業者も存在している。
といっても免許の取得は難しく、容易に参入できるわけではないが、少なくても日本のように勝手に国が規制して禁止しないだけマシであろう。

中国最大の医療情報サイト ナスダック上場へ

中国の電子商取引サイトや動画サイト、SNSなどが次々と米国で上場しているが、中国国内最大の医療ガイドポータルサイト「中国导医网」(http://999120.net/)もまた、ナスダックへ上場することを決めたとの報道があった。

上場する時間はまだ明らかにされていない。

情報によると「中国导医网」は中国の最も影響力のある健康関係メディアの1つで、中国初めての専門的な病院予約などのサービスを提供しているという。