リーマンがゲームユーザーの主力に。中国、ゲーム会社の売上倍増も事務員の生産性1/2か

国内最大のオンラインゲームポータルサイト「17173」(www.17173.com)は《2009年度17173中国オンラインゲーム市場のユーザーの研究報告》を公表した。

報告書の内容によると、オンラインゲームの十大企業は去年第3四半期だけで売上が55億元に達したという。

また、プレーヤーの職業はサラリーマンは33.5%を占め1位、かつて主力だった学生は21.6%で2位となった。

17173のマネージャー張潔は、社会人のユーザーが全体プレーヤーの73.5%を占めると表明した。

学生より可処分所得が高いサラリーマンがオンラインゲームの主体となることによって、安定的な消費を期待できるという。

そして、それはさらにプレーヤーのARPU値(1ユーザー当たりの平均収入)を増加させる。

ユーザーのマスボリューム層でも、ARPUは60—100元から200—300元まで増加する見込みがあるという。
   
統計によると、中国のインターネット利用者の中で、オンラインゲームを使う割合は62.8%だという。

3億人くらいいるから、1.8億人がゲームやっている中国はゲーム大国だ。

しかし、経済的に見るとどうなんだろう。

中国で仕事をしてみるとわかる事ですが、中国人の同僚が結構QQとか仕事中にやってました。

QQはビジネスでも使うんですが、そうじゃない私的なやつをカチャチャチャと。

そして、今度はネットゲームかい! と。

ラオバン(ボス)が切れそうなブツがまたまた投入されるという事態だ。

ARPU値は2倍になっても、事務所の生産性は1/2になりそうな話である。

未来のホンダはここにある? ホンダやスズキも含まれている中国の10大バイクメーカー

以前、中国のバイクメーカーが将来ホンダのような飛躍を遂げて世界メーカーになるのではないかという記事を書いたことがあった。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=16&cid=2

では、どのようなメーカがあるのか? でも一位がホンダだったりします。

ブランド名: 本田
説明:世界ブランド 中国10大バイクブランド
URL:http://www.honda-motorcycle.com.cn/

ブランド名: 雅马哈-建设
説明:世界ブランド 中国10大バイクブランド
URL:http://www.jym.com.cn/

ブランド名: 钱江
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.qjmotor.com/

ブランド名: 豪爵
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.dachangjiang.com/

ブランド名: 宗申
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.zongshenmotor.com/

ブランド名: 宝马
説明:世界ブランド、中国10大バイクブランド
URL:http://www.yanbao-bmw-motorrad.com/

ブランド名: 轻骑铃木
説明:中日合弁会社、中国10大バイクブランド
URL:http://www.qssuzuki.com.cn/

ブランド名: 嘉陵
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.jialing.com.cn/

ブランド名: 大阳
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.dayang-motorcycle.com/

ブランド名: 力帆
説明:中国10大バイクブランド
URL:http://www.lifan.com/
 

タオバオとYahooジャパンが提携。さて物が動くので物流はどうするのだろう?

タオバオ タオパオ とYahooが提携

タオバオ・YahooJと、楽天・百度のバトルですね。

インターネット通信販売で日中の大手が連携する。国内2位のヤフーは夏までに中国最大手の淘宝網(タオバオ)とネット通販サイトを相互接続。中国から日本の商品、日本から中国の商品を購入できるようにする。国内首位の楽天は中国・検索大手の百度(バイドゥ)と組み、今年後半から中国でネット通販を開始する。急成長中の中国のネット通販市場は2009年に3兆円を超えた。日本勢は中国の旺盛な消費を取り込み、商圏を拡大する。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E1E2E2E0908DE1E3E2E1E0E2E3E29F9FEAE2E2E2

日本からの輸送がどうなるのでしょうか? その逆は?

実はこのブログは一応会社でやっているのですが、

この会社が、WEB制作会社でありながら、特に海上コンテナ輸送、通関(社長は通関士)など、海外物流の業界に幅広いネットワークを持っていたりします。

この通関関税の部分で、以前ある大手日本企業の方が、昔、企業として中国に進出していない時代に、香港から運び屋を使ってどんどん商品を入れたという話を伺いました。

当時、中国に会社がないのに、その会社のブランドは中国人なら誰でも知っていたということでしたね。

こういった、香港シンセン間の流れは現在でも生きているようです。

さて、こういったある意味アングラな流れと、ITパワーで日中間の通関システムを統合しようとする流れまで、様々な流れがある中で、今回のYahooとタオバオの提携ですから。

面白い話です。

おそらくは、アングラ物流 香港からシンセンなどから流入する物品と、通関を通す流通との競争になりますが、関税部分のコストを、IT化を果たした通関システムと、様々な物流スキームを組み合わせることにより、アングラより低コストで打ち込める。

とか、秘策があるのかもしれませんね。

孫氏や馬氏がこのあたり何も考えずにやるとは思えないですし。

注目の記事です。

同じ商品が日本でいくらで売られているか? 一瞬でわかるツールを作って提供すれば受けるかもしれませんね。

日本円の表示を読み込み、それを元に変換するみたいな。

PHPとMYSQLあたりで。

世界最安値ブラウザみたいなものが作れれば。。

アリババがサルマーク宅配便会社に投資する。中国ECの発展がますます加速する

アリババグループは昨日正式に「星晨急便 http://www.4006688400.com/index.asp」と宅配便会社という協力関係に署名した。

アリババは「星晨急便」に資本を注入して、そしてその一部の株式を獲得する。

しかし、両者は資本の金額と株式の割合を公開しなかった。

調査によると、両者は以前すでに部分の協力関係があった。

「星晨急便」は淘宝網のショップに提供した地域によって倉庫を区分する配送サービス、および「支付宝(Alipay)」と協力したPOS機決済サービスなどを含める。

将来はもっと多くの電子商取引に適した物流配送サービス、例えば、物流会社が提供する物品の検査、交換・返品、インストール・デバッグなどのサービスを提供すると「星晨急便」のCEO陳平が表明した。

両者の電子商取引と物流配送での協力は、電子商取引サービスの機能を強化することになると見られている。

上海万博に向けて、まもなく外灘(バンド)新装オープン。3月28日(日曜日)から

上海バンドの黄浦江沿いの遊歩道であるが、去年の5月から行われていた改装工事が終わり3月28日より公開するという。

あちらこちらで工事を行っている上海であるが、一番の観光地であるバンドの工事が終わり、いよいよ万博への準備が整いつつあるといったところだ。

 

中国の人が自助游(個人旅行)したい日本。中国の人々は日本のどこに行きたいのか?

中国の人が自助游(個人旅行)したい日本の場所ランキング

■都道府県
1.東京都
2.京都府
3.大阪府
4.北海道
5.沖縄県
6.奈良県

■場所
1.富士山
2.東京ディズニーランド
3.明治神宮
4.お台場
5.横浜
6.神戸
7.嵐山
8.銀座
9.札幌
10.上野
11.東京タワー
12.新宿
13.渋谷
14.池袋
15.原宿
16.日光
17.祇園

中国の大学事情 優秀な大学生は有名大学に居る? それとも……

中国の大学と聞いて、日本人になじみが深いのは北京大学ではないだろうか。

しかし、中国で最高の難関大学は、実は清華大学である。この清華大学は理系が強く中国の現国家主席が卒業したことでも有名である。

さて、中国に進出をしたら、現地の人材を大いに活用する必要がある。

何を基準にすればいいのか?

日本であれば、大学を基準にするところも多い。

確かに東大を出ていれば、それなりにすごいのだろうなと考えてしまうものだが、中国で清華大学を出ていれば、本当にすごいのだろうか?

実は、中国には変わった入試制度がある。

端的にいうと、地方出身者は都市出身者にくらべてはるかに高得点をとらないと、同じ大学に入学できないというものである。

数点の差ではなくて数10点から100点に及ぶという。これは、まるで別次元の学力の差ではないだろうか?

例えば、合格ラインが北京の人なら550点だが、地方出身者なら650点が必要になるという話であった。

これを逆に考えると、都市民の有名大学の学生より、地方出身者の2流大学の学生のほうが優秀だなんてことにもなる。

学力だけが、その人の能力ではないが、有名大学出身だからといって、必ずしも学力的にも優秀というわけでもなさそうだ。

それにしても、中国の教育制度は奥が深い。日本なら即抗議がきそうなやり方だ。

未来の大手EVメーカーは中国で爆走するバイクメーカーから生まれる?

中国、上海を訪れると、その車の数に圧倒される。数日滞在すると、ここには歩行者優先という思想がないということを思い知らされるのだ。

急速に増加する車の運転は荒っぽいが、それ以上にすごい運転なのがバイクである。彼らには信号はあってないようなもので、車線側の信号が赤で横断歩道に人がいても怯むことなく突っ込んでくるのである。

さて、中国といえば、10年前までは自転車というイメージがあったが、今はそのほとんどが車とバイクに置き換わっている。

日本の戦後、ホンダがスーパーカブでその技術力を高め、そして自動車に進出して世界的なメーカーになったように、この雑多な中国製バイクメーカーから、将来世界的な自動車メーカーが誕生するのかもしれない。

今、ガソリンエンジンからモーターへの移行が、この数十年で行われていくと思われるが、このEV(電気自動車)化への流れは、自動車メーカーが培った内燃機関技術に終止符を打つもので、彼らの技術的優位性を無力化してしまうものだ。

話を中国に戻すと、実は上海で爆走するバイクのほとんどが、実は電気バイクなのである。つまり、ガソリンエンジンではなく、モーターで走り回っているのである。

中国の中小電気バイクメーカーは着々と技術をため込んでいるのだろう。もちろん、上海で一般化といってよいほど普及しているところをみると、コスト競争力、耐久性も馬鹿にできないといえるだろう。

かなり荒っぽい使い方をされているが、壊れることなく走りつづけている。その姿は、スーパーカブにも通じるものがある。

近い将来、中国の中小電気バイクメーカーが、電気自動車メーカーとして飛躍をとげる日が来るのではないだろうか。

この場合電気製品なので、家電のように、かなり価格が下がるのではないかと思われる。

内燃機関の20世紀自動車メーカーが、いずれ現状の日本電機メーカーのように苦境に陥る日は近いのではないだろうか。

中国で流行する日本語一番人気は

当サイトは日本語と中国語が併記されていますが、中国語ホームページの作成を専門とするページですから、あまり違和感をないと思います。しかし、これが食品や化粧品だったらどうでしょうか?かなりへんな感じを受ける方も多いのではないかと思います。ところが中国では、コンビニで売っている食品や化粧品などで、奇妙な日本語を良く見かけます。中国の人に聞いてみると、日本語が書いてあると多少カッコイイ感じがするとのことでした。それで、こぞってパッケージに意味不明な日本語を書きまくっているわけです。そんな中でも一番人気は「の」。中国の街のあちらこちらで見かけます。在中国流行的最具人气的日语本网站同时使用了日语和中文,但由于这是专门制作中文主页的网站,所以我认为不会有什么不协调感。可是,如果同样的情况出现在食品和化妆品上会怎样?应该有很多人都会感到很奇怪吧。然而在中国,便利店里所卖的食品和化妆品等,经常能看到写着奇怪的日语。从中国人那里得知,在中国,写着日语的物品多少会让人有种酷的感觉,大概是因为这个原因,才一个劲地在商品的包装上写着莫名奇妙的日语吧。其中人气最高的字是“の”,在中国的街道随处可见。

中国人が行ってみたいと思う日本の都道府県と言えば、東京、京都?

高度経済成長が続く中国。
中国富裕層が求める海外旅行とは何か? 中国人は個人主義と言われているとおり、団体行動が嫌い。しかし、今までの日本旅行はビザの関係上自由に行動ができないなど不満が多い形でしか実現できていなかったようだ。
そのような中国人の不満を踏まえ、ついに一部分とはいえ7月1日に個人観光ビザが解禁された。とはいっても即座にパック旅行から自由旅行に切り替わるわけでもないだろう。

しかし、中国人の気質からいって今後ますます自由旅行が増えてゆくものと考えられ、これに対応して個々の旅館やレストランはこのチャンスをつかむために自らを中国人にアピールしてゆく必要があると思われる。

さて、中国人が行ってみたい都道府県だが、北海道という声が多い。何でも映画やテレビで北海道が取り上げられているからのようだ。

说到中国人想去的日本的都道府县,应该是东京、京都?

持续经济高速发展的中国。
中国富裕阶层要求的海外旅行是什么?正如个人主义所说,中国人不喜欢团体活动。但是,至今日本旅行由于签证的关系无法自由行动,这种形式让很多人感到不满,但似乎现实也别无他法。
基于这些中国人的不满,终于在7月1日,一部分个人旅游签证得到了发放。但也就是说,并不会立即从旅游团的旅行转变为自助游吧。

 但是,从中国人的气质来说今后自助游会逐渐增加,与之对应,我想各旅馆、餐厅为了抓住这个机会需要吸引中国人。

关于中国人想去观光的都道府县,想去北海道的人居多,似乎都是通过电影、电视中了解到北海道的。