Googleの検索アルゴリズムを公開せよと。ニューヨークタイムスが

NYTは米国時間7月14日付の社説の中で、「インターネットの経済においてGoogleのアルゴリズムが持つ潜在的な影響力は非常に大きい。したがって、Googleの微調整に影響を及ぼす編集方針が検索結果の品質向上だけを目的としており、ほかの同社事業の支援を目的としていないことを確認する方法を模索するのは、意義のあることだ」との見解を示した。
http://japan.cnet.com/svc/nlt2?id=20416948

Googleの検索順位アルゴリズムを公開せよという社説です。
中国でもSEOは一般的ですが、百度の場合、リスティング広告のような部分だけではなく、検索結果の上位部分を販売しているので、お金さえ払えれば、誰でも確実に1位になれます。つまり、そういうアルゴリズムなわけです。中国ユーザーの間では広告ばかりだと、あまり評判はよろしくないですが。

一方、Googleはアルゴリズムを公開していないので、どういう理屈で検索結果の上位となるのかが不明なわけです。

Googleはオープン等の言葉をよく使うとこの社説には書かれています。しかし、順位付けそのものが事実上の検閲にあたるのではという疑念があるから、こういった記事が出てくるのでしょう。(見せたくないものは順位を落とせばよい)

結局のところ、この前の中国とのことも、似た者同士がやりあっているだけで、Googleさんあんたそんなに白いのかと、この記事はそう言っているのかもしれません。

事実上、検索エンジンの順位によってサイトの価値が決まってしまうのだから、ニューヨークタイムスのようなニュース会社も必死なのは理解できますが、もっと根本的な話として、サイトを作ったらサーチエンジンの1位を目指すという構図そのものが間違っているのではないかと、筆者はそう思います。

アルゴリズムを公開しようが、1位になれるサイトは1つということに変わりはなく、「なぜあのヘボサイトが自分のサイトより上位なんだ!」という不満を駆逐することはできないわけです。
実際、人間の情報活動がサイトの順位に制約されるなんて馬鹿な話です。
ある程度の順位付けをした後、殆ど変わらない点数のものはユーザーに同列に提示した上でユーザー自身に選択を委ねるというのが、Google等の機械ボットの分で、ネットの神のごとくふるまって全てに順位付けするのがそもそもおかしいといえるでしょう。

筆者は、ブラウザやページのインターフェイスが悪いからユーザー側が上位しか見ないと考えます。筆者の研究によれば、この部分はいくらでも改善できるはずで、プロトタイプとなるブラウザプログラムも作成しました。

しかし、この使い勝手の悪いインターフェイスは、それ自身が検索エンジン会社の収益の源(検索エンジンの広告はお金を払って上位に出すこと)なので、改善されることなく今日も使われ続けているということになってしまっています。

 

iCar登場? 中国電動バイクメーカーが電気自動車(EV)業界を握るこれだけの理由

日産が電気自動車を発売したことで話題になっている。

電気自動車には複雑なエンジンは不要になり、車の部品点数がまだ普及前の段階だというのに1/3になるという。

ある意味簡単なので、日本の町工場のようなところがこれを作っていると報道されていた。

確か、日産車の価格は300万円くらいであったが、量産が進めば大幅に下がってくるのではないだろうか?

ブラウン管が液晶になったように、10年後にはガソリン車が普通に無くなっているかもしれない。

さて、現在の車も電子化されているが、機械的なエンジンがメインを占めているので、その制御を行うには機械系の知識が必要になってくる。

この知識こそが、現代の日本を支える競争力の源泉となる部分であろう。

しかし、EVであれば、そんなものはもういらない。

どこかの天才プログラマーがモーターの制御プログラムを書いてそれをチップにする。

あとは部品の寄せ集めで簡単にEV自動車が作成できる。そんな時代が近付いているのかもしれない。

なにせ、今でもなんとか町工場で作れるのだ。例えばソーラーカーダン吉とか。

付加価値を生みそうな電子制御の部分が単純化されたら、そのインパクトは計り知れない。

現在のトヨタとかホンダは、パナソニックやソニーが置かれている状態と全く同じ苦境に陥るのかもしれない。

液晶テレビのように安値メーカーとの価格競争に陥り、決して儲からない泥沼にはまり込む未来だ。

誰でも作れるなら、それはトヨタやホンダやGMでなくても構わないという、格安液晶テレビを買う消費者の理屈が適応されてしまうと、あとは価格が落ちるところまで落ちてゆくだけ。

近頃、ソニー、パナソニックがサムスンに負けた的な記事が経済紙を賑わせているが、今後5年~10年後、トヨタ、ホンダが中国のEVメーカーに価格競争で負けたとか、そんな記事が掲載されるのではないだろうか?

一方で、高付加価値なiCar的なものがアップルから発売されるかもしれない。

GoogleもEVのベンチャーに投資しているので、GCarも有りうる。

自動車の躯体そのものより、その中で動くソフトウェアが最も重要になってくるわけだ。

もちろん、作るのはiPhoneと同じく中国だ。

PCの時に台湾メーカーが興隆したように、EVの時には、躯体作りの部分は中国のメーカーが圧倒的な飛躍を遂げるのかもしれない。

中国は決してゼロからのスタートではない。

電動バイクで圧倒的な実績を積み上げているのは以前書いたとおりである。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=16

さらに、世界最大の巨大な市場がそこにはある。

25万円とかそんな値段の車が普通に登場してくるのかもしいない。

その泥沼の価格競争に、日本の自動車メーカーが打ち勝つのは難しいだろう。

かつて圧倒的だった電機業界が、価格競争に曝されて、あっという間に赤字になったのが良い例だ。

「団塊世代からの技術伝承をしっかりとやる。そして物作り大国を目指す」

中国人より給料が10倍高い日本人がこんなことやっていていいんですかね。

団塊世代の技術を伝承するより、世界に通用するソフトウェアを作る算段でもしたほうがよほど将来性がありそうだ。

iPhoneのハードは余裕で作れるのに、ソフトは全く作れなっかったのが日本の電機メーカーなのだから、自動車でその二の舞は避けてほしいところだ。

 

中国電動バイクメーカー10傑

1.江苏新日电动车股份有限公司
http://www.xinri.com/index/index.aspx

2.绿源电动车有限公司
http://www.luyuan-ebike.com/

3.美林娜(天津)自行车有限公司
http://tjpujiaqi.cn.alibaba.com/

4.捷安特(中国)有限公司
http://www2.giant-bicycles.com/zh-EV/

5.江苏雅迪科技发展有限公司
http://www.yadea.com.cn/

6.深圳中华自行车(集团)股份有限公司
http://www.emmelle.cn/

7.常州洪都电动车有限公司
http://www.hongducz.com/

8.重庆建设•雅马哈摩托车有限公司(ヤマハ)
http://www.jym.com.cn/Simplified/Main.asp

9.天津泰丰小鸟电动车业有限公司
http://www.tfbird.com/html/main/main.php

10.天津富士达自行车有限公司
http://www.battle-fsd.com/