【LINE傍受報道】チャットアプリは情報機関の草刈り場? 暗号で防げる?

様々なスマホ用のチャットアプリが巷に溢れています。
中国なら微信とか、日本でもスタンプ交換とかいって、LINEが流行っていますね。
これらのアプリの多くは、暗号化されているので安全だと言われています。

しかし、プリズム暴露で有名になった元CIAスノーデン氏の話が本当であれば、いくつかのチャットソフトは暗号化されているにも関わらず、その情報が情報機関に漏れているようです。
なぜ暗号化しているのに、情報が漏えいするのでしょうか?

アプリが自動付与する暗号の鍵がどのように管理されているか、ユーザーには把握できません。
筆者も、自分のチャットアプリの暗号鍵(秘密鍵)を見たことが有りませんし、どこにあるのかもわかりません。
そして、自分で管理していない以上、自分以外の見知らぬ管理者が鍵を第三者に提供したとしても、ユーザーには全くわからないわけです。
このように、暗号化をしていることと鍵の管理は別問題ですから、「暗号化しているから安全」とは必ずしも言えないわけです。
例えるなら、鍵がなければ絶対開かない強固な金庫にお宝を隠していたとしても、管理が杜撰で鍵を盗られてしまえばお宝も盗まれてしまうのと同じ理屈です。

さて、今回、LINEアプリについて韓国の情報機関がその情報を取得しているという報道がされました。
報道したのは、オリンパス事件で有名なFACTAというところですね。何か確証があるのでしょうか?
http://facta.co.jp/article/201407039.html
http://facta.co.jp/blog/archives/20140619001250.html

それに対して、アプリ会社側の反論ですが、
http://moriaki.blog.jp/archives/1988243.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news133.html
暗号化しているから安全と書いてありますが、どうも反論としては話がかみ合っていない感じがします。

ここまで書いた通り、通信の暗号強度が世界最高水準であることと、鍵の管理が問題なくできているかは、関係が無いわけです。
また、管理といっても、社内的な管理問題に矮小化できるものでもないはずですが、話としては国家機関からの要請があっても”断れるかどうか”という単純な話にすぎません。
それを、一企業が拒否できるか、所属する一社員に拒否できるのか、外注会社が拒否できるのか、或いは仕様を知るその他関係者が拒否できるのか、どうでしょうか?
要請といっても、正式なものからそうでないものまで、いろいろなやり方が考えられるわけです。
このように、暗号とは何の関係もない泥臭い話になってくるわけで、今回の報道に至ったということは、このあたりの事情についてFACTAは何か掴んでいるのでしょうか?
FACTAは技術メディアではないので技術やら暗号に興味はないでしょうし、もし何かあるなら、こちら側から切り込んでくるのではないかと思います。
筆者がなんかかみ合っていないと感じるのはこの点です。

とはいっても、ユーザー側からすると、安全なようで実はダダモレかもしれないけど面倒だから気にせずそのまま使うという、程度の話ですが。
そんなことをいちいち気にしていても仕方がありませんし、スノーデンの暴露後も、筆者は普通にG社やらF社を使ってます。
どうせ大したことしていないし、気にしたり対処したりするのが面倒だからです。恐らく大多数の人がそうで、チャットアプリでもその例に漏れないと思います。
このように、利便性の観点から皆が構わず利用するので、この手の機関にとってチャットアプリが今後非常に重要な情報源になってくるってことだけはわかります。何しろ母数が大きいので、重要な情報も稀に流れているでしょうから。

米国はアプリケーションレベルより上層のOSを握っているから、どうという事は無いのでしょうが、その他の国々にとっては多数の人々に同じソフトインストールさせるチャンスです。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303350404579635043054829868
現在、東南アジアでこれらのチャットアプリが激烈なシェア拡大競争をしているようです。

海上での衝突なども伝えられる地域ですので、各国の機関にとっても、どの国のチャットアプリがこの地域でシェアを獲得するかは気になるところなのかもしれません。
また、良くできた自国製のアプリがあるので、他国製のアプリが中国で流行らないのも当然かと思います。

他国が戦略的に企業を育てる中で、日本には有望なチャットアプリがありませんので、ひたすら情報を取られる側といういつものパターンになってしまっているわけですが。
なにやらかわいい絵文字がでるソフトが、いかにも兵器っぽい新型の空母や戦車よりも、はるかに強力な戦略兵器として応用できるというのは電子戦時代ならではなのでしょう。

前出の記事については、続報が待たれるところで、スノーデンの時みたいに、より具体的な根拠が示されるかが焦点になると思います。
逆に続報がなければただの憶測ということになりますが、どうなんでしょうか。

Windowsタブレット購入。その使い勝手、感想などをレビューします【マイクロソフトタブレット】

iPadともAndroid PadともちがうWindows Padという第3の選択肢。

今回購入してみたのですが、その使い勝手はまだまだタブレットとしては未完成といった感じです。
一番驚いたのは、WindowsPCにUSB接続しても、ファイル交換できないといった点で、MSの設計思想が理解できませんでした。
すでに、謎レベルといっていいでしょう。

AtomCPUでも意外と高速だというのは、いい点ですが、これはIntelが良かっただけで、MS関係なしです。

「Galaxy S5」発表も特に目新しさなし。興味も無し。組立工場が作った普通の携帯に見える

中国製携帯の品質も大幅にアップしているなか、サムスンがどんな携帯を投入してきたのか?

GalaxyS5のスペック:
ディスプレイの解像度は1920 x 1080で、筆者も所有する旧型のGalaxyS4や、OPPOや小米など多くの中華携帯と同じです。
CPUは2.5GHzのSnapdragon 800クアッドコアプロセッサーで2GBのRAMを搭載しています。
背面カメラは1600万画素。
動画はUHD(4K)で撮影可能で、指紋スキャナや心拍計も内蔵しているとのことです。
電池は2800mAh。重量145g。

このような極めて普通のスマホをサムスン最高級機のGalaxyS5として発表せざる得なかったのは、Androidスマホの技術があまりにも一般化していて、サムスンと言えども、もはやただの組み立て工場に過ぎないということを世界に曝してしまっているという状況なのでしょう。

つまり、外見が違うだけで中身は皆同じなので、韓国ギャラクシーと中華携帯の小米とかOPPOとか魅族などとの本質的な差はほとんどなく、どれを購入しても同じだという事実です。
何れ、同じモノなら、安いモノでいいということになるのでしょう。

今までの10倍持つバッテリーとかを搭載しない限りは、サムスン携帯部門と言えどもGoogleの為に赤字垂れ流しをする部門に落ち込むのは時間の問題です。

日本のメーカーもテレビはテレビ局の為に赤字を垂れ流し、PCはマイクロソフトの為に赤字を垂れ流しをしていましたが、組立工場のままで自らがテレビ局やマイクロソフトになろうという野望を持たなかったが故に駆逐されました。
Googleやアップルは自らがそれになろうとしたところが、運命の分かれ目だったのではないでしょうか。

この程度の普通の携帯を最高級機として発表してしまうサムスンもただの組立工場ですので、その行く先は厳しいものがあるのではないかと思います。

小米携帯みて、携帯はもうこれでいいや的な感想

ノートパソコンといえば最初の頃はすごく高額商品で、凄い商品だ! という感覚があったものでした。
しかし、今となっては、どのメーカの製品を購入してもそこそこ動くので、普通に使う分には「もうどれでもいいや」という状況です。

同じ価格帯の製品でも時間とともに徐々に性能が向上していくし、必要な機能がその向上範囲にすっぽり収まってしまうなら、次も同じぐらいのものを買えばいいし、
価格に比べて性能が大幅に向上していれば、次はもっと安い製品でも間に合う。
ノートパソコンで今以上に金をかけてもやりたいことがない今、性能の向上にしたがって価格が下がるのも当然ということになります。

そして、携帯電話もいよいよそんな時代に突入しつつあるのだと思います。
もう、別にアップルじゃなくてもいいし、サムスンでなくてもいい。
確かに最初のころのiPhoneはガラケーに比べて先進的だったので高くても買う価値があったし、
サムスンの携帯もスピードが速く良かったのでしょう。

しかし今では、動画、ネット、写真、ゲームと普通にこなせるし、どれでも電池以外はあまり不満はない。
少し前に、サムスンの携帯がベンチマークに最適化されていたという問題が話題となっていた。
もし、人間にはわからないからいいだろうという事で偽装したとしたら、その性能には一体何の意味があるんですかという話になってくる。

人間がよくわからないと言えば、フルHDディスプレイを携帯に搭載しても利用者には違いが判りません。
実は、中国の携帯ブランド小米携帯にもフルHDディスプレイタイプがあります。これが1999元~2499元で売られていたりします。
1.5GHzの4コアでHDディスプレイじゃないものは、799元です。

アップル、サムスンを初め世界中のあらゆる携帯が流入しているこの中国で、品質と価格の絶妙なバランスで支持者を増やす小米の価格はこんな感じです。
この小米携帯を誰が使ってもさほど不満は出ないレベルだと思いますので、
今後の携帯の価格って、ハイスペック版:2000元=32,000円、一般版:800元=13,000円ぐらいが基準になるのではないでしょうか。
この価格の携帯でも、代替わりするごとに性能は上がってゆくので、今後はノートパソコンと同じような状況に陥るものと思われます。

今どんなに成功していても、ハードだけのメーカは今後ますます厳しくなるものと思われます。
逆に、もともと存在感のない日本勢への打撃は意外と小さいのかもしれませんね。

土豪=成金 中国の流行ワード。金色のiPhone5sが大人気

中国では金色iPhone5sが大人気だという。

金色+最新型+アップルブランドと中国人の物欲を刺激する要素満載で、通常6000元のところ品不足で1万元の値がついているという。

しかし、口の悪いインテリ層は、あれは土豪携帯だと陰口をたたいている。

土豪というのは、中国で最近流行の言葉で成金という意味。今年9月9日の「Weiboにおける友達になろうイベント」が発祥だという。 


「成金さん、お友達になろうよ。 放せ!」という画像

その言葉がiPhone5sゴールドの発売により一気にブレイクし、あんな金色のiPhone5sを買う奴は土豪に違いないということになり、金色iPhone5sには「土豪金」の称号が送られている。

土豪金iPhoneの利点は、以前はこの色がなかったので、誰にでも最新型であることをアピールできること。

まさに、面子と見栄を最大限に考慮する土豪のツボにはまった、妙なヒット商品というわけである。

インテリに陰口をたたかれても気にしないのも土豪のすごいところで、そんなの気にしていたら中国では金持ちにはなれないのだろう。売れ行きが衰えるようすはないようだ。

Android版 GoogleMapアプリの改悪

GooglePlayでのGoogleMapアプリの評価が星一つばかりになっています。
これほど酷評されている理由は、以前のバージョンで使えたマイマップ(マイプレイス)などの機能が使えなくなってしまった為です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.maps&hl=ja

マイマップは自分で複数の位置情報を登録しておけるもので、旅行などではかなり便利な機能だと思うのですが、これが何の前触れもなくいきなり使えない状態になったので、使っている人にとっては衝撃です。
旅行に限らず、仕事で営業先などを登録したものが、前触れもなく使えなくなったので非常に困ったというレビューが、GooglePlayには数多く書かれていました。

GoogleReaderが削除されたという前例がありますし、マイマップを実装しないでリリースをしたということは、この機能をあまり重要視していないということで、いつ無くなっても不思議ではないのかもしれません。
Googleのブログをみると復活すると書いてあるのですが、既に一月以上過ぎている現在でも利用できないようです。

これは、クラウドの使い勝手の悪さを感じる出来事ではないでしょうか。
クラウドサービス自体が提供企業の気まぐれによって無くなると使えなくなってしまうのは、やはり問題で沢山登録した情報が水の泡です。

クラウドドライブに保存しているファイルとかを簡単にローカルに保存できるようにするクラウドバックアップソフトが必要な時代かもしれません。
が、独自形式のファイルも多いだろうし、そもそもそのサービスがあってのデータというものも多いだろうから、抜本的な対策はなかなか難しい状況ですね。

このクラウドの理不尽さ。できることはといえばアプリの評価を1にすることのみという。
それにしても本当にGoogleMapアプリの評価は「1」が多いな。
突然消えるこんなものより、紙の地図に鉛筆でしるし付けた方がマシですから。当然でしょう。

Galaxy s4が何故かトロくさい理由が発覚! それはベンチマーク・ダケ

以前に自腹購入したGalaxy s4が、ベンチマークの割にはなんか遅いという記事を書いたのだが、それはあくまで筆者の主観的なもので客観的なエビデンスはありませんでした。
単に中華製携帯「OPPO Find5」より、なんか遅いなという程度のことだったのです。
しかし、この携帯電話、Galaxy s4が実はベンチマークアプリだけに最適化されていたとしたらどうでしょうか?

つまり、ベンチマークアプリの時にだけ最大クロックモードで動作するが、一般のアプリの時にはクロック数の低い一般モードでしか動かない。
Galaxy s4が高速なのはベンチマークの時だけという、ドコモ・ダケもビックリのベンチ・ダケです。
普通に使っていても結構熱くなる携帯なので、最大クロックで動作していると問題が発生するのでしょうけど、それにしても姑息な手段としか言いようがありません。

すでに、Galaxy s4のソースコードを解析した人によれば、コードにはベンチマークアプリの名前が組み込まれて、それを基に特定のアプリが起動したときのみクロックが高くなることが判明しています。
ベンチをみてこれにした筆者も完全に騙されていたようです。

企業でいえば粉飾決算、オリンピックで言えばドーピング、ゲームで言えばチート……
Galaxy s4は「何故」かトロくさいのではなく、ちゃんと理由があってトロくさかったのです。

今後発売されるGalaxyシリーズがベンチマークで良い値を叩きだしたとしても、もはや誰も信じるものは居ないのではないかと思います。
もちろん筆者も騙されたクチですから、信じません。

■元ネタ
http://www.anandtech.com/show/7187/looking-at-cpugpu-benchmark-optimizations-galaxy-s-4

■サムスンの言い分
http://global.samsungtomorrow.com/?p=26314

■過去記事:何故かトロくさい「GALAXY S4」 自腹購入後、一週間使ってみてわかったこと
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=978

中国移動 2014年中にはVoLTEの商用サービスを展開

6月26日から6月28日まで上海で開催された2013年アジアモバイル通信博覧会(Mobile Asia Expo 2013)にて、
チャイナ・モバイル(中国移動)のCEO李跃が「音声サービスはモバイル通信では重要な役割を果たしている。今後のLTEネットワークにおいても音声サービスは依然として最も重要な事業の一つであり、徐々に他の事業と融合し、より良い体験をユーザーに提供する」と述べた。
チャイナ・モバイルの目標は、2014年には全ネットワークでVoLTEの商用展開を完了することである。

チャイナ・モバイルは今年3-4四半期に大規模なVoLTEサービス試験を行い、2014年の第四四半期にはネットワーク全体でVoLTEの商用サービスを提供すると李跃が表明した。

VoLTE事業について、李越は以下のことを述べた。

1、LTEがインターネット通信のみだけであれば、果たす役割はごく限られる。音声の問題を解決しないと、IPの役割を本当に果たすことができない。

2、私たちは北米と韓国のキャリアのVoLTEでの経験を学び、チャイナ・モバイルのVoLTEの発展を推進している。

3、なぜVoLTEに移行する必要があるかといえば、CSに比べると、VoLTEは多くの利点があるからだ。
先ず、VoLTEは低コストであること、さらに回線数を増加させることができること、最後に高品質の音声通話を提供できること。

なお、この博覧会において、チャイナ・モバイルはVoLTE商用展開計画と技術白書を発表している。

日本でも定額通話とか、いろいろと話題が出ているVoLTE。
中国移動の社長が言うように韓国ではすでに提供されているようで、筆者の韓国版GalaxyS4にもVoLTEの項目があります。中国では動作しませんが。

さて、筆者はすでにVoLTEをやっているとも言えなくもない状態です。
ネットしか出来ないLTE上で、LINEやスカイプ、微信でもやればそれで、VoLTEじゃなのかと。"Voice over LTE"ですから。

つまり、電話会社のいうVoLTEは、現電話番号が使えるってことと通話品質が保証されていること、この2点が重要だけで、
あとは別に今でもできているわけで。
電話番号についても、番号が変わってもいいならいろいろと方法があるので、残るは通話品質をのみかもしれない。
そして、最後の頼みの通話品質も通信速度が向上すればどうにでもなるので、結局のところ、VoLTEなくてもいいよというオチになるかもしれない。

私はこれで十分です。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=983

月980円でモバイルネット使いたい放題。さらに基本料ゼロで通話も可能な方法

国内の携帯料金。
定額ネット接続料などを含めると、例え、通話やネットを全くしなくても毎月5000円くらい課金されてしまいます。

実際、筆者のように、中国とか海外に居る時が多いと、全く使ってないのに高いよ! となるわけです。
そうは言っても、国内に居る時は携帯もモバイルネットも必需品なので中々契約を切れませんでした。
今回は、携帯電話でのネット定額+通話(従量制)という、毎月5000円の環境とほぼ同じものを、基本料等込み月980円で構築してみようという試みです。

まず、スマートフォンじゃないとこの試みはムリです。
しかも、Simフリーのスマホが必要になりますが、ドコモの携帯ならロックがかかっていても可能だと思います。
また、ある程度の性能を持つスマホが好ましいですが、現在販売されているモデルなら問題はないでしょう。

そうしたら、まず、Amazonに行き、「NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 SIMパッケージ」を購入します。
http://www.amazon.co.jp/NTT%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%A8%99%E6%BA%96SIM%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8-T0003349/dp/B00C4Q2IXK/
このsimは一日30MBまではLTE/3Gで通信可能で、それを超えると200kbpsに制限されますが通信が途切れることはありません。
もちろん、翌日(0時以降)になればまた、30MBのLTE/3G通信が利用可能です。
つまり、月が30日だとして、最大900MBのLTE通信が可能となるわけです。
購入したら、説明に従って設定をしてください。

http://www.ocn.ne.jp/mobile/entry-d-lte980/setup/
接続方式(PDP-TYPE) IP接続
接続先(APN)
LTE端末用:lte-d.ocn.ne.jp
3G端末用:3g-d-2.ocn.ne.jp
※:ご利用端末の規格にあわせてどちらか一方の接続先名(APN)を設定してください。
認証ID お申し込み手続き完了後に表示される「認証ID」を入力
パスワード お申し込み手続き完了後に表示される「パスワード」を入力
認証方式 CHAP(推奨)/PAP

一日30Mで大丈夫かと思うかもしれませんが、意外と使わないものだし、なるべく重いファイルは無線LANを使うようにすれば問題は少ないと思います。
もちろん、動画等を大量に見る方には向きませんので、そういう方は黙って5000/月を払いましょう。

このSIMはデータ通信専用なので、電話番号はあるものの全く通話はできません。
しかし、電話の発信と着信もできないと携帯電話としては困りものです。スカイプやLINE等を使う方法もありますが普通の電話のほうがいろいろと使い勝手がいいわけです。

そこで、以下の「スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス」というサービスに加入します。
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/
このIP電話サービスを利用すれば、基本料無料で050番号を保有できるので着信を受けることが出来ます。電話番号が無ければ着信を受けることができませんから。
もちろん、こちらから発信も可能で、着信履歴や、相手の着信履歴にもこちらの番号を表示することができます。通常の電話と同じ。
※通話料金は従量制です。

IP電話サービスに加入したら、以下の「CSipSimple」をスマホにインストールします。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.csipsimple&hl=ja
これはIP電話を利用するためのアプリです。このアプリに「FUSION IP-Phone SMART」にて発行されたIDやパスワード、サーバ等を設定すれば通話が可能になります。

https://code.google.com/p/csipsimple/
アカウントを追加>Basicを選択
FUSION IP-Phone SMART MYページのユーザーアカウント情報を見て設定する。
https://smart.fusioncom.co.jp/sfkr/mypage/
ユーザ SIPアカウント
サーバ ドメイン
パスワード SIPアカウントパスワード

これで、月980円にて、ネット使い放題。電話も可能な環境ができました。
使ってないのに、月5000円も取るんじゃねえ! という悩みが、遂に解決したのです。

ちなみに、基本料ゼロのデータ通信SIMというサービスもあるのですが、従量制のためすぐに最大の課金金額である4000円弱に到達してしまいます。
したがって、月980円SIMのほうが有利だと判断をしました。

別に海外組じゃなくても国内組もこれでいいじゃないかと言う話は、電話会社にはナイショです。モバイル通信を本当にどれだけ使っているのかを見直してみるのも良いと思います。

中国でLINEが唯一普及している場所

微信のユーザーが4億超え。しかし、日本から類似ソフトのLINE(中国名:連我)が中国市場にも参入。その挑戦を受ける形となっている。
そして中国においてLINE側に協力するのが、3Q大戦でのテンセントの宿敵、奇虎360。
微信vsLINEの激しい戦いが始まる!

と書くと、かなりLINEが中国でも善戦しているような感じですが、そんな事は全くなく、周りの中国人も微信一色。
そもそもLINEの存在すら知らない人が大多数です。

しかし、中国は広い。
中国でも、そこに居る誰もがLINEを使っている場所があったのです。
もちろん、平行して微信も使っているのですが、LINEのほうがより商売上の目的を達成しやすいということなのでしょうか。

最近は海外定額パケットプランのおかげで、中国でも日本と同じようスマホが利用できるようになり、駐在員だけではなく出張者もモバイルネット環境を駆使することが可能となってきました。

その出張者のLINEを狙ってか、KTVの女の子のスマホにはLINEがほぼ100%インストールされているようです。
お客の出張者が日本に居ても会話できるということで、ロイヤリティ向上には欠かせないツールとして重宝されているみたいでした。

皆が皆、LINEを取り出したので、驚きました。彼女達にとっては本当にお役立ちツールなんでしょうね。

残念ながら?、筆者のスマホは常にOSのROMを書き換えまくりその都度アプリが消失しますので、LINEも微信もQQも、もう無かったんですね。