偽物だけど本物。中国山寨アンドロイド携帯のレベルは高い。simフリー

タオバオで850元(12000円)くらいで販売されているアンドロイドフォン。注文後3日で到着した。

メモリーが足りないのか多少動きがもっさりとしているものの、普通にアンドロイドが動いている。


左:山寨アンドロイド 右:G1

タッチパネルの使い勝手も悪くなく、以前購入したG1とさほどの違いは無い感じである。無線LAN、カメラ等は装備されているがGPSが装備されていないのが残念な点だ。

ネットに繋がっていれば普通にGmailを受信できるし、GoogleMapもOK、アンドロイドフォンというのは間違いがない。しかし、htcというのはいただけない。せっかくの本物のアンドロイド携帯がhtcの偽物になってしまっている。

このレベルなら普通に作っても売れると思うが、わざわざ偽物にするのが中国では通なのであろうか。htcのマネじゃないこの携帯がほしいものだが。

それにしても、このレベルのものが12,000円とは中国の物作り能力の高さを伺わせる。ソニエリのXperiaと同じアンドロイド1.6搭載だ。ドンくさい日本企業がアンドロイド携帯作れないのに、なんで名も知れぬシンセンの山寨企業が作ってんだよ。

このスピード感は末恐ろしいな。

取りあえず、これはGSMしか利用できないので日本で利用することは不可能だが、3G対応のものも売っていたので、そちらなら日本でも利用できるかもしれない。

いま、MSを時価総額で抜きiPhoneやらiPadで絶頂期を迎えているアップルであるが、中国山寨メーカが超格安アンドロイド携帯を作り始めたので、その栄華に終止符が打たれる日が近付いているのかもしれない。

栄華の跡には衰退がまっている。

やはり、PCと同じようにiPhoneは格安アンドロイドにとって代わられ、iPadもaPadで十分だという時代がもうそこまで来ているのかもしれない。

ガラパゴスの日本携帯市場も、この波をかぶって、PC98のように種の絶滅に立たされるのではないだろうか。

アンドロイドマーケットでダウンロードしたゲームも普通に動作する


ハードウェアキーボードがないので、薄くて軽くて小さい。ケースの作りも悪くない。

この携帯については、さらに使いこんでみてから、追って報告する。

 

■関連記事
Googleアンドロイド携帯が12,000円なり。タオバオでちょっと買ってみました。
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=177

携帯電話simロック解除先進国中国の現状。アンドロイドで山寨メーカーも真正品を
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=75

山寨メーカ製のアンドロイド携帯が、遅れている中国農村のインターネットを発展させる日
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=102
 

Googleアンドロイド携帯が12,000円なり。タオバオでちょっと買ってみました。

aPadで話題の中国ですが、12,000円でアンドロイドスマートフォンも売ってます。

筆者はつねづねiPhoneに将来はなく、当然iPadも無用だと考えていて、今回のiPad騒動もマスコミに踊らされて、あんなものをわざわざ買うなんて! と遠目でみている人です。

決して、高くてiPhoneやiPadが買えないわけではないのです。キリッ! 本当です!

で、筆者の前に現れたのが、

なんと12,000円ポッキシのアンドロイド携帯

DSより安いんですが。。それ本当に携帯なんですか? それ本当に。。アンドロイドなんですか? アンドロイドっていう名前だけパクッた独自OSだったり。。疑問が次々に現れては消え、これはもう、実物を手に入れてみるしかない! という結論に。

ちょうど世界初のアンドロイドG1が手元にあるので、どれだけ違うのか見てやろうと思って思わずタオバオのボタンを押してしまいました。

店の資料によると、

RAM/ROM: 128M/256M OS:谷歌Android 1.6版  WIFI高速上网とのことで、無線LANもついているようです。エクスペリアが1.6だからバージョンは一応同じか。。RAMは少ないけどさ。。

液晶は480の320で、カメラ付き。GPSもあると書かれているが本当かは不明。それにもまして、本当にアンドロイドか否かも不明。

こういうガラクタが好きなので、しょうがない人だなーと言われそうです。

■関連記事
携帯電話simロック解除先進国中国の現状。アンドロイドで山寨メーカーも真正品を
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=75

山寨メーカ製のアンドロイド携帯が、遅れている中国農村のインターネットを発展させる日
https://chinese-homepage.com/modules/d3blog/details.php?bid=102

日本ではiPadが流行っているみたいですが、中国にはaPadがある

iPadはもう古い。これからの時代は、「aPad」だ。

「a」はもちろんアンドロイドのa! これこそ、最高にクールなブツかもしれないよ。

中国で1万円くらいで売られているアンドロイド駆動の小型端末だが。意外と出来が良いので話題になっている。

http://item.taobao.com/item.htm?id=5532414418

将来、iPadは駆逐されて、こいつらの時代になってんだろうなあ。。普通に。

昔のDOSVみたいに、いつの間にか作ったIBMが居なくなって中国台湾メーカだらけになっているとかそんな感じ。