マイナンバーはGoogleに比べて原始時代のよう

スケジュールは把握され、どの場所へ行ったか全て尾行監視され、すべてのメールを読まれ、撮影した写真も分析され管理される。
どのサイトを見たかはほぼすべて把握され、検索した言葉は当然知られている。

それらすべてのデータは、ディープラーニングにかけられ、私の特徴が計算機に認識されてゆく。
計算機はその特徴に従って、あの手この手で広告を出してくる。

しかし、別に強要されたわけじゃなく、便利だからこれを使っているだけだ。
ユーザーは、全てをさらけ出す代わりに、この便利さを手に入れた。
筆者の場合、ディープラーニングによって作られた「自分」モデルがどの程度「自分」なのか興味のあるところだから、なるべくGoogleにはいろいろな情報(ノイズを含め)を突っ込んで遊んでいる。最近、マイナンバーカードを一元化されたポイントカードにするという話が出てきた。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6186548

個人の行動を一元的に把握しようとしている点で、考え方はGoogleと同じものだ。
クレジットカードや銀行の情報を押さえるという目的に対して、ポイントカードという手段を使い利便性に訴えるのも、これもまたGoogleと同じだ。

しかし、その手段と目的の繋がりが誰にでも簡単に理解できる点がGoogleとは大きく違う。
このプランは、目的が直感的に理解できるので、反射的に反対を呼ぶことになるだろう。

一方、Googleはどうか?
例えば、去年、Googleは容量無制限の無料の写真保存サイトを始めた。
つまり、Googleは、ハードディスクのコストよりも、さまざまな写真画像や動画に価値があると判断しているわけだ。人工知能を作るには莫大な量のデータが必要だから。

無料サービスで集まったデータによって、GoogleのAIは深層学習でどんどん鍛え上げられていくわけである。
これを使って何をするかというところだけど、一例を挙げれば、すでに誰と誰が繋がっているか、かなりの精度でGoogleは把握している状況にあると思う。
写真を無料で保存してくれるサービスという手段から、誰と誰が繋がっているかを機械学習で判定して、高精度のソシオグラムを構築し、広告等に活用しているという目的に直感的には繋がりにくい。
だから、なんかGoogleは使ってしまう。

つまり、手段から目的が直感的にわかるマイナンバー・システムは、Googleと同じことをやろうとしているのに、妙に原始的だと思ってしまうのだ。

ちなみに、今回の報道。コメントを見ていると、ポイントカードが一元化されると聞いて、ポイント自体も一元化されると、直感的に考える人が多いようだ。「囲い込みができなくなる」などの書き込みからも明らかだ。

しかし、それは間違っていて、マイナンバーカードという一枚に対して、現状存在する複数のポイントサービスがそれぞれポイントを付与するだけだと、少し考えれば理解できる。しかし直感ではわかりにくいのだろう。
いやいや、この部分は目的とは逆に、直感で理解できるようにしないと。
なんか大失敗の予感がすでに漂っている。

ユーザーに訴えかけるコンセプトやインターフェイスの部分は直感的で解りやすく、目的が分かりにくいGoogleはすごいということで。

Googleからすれば、マイナンバー? そんな旧式の個人追跡システムをまだつかってんの? しかも巨額の投資をして。。という感じではないだろうか。また貴重な人材が時代遅れなプロジェクトに。

オリンピックのエンブレム中止とGoogle

オリンピックのエンブレムが遂に使用中止に追い込まれた。
以前から、ブログや論文などサーチエンジンが使える文字情報での盗作追及は盛んだったが、いちいち人間が見て確かめる必要があった画像については、面倒なのでパクリ追及の盛り上がりは今一つだった。
あれだけ有名なデザイナーが、人の目に触れる案件で次々とネット画像を使っていたのも、画像は文字と違って出所を特定しにくいという頭が当人にあったからに違いない。

だが、今回はちがった。
画像のパクリが安全ではなくなった理由として一番大きいのは、Google画像検索の仕組みが以前と全く異なるものに変わっている点だろう。
以前のGoogle画像検索は、画像検索といっても画像そのものを認識できていたわけではなく、単に対象となる画像近くにある文字列を画像に紐付けているだけなので、当然その類似性を判別することなどできなかった。

しかし、現在のGoogleは当たり前のように画像を認識するようになっている。計算機の進歩による膨大な計算の結果、現在はそれが可能な領域に達しているわけだ。
実際にGoogle画像検索を使ってみると、画像ファイルそのものをアップして、それに似た画像を簡単に検索することができるようになっている。
つまり、誰もが一瞬で、世界中に存在する公開されたWeb上の無数の画像から、似ている画像をピックアップできる状態になっているわけである。もちろんGoogleにも限界はあるし、完全ではないだろうけど、多くの人が使えれば元ネタに当たる可能性はかなり高いわけである。
オリンピック委員会がどの程度の調査をしたのかは不明だが、今回の騒動をみると、Googleを手にしたまとまった数の一般人の群れには敵わないということになる。

恐らく、応募者と審査員を持ち回りでやって賞を仲間内で回している人々にとって、こういったテクノロジーの進化に敏感である必要は全くなかったのだろうとおもう。
そんなことをしなくてもコネで割のいい仕事がやってくるからだ。

しかし、今回はテクノロジーへの無知が致命傷となった。

オリンピックのような国家的イベントともなれば、仲間内だけというわけにもいかない。とくに当事者にコネがあることがわかれば、傍から見れば公正ではないのだから徹底的に攻撃してもいいという理屈も一部には働く。
仲間内の温室でなあなあと仲良くしていたのに、いきなり多方面から、何もかも見透かす目が向けられたら、それは確かに耐えられない限界状況でしょう。

彼らにとっては唖然、呆然といった状況ではないだろうか。

いまごろGoogleさえなければ! と当事者は歯ぎしりをしているのだろうけど。
都合の悪いものは消せという理屈で、実際にGoogleを追放している中国のような例もあることはあるけど、日本では無理なので、それを前提としてデザインをしないといけないわけで。

これからオリンピックエンブレムに再公募に応募する人は、過去の自分の作品や応募作をGoogle画像検索に入れてみるくらいはやったほうが良さそう。

でも、再募集では世間の目もあり露骨なコネ採用は難しそうなので、新進のデザイナーにはすごいチャンスかもしれませんね。

Google photosに全ての写真、動画を入れる

Google photosというクラウドサービスは、1600万画素までの写真と1920×1080pの動画が、無制限かつ無料で保存できるという。
写真やら動画が1テラ以上あったのだけど、これを全部無料で保存できるサービスは今までなかったので、早速使ってみた。

続きを読む Google photosに全ての写真、動画を入れる

Paypalの代わりに、無料に近い決済システムSPIKEを試す

日本では決済時にアカウント作成が要求されるようにPaypalが改悪されていたので、似たものがないかと思って探していたら「SPIKE」というのがあった。
月額無料の上、さらに100万/月まで決済手数料も無料だという。

続きを読む Paypalの代わりに、無料に近い決済システムSPIKEを試す

2段階認証設定 EverNoteとかの電話(SMS)認証が出来ないのは、日本キャリアのお節介のおかげ

最近は中国からのアカウント乗っ取り攻撃が激しさを増しているようです。
そこで、重要なアカウントには必ず2段階認証をかけておく方が安心でしょう。

続きを読む 2段階認証設定 EverNoteとかの電話(SMS)認証が出来ないのは、日本キャリアのお節介のおかげ